シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

さよなら、アドルフ

公式サイト:http://sayonara-adolf.com
さよなら、アドルフ
(C) 2012 Rohfilm GmbH, Lore Holdings Pty Limited, Screen Australia, Creative Scotland and Screen NSW.
英題:
LORE
製作年:
2012年
製作国:
オーストラリア/ドイツ/イギリス
日本公開:
2014年1月11日
上映時間:
配給:
キノフィルムズ
カラー/アメリカンビスタサイズ/5.1ch

チェック:第2次世界大戦の終戦直後、ナチス親衛隊高官の父と母が去ったあと、14歳の少女が小さい妹弟と共に祖母に会うために困難な旅をする姿を描くヒューマンドラマ。旅の過程で、ナチスの行ったユダヤ人虐殺の真実に動揺し、葛藤する加害者の子どもたちの繊細な心の動きが映し出される。監督は、『15歳のダイアリー』のケイト・ショートランド。ヒロインは、ベルリン国際映画祭シューティングスター2013に選出されたザスキア・ローゼンダール。過酷な現実に直面し、さまざまな経験を経た少女の成長の物語に心を揺さぶられる。

ストーリー:1945年、敗戦して間もないドイツ。ナチスの幹部だった両親が去り、14歳の少女ローレ(ザスキア・ローゼンダール)は、妹と弟と共に南ドイツから900キロ離れたハンブルクの祖母の家へ向かうことに。途中、貼り出されたホロコーストの写真を見たローレは困惑する。翌日、連合軍兵士に呼び止められたローレはユダヤ人青年のトーマス(カイ・マリーナ)に助けられ……。

さよなら、アドルフ
(C) 2012 Rohfilm GmbH, Lore Holdings Pty Limited, Screen Australia, Creative Scotland and Screen NSW.

映画短評

  • 今 祥枝
    アイデンティティーを強制的に喪失させられることの悲劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    父親がナチ親衛隊の高官だった14歳の少女が、敗戦後、性急に大人になることを強いられる過程はあまりにも過酷だ。自己の意思決定に責任を持つべき大人たちの戦争責任は別問題として、この年齢の子供が、一方的な外的要因によりアイデンティティーを崩壊させられることの悲劇。同時に、現実を知った彼女が自身を罰するかのように内側から自己を破壊していくことの痛々しさに言葉を失う。

    戦勝国側か敗戦国側かに関わらず、あらゆる価値観が覆され、自身のルーツを否定され、自己の存在に疑問を抱きながら生きる苦しみとはいかばかりであろうか。今もどこかで起きている人々の苦難を思わずにはいられない。

動画

映画『さよなら、アドルフ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『さよなら、アドルフ』ポスター
    ポスター
  • 映画『さよなら、アドルフ』チラシ
    チラシ
  • 映画『さよなら、アドルフ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『さよなら、アドルフ』旧東ドイツ生まれの信号機 ”アンペルマン”ステッカー
    旧東ドイツ生まれの信号機 ”アンペルマン”ステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『 さよなら、アドルフ 』誇り高きナチスの子 from 映画@見取り八段 (2014年9月12日 5時6分)
    さよなら、アドルフ ~ Lore ~      監督: ケイト・ショートランド    キャスト: サスキア・ローゼンダール、カイ・マリーナ、ネレ・トゥレープス、ウルシーナ・ラルディ、ハンス=ヨッヘン・ヴァーグナー、ケイト・ショートランド、ミーカ・ザイデル、アンドレ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • さよなら、アドルフ (2012) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年5月8日 3時31分)
    今まで絶対だと信じ切っていたものが何から何まで誤りだと知らされた少女が弟や妹、赤ちゃんまで抱えて遥かかなたの祖母の家を目指す。絶望的な状況の中で、助けてくれたのは蔑むべきだと教え込まれてきたユダヤ人だった。 子供たちが出発するシュヴァルツヴァルト(黒い森)は現在のドイツの南西端にありフランスやスイスに近いところ。 目的地のおばあちゃんの家はハンブルク、フーズム、干潟の向こうのドイ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 さよなら、アドルフ from 別冊 社内報 (2014年2月18日 18時19分)
    ナチの子供の目線での作品は、なかなか無いかと。 これだけナチものばかり撮り尽くして、もう無いだろうと思ったらありました。 ただ、キレイなものではありません。主人公なんて数えるほどしか笑わないし。 監督が豪州人、というのもややバイアスかかってるのではないかと(同い年だし)。 ■ 札幌劇場にて(札幌公開3日目) ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「さよなら、アドルフ・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年1月28日 23時23分)
    さよなら、無垢だった幼き日々。 敗戦で居場所を失った“ヒットラーの子供たち”の、生きるための旅路を描くロードムービー。 原題の「LORE」は主人公の少女の名前である。 1945年春の敗戦により、ナチス親衛隊の高官だった両親は連合軍によって拘束され、隠れ家に取り残された14歳のローレは、幼い妹・弟たちを連れて、遠く離れた祖母の住む街を目指して旅に出る。 なるほど、第二次世界大戦... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年1月6日の週の公開作品
  3. 『さよなら、アドルフ』