シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
寄生獣
(C) 映画「寄生獣」製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年11月29日
上映時間:
配給・製作:
東宝
製作:
日本テレビ放送網 / 講談社 / 電通 / ROBOT / 日本出版販売 / GyaO! / Yahoo!JAPAN / KDDI
カラー/シネマスコープ

チェック:1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主演を務める『ヒミズ』などの染谷将太を筆頭に、『悪人』などの深津絵里や橋本愛、東出昌大ら実力派俳優が結集する。VFXを駆使したパラサイトの変形や人間捕食の描写、スリリングな物語に引き込まれる。

ストーリー:海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一(染谷将太)に寄生するが、脳を乗っ取ることができずに右手に宿る。自身の肉体にパラサイトが寄生して驚がくする新一だったが、彼をミギーと呼んで共生するうちに奇妙な絆を育むように。やがて、彼の通う高校に教師・田宮良子(深津絵里)に寄生したパラサイトやって来る。それを発端にほかのパラサイトが次々と出現し、新一とミギーに襲い掛かる。

寄生獣
(C) 映画「寄生獣」製作委員会

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    傑作になるかどうかは完結編次第だが。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    もう染谷将太が適役すぎ。岩明均が描く一見ぶっきらぼうな線と、ちょっと間の抜けたユーモアを体現している。この前篇はほぼひたすら彼の物語だが、存在しない右手相手によくぞここまで演りきったと思える見事さ。その右手=ミギーをモーション・キャプチャで演じる阿部サダヲも派手に演り過ぎず好印象。なんせ原作の知名度が尋常じゃないからハードルは高かったろうが、オリジナルを解体しながらも理に叶った展開にまとめた古沢良太らの脚色も納得。グロテスクな描写も手加減なく(東出昌大は『アオハライド』よりいい)、もともとこのジャンルのヒトである山崎貴はやはりこういう作品に特化したほうがいいんじゃない?と思わせるに充分だ。

  • くれい響
    パクった『T2』にも、しっかり喧嘩売ってます!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    後にハリウッドで映画化権が買われたとはいえ、『ターミネーター2』の元ネタでもある原作。『T2』公開から二十年以上経った、このタイミングでの日本での実写化はベストだろう。近年、新作を撮るごとに叩かれている山崎貴監督だが、今回はとにかく誠実に原作と向き合っており、母親に依存していた新一の成長物語としてはもちろん、新一とミギーのバディものとしても楽しめる。そして、なによりグロとユーモアのバランスがよく、本編最後に流れる後編の予告を観るかぎり、間違っても『GANTZ』にならない予感も。本作とテーマ的に類似する山崎監督の目標である漫画版「風の谷のナウシカ」の実写化に一歩近づいたのではないだろうか。

  • 相馬 学
    単なるスリラーに終わらない、“親殺し”ドラマの妙
    ★★★★
    »読む«閉じる

     続編がつ作られることを前提とした映画に面白いものは少ないが、本作は続きが楽しみになることを含めて、よくできている。

     体内に混入した寄生物が醸し出す生理的なスリルに引き寄せられる一方で、不気味なはずの“ミギー”の茶目っ気あふれるビジュアルも魅力。何より、母親に依存しきっている主人公の成長がクリアに見える点がイイ。寄生された母との対決は、通過儀礼的“親殺し”のドラマとして機能しており、見応えがあった。

     脇で出ているどの映画でも印象を残す染谷将太だが、童顔が成長劇にフィットしてハマリ役。寄生されたことがひと目でわかる、どこか人間離れした表情の深津絵里、東出昌大もイイ味を出している。

  • 平沢 薫
    ミギーがちゃんと不気味でヘンにかわいい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    右手に宿った寄生獣ミギーが、どう実写化されるのか。この人気コミックの実写映画化の第1関門はそこだろう。ミギーの、人間とは全く異なる思考と価値観の持ち主だが、宿主の死は自分の死なので、宿主の危機に際しては共闘するという二面性、不気味だが妙に可愛いいという二面性が、リアルすぎない造形と、阿部サダヲの声の演技で、かなりいい感じに実写化されていて、この第1関門はクリアでいいのではないか。第2関門である、寄生獣たちの変形描写も、"するり"と音もなく変貌するタイミング、変形したときの哺乳類の肉にヒトデ系の海洋生物を僅かに加味したような質感で、こちらもまずまずクリア。大テーマをどう描くかは、後編に期待だ。

