シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

思い出のマーニー

公式サイト:http://marnie.jp
思い出のマーニー
(C) 2014 GNDHDDTK
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年7月19日
上映時間:
配給:
東宝
特別協賛:
アイフルホーム
特別協力:
ローソン / 読売新聞
カラー

チェック:『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ。北海道を舞台に、苦悩を抱えて生きる12歳の少女杏奈と彼女同様深い悲しみを心に宿すミステリアスな少女マーニーとの出会いを描写する。『ジョーカーゲーム』などの高月彩良と『リトル・マエストラ』などの有村架純が声優を担当。主人公たちの目線で捉えた物語に心打たれる。

ストーリー:心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せる。その出会い以来、杏奈の身の回りでは立て続けに奇妙な出来事が起きるようになるが、それは二人だけの秘密だった。

思い出のマーニー
(C) 2014 GNDHDDTK

映画短評

  • 清水 節
    本作を暗く不幸と批判するのは無粋なリア充のパワハラに近い
    ★★★★
    »読む«閉じる

     国民的アニメが時代に拮抗する物語として、深い癒しを必要とする少女の心の旅を選んだことが重要だ。暗くて不幸と批判するのは、無粋なリア充のパワハラにも近い。自然や異界で目覚めた少女が生に立ち向かうのが旧ジブリならば、漸く見つけた居場所で魂を修復するのが新生ジブリの姿だ。眠れる身体が全開する冒険ファンタジーから、病んだ精神が時間軸を漂う心理ファンタジーへ。異性と結ばれることが決してゴールではなくなった今、ヒロインは“分身”によって救われる。世界観が通底する『アナ雪』との違いは、心理の流れを重視するあまり視覚的クライマックスが弱いことだ。観客の心をも解放させるアニメ体験とは何かを忘れてはならない。

  • 中山 治美
    ジブリ初の? 今どきヒロイン
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     海外の映画祭で言われてハッとしたことがある。「ジブリ映画の女の子は働き者なので教育に良い」と。だが本作の杏奈は、居候先の親戚宅でも手伝いはほとんどせず、関心は自分のことばかり。以前のヒロインが宮崎監督ら年配者の理想像なら、ジブリ初の、現代の等身大ヒロインと言えるかもしれない。さらに自己否定して生きる少女の心の旅路も実に今日的で、原恵一監督の傑作『カラフル』を彷彿とさせる。
     ただ映像は繊細だが、脚本は荒い。マーニーの秘密が明かされるラストの怒濤の展開には口をあんぐり。辻褄が合っているのか検証してみたくなるほど。これも、何度でも観賞したくなるジブリマジックなのか。だとしても、もやもや感が残る。

  • ミルクマン斉藤
    クラシカルかつ現代的な、正統派幻想小説的世界。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    屈折した主人公はジブリだから珍しくもないが、のっけからアウトサイダー色全開な暗黒モノローグにはのけぞった。さらには繊細に過ぎるほどな、少女ふたりの親密さを示す描写の数々。二人の身体の密着ぶりといい、すぐに頬を赤らめるナイーヴな反応といい、これはLGBT映画かと思わせるに充分だ。たとえ“真意”は異なろうが、今どき意識していないとは言わせないし、「真実の愛」をめぐる昨今のディズニーの変容とシンクロしているようにも思えるではないか。巨大サイロのクライマックスが『ジェニーの肖像』の灯台でのそれと重なるように、これが時のはざまに生まれた「不滅の(あるいは不毛の)愛」の幻想譚なのは間違いないしね。

  • 森 直人
    意欲作だが、最大の難点は「幸福感」の欠如
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    米林宏昌監督の前作『借りぐらしのアリエッティ』は「宮崎駿作品の優秀なレプリカ」だと思えた。不足していたのは作家的濃厚さ=“魂”だったが、さて今回は――。

    その点に意識的だったか、『思い出のマーニー』はやたらエモい。ただしヒロインの杏奈はヒステリックな怒りをぴりぴりと先鋭化させた少女になっており、「現代っ子」的変換だとしてもJ・G・ロビンソンの原作からすると解釈が暗すぎる。このネガティブな要素は最も賛否が分かれるところでないか。

    他にも北海道の風土とヨーロッパ調のちぐはぐな乖離など、力みや挑戦が裏目に出ている点があり、ジブリカラーの中で後継者たちが必死に模索を繰り広げている印象だ。

  • 平沢 薫
    日本の田舎に金髪の美少女が出現して違和感がない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    どちらも12歳の、長い金髪の美少女と、黒い短髪の少女。日本の田舎の夏休み。湖畔の洋館。月夜の舟。秘密の日記。ポスターのイメージ通りの世界が描かれていく。
    アニメーションというと、ついこの手法でしかできない動きの表現やグラフィックな映像を期待してしまうが、それは不要な思い込みなのかもしれない。本作では、アニメという手法は、不思議な金髪の美少女を日本の田舎に違和感なく出現させるためだけに用いられ、その目的は果たされる。監督は「借りぐらしのアリエッティ」の米林宏昌。同作同様、欧米の児童小説を日本を舞台に翻案したが、前回よりも無理がない。"愛に飢えた子供"というモチーフは、やはり鉄板。

  • くれい響
    課題図書的なジブリ…だけではない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ジブリ初のWヒロインだけに、ジブリ初の百合系か?それともハイジとクララの関係か?と思いきや、ミステリータッチで魅せる本作。巨匠が放った大人向け2大作の後だけに、夏休みの課題図書的なテーマや心地よい余韻、涙腺を刺激する演出など、本来のジブリさ全開の103分といえるだろう。
    おまけに、ゆとりヒロイン・杏奈の「アルプスの少女ハイジ」の迷エピソード「ゆうれい騒動」を思い起こさせるエキセントリックな行動など、思わずニヤニヤしてしまう演出が残る。だが、原作の舞台だったイギリスから北海道に変更したことや、エピソードを並び替えたこと。それらによって、妙な違和感や矛盾点が露骨に出てしまったことは否定できない。

ポスター/チラシ

  • 映画『思い出のマーニー』ポスター
    ポスター
  • 映画『思い出のマーニー』ポスター
    ポスター
  • 映画『思い出のマーニー』チラシ
    チラシ
  • 映画『思い出のマーