シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
福福荘の福ちゃん
(C) 2014『福福荘の福ちゃん』製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年11月8日
(新宿ピカデリーほか)
配給:
ファントム・フィルム
カラー

チェック:人気お笑いトリオ・森三中の大島美幸が、世話好きだが女性に奥手なおっさん役で映画初主演を果たした人情喜劇。『全然大丈夫』などの藤田容介監督が大島のおっさんコントを見たことで生まれたオリジナルストーリーで、自分を女性恐怖症に追い込んだ張本人と約20年ぶりに再会した中年塗装工の姿を軽妙に描く。役づくりのため大島は丸刈りで撮影に臨み、『バイロケーション』などの水川あさみ、大人計画の人気俳優・荒川良々が脇を固める。

ストーリー:古めかしいアパート「福福荘」で暮らし、福ちゃんの愛称で親しまれている中年塗装工の福田辰男(大島美幸)は、仕事に忠実で血の気が多く女性には二の足を踏んでしまう性格。そんな福ちゃんのもとに、中学時代に初めて好きになった女性の千穂(水川あさみ)がおよそ20年ぶりに訪ねてくる。カメラマン修業中の千穂と一緒に過ごすうちに、福ちゃんはかつて自分を女性恐怖症に陥れた張本人の千穂に思いを募らせていく。

福福荘の福ちゃん
(C) 2014『福福荘の福ちゃん』製作委員会

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    さあ今、銀河の向こうに飛んでゆけ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    何が凄いって大島美幸に女を感じる瞬間が皆無。そこそこ下品だが下卑てはおらず、博愛に近い純粋さを持ちながらも、恋にまつわる心の傷から長年逃れられない…そんなおっさんは現実にはなかなかいないし、だからこそ藤田容介的メルヘンなのだが、その担い手で今回は親友役の荒川良々と風貌が酷似していることもあり、イロモノ性無しの男性キャラとして大島がしっかり機能しているのだ。性格のボーイッシュさがにじみ出る水川あさみがヒロインというのもバランス良し。この浮世離れした物語のテーマソングが、上條恒彦のスペイシーな名曲「出発の歌」というのも最高!これ一作で終わらせるにはちょっと勿体ない気にもさせる佳作だ。

  • なかざわひでゆき
    大島美幸という個性があってこそ成立した作品
    ★★★★
    »読む«閉じる

     女芸人がオッサンを演じる、という話題性が全ての映画かと思いきや、これが然にあらず。天真爛漫な少年がそのまま成長したような純朴さと、いじめられっ子だったゆえの傷つきやすさを兼ね備えた主人公の福ちゃん。ある意味で男の“性”を感じさせない彼のユルキャラ的な愛くるしさが成立したのは、やはり大島美幸という特異な個性あってこそだと言えよう。
     内容的には昭和の人情喜劇にも通じるものがあり、その意味でも純和風顔な大島は適役。器用に生きることのできない人々を描く物語は、時に人間や社会の暗い一面を垣間見せるが、しかし藤田監督の福ちゃんやアパートの住人たちに注ぐ眼差しはとても温かい。じわじわと心に滲みる佳作だ。

  • 山縣みどり
    大島美幸の愛されキャラが生きたほのぼの物語
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    女芸人がおっさんを演じる、一発芸みたいな映画かと思ったら……。大島美幸が演じる福ちゃんをすぐに大好きになり、彼の幸せを願うありさま。だって仕事もできて、人望も厚い好青年だよ。と、まさに藤田容介監督も術中にハマったわけだが、これには大島の愛されキャラが功を奏している。彼女は美人ではないが、愛嬌とほのぼのした空気感が素敵な女性だ。だから不細工設定の福ちゃんも彼女が演じると、朴訥でピュアな青年として輝き出すのだ。アパートのダメダメ住人や初恋の女性が福ちゃんに惹かれていくのも当然なり! 親友シマッチはじめ、歌がやけに上手な塗装工、スケベな有名カメラマンなどの面白キャラでゆるい笑いを誘うのも好み。

動画

『福福荘の福ちゃん』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『福福荘の福ちゃん』ポスター
    ポスター
  • 映画『福福荘の福ちゃん』チラシ
    チラシ
  • 映画『福福荘の福ちゃん』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『福福荘の福ちゃん』“福”を招くメモ帳
    “福”を招くメモ帳

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『福福荘の福ちゃん』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「福福荘の福ちゃん」 from 元・副会長のCinema Days (2014年11月29日 6時51分)
    良く出来た人情喜劇だ。単に笑わせるだけではなく重いテーマも内包していて、鑑賞後の満足度は高い。作者の冷静な人間観察眼にも感心してしまう一作である。  古びたアパート福福荘に住む福田辰男は32歳の塗装工だ。仕事熱心で面倒見が良い彼は皆から“福ちゃん”と... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「福福荘の福ちゃん・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年11月18日 23時19分)
    これは二十一世紀の「寅さん」だ! 森三中の大島美幸が“おっさん”を演じるのが話題だが、てっきり租税乱造の吉本映画かと勘違いしてスルーするつもりだった。 しかし私が映画眼を信頼する何人かの人から、かなりの高評価を聞き方針転換。 ごめんなさい、やっぱ映画は観なければ分からない。 これは色物扱いしては全く失礼な、素晴らしい作品だった。 主人公は、今どき珍しい内廊下の昭和なアパート... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 福福荘の福ちゃん from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年11月13日 20時33分)
    奇矯なコンビが輻輳した人間関係の綾 公式サイト。藤田容介監督。大島美幸(森三中)、水川あさみ、荒川良々、芹澤興人、飯田あさと、平岩紙、黒川芽以、山田真歩、山本剛史、徳永ゆ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 福福荘の福ちゃん from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年11月10日 0時25分)
    福福荘の福ちゃん (ポプラ文庫 日本文学) [文庫]女性恐怖症の主人公が初恋の人と再会することで起こる騒動を描く人情劇「福福荘の福ちゃん」。大島美幸のおっさん役が可愛い。おんぼ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「福福荘の福ちゃん」@新宿ピカデリー from 新・辛口映画館 (2014年11月7日 0時24分)
    今回私は完成披露試写会に招かれた。映画上映前に出演者の大島美幸、水川あさみ、荒川良々、徳永ゆうき、監督の藤田容介の舞台挨拶があった。客入りはほぼ満席だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月3日の週の公開作品
  3. 『福福荘の福ちゃん』