動画

『寄生獣』予告編2
映画『寄生獣』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『寄生獣』ポスター
    ポスター
  • 映画『寄生獣』チラシ
    チラシ
  • 映画『寄生獣』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『寄生獣』ミギー携帯イヤホンジャック(『寄生獣』『寄生獣 完結編』セット券限定)
    ミギー携帯イヤホンジャック(『寄生獣』『寄生獣 完結編』セット券限定)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・VFX・脚本:
脚本: 古沢良太
原作: 岩明均
音楽: 佐藤直紀
撮影: 阿藤正一
美術: 林田裕至
キャラクタービジュアルディレクター: 柘植伊佐夫
VFXディレクター: 渋谷紀世子
主題歌: BUMP OF CHICKEN

キャスト

泉新一:
田宮良子:
ミギー:
村野里美:
島田秀雄:
浦上:
三木:
倉森:
広川:
泉信子:
平間:
後藤:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『寄生獣』の映画ニュース

  • 岩明均の人気コミックを実写化したヒット作『寄生獣』が、中国で7,000スクリーンの超拡大規模で9月2日より公開されることが決定した。今回の公開規模は中国全土のスクリーン...給により公開される。 2014年11月29日に『寄生獣』、2015年4月25日に『寄生獣 完結篇』二部...
  • 俳優の本木雅弘が13日、文京シビックホールで行われた「第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」に出席し、自身主演で秋公開予定の新作『永い言い訳』で妻役の深津絵里と愛人...」と切り出し、「そこでは(『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』で主演女優賞の)深津絵里さんが...
  • 女優の広瀬すずが13日、文京シビックホールで行われた「第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」に来場し、メールをよくしているという『海街diary』でタッグを組んだ是枝裕和...たち』 主演女優賞:深津絵里『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』 主演男優賞:二宮和也『母と暮せ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「寄生獣」まだ途中だけど、単純に面白かった from soramove (2015年1月10日 16時16分)
    映画「寄生獣」★★★★ 染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、 大森南朋、北村一輝、余貴美子、 國村隼、浅野忠信 出演 山崎貴 監督、 108分、2014年11月29日公開 2014,日本,東宝 (原題/原作:寄生獣) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ある夜、海辺にパラサイトという 小さな寄生生物が流れ着く。 その寄生生物は人間 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「寄生獣」 from 元・副会長のCinema Days (2015年1月7日 6時33分)
    退屈せずに終わりまで観ることが出来た。もっとも、本作は“パート1”であることは鑑賞前から承知していたので、これ一本で完結していなくても腹は立たない(まあ、それを知らなかったら少しはムカついたかもしれないが ^^;)。時間潰しにフラリと映画館に入って向き合... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 寄生獣 from sailor's tale (2014年12月23日 16時31分)
    実写映画化されるコミックというのは、とても話が面白いものが多い。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 寄生獣 from おべんとログ (2014年12月23日 15時12分)
    所用により、しばらくネット環境から離れておりました。 ブログ再開!エンタメ映画情報でございます。 寄生獣を観てきましたよ。ハッキリいって面白い! しっかりとしたエンターテイメント作品に仕上がっています。 あらすじはこちらです。http://www.cinematoday.jp/movie… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 寄生獣 from ダイターンクラッシュ!! (2014年12月21日 21時10分)
    2014年12月14日(日) 19:30~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 原作より可愛いミギー。 『寄生獣』公式サイト 原作は読んだのだが、とあるルートで入手したため、保管しておらず、読み返していない。よってもって、ほとんど覚えていない。 画像のミギーが、ツルツルのぷにぷにとオバQの感触のようだ。 従ってか、画面が割れるシーンが、「遊星からの物体X」の犬と異なり、ヌメヌメ感ゼロのためか気色悪くない。 甘い映画ばかり撮ってきている山崎貴に ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月24日の週の公開作品
  3. 『寄生獣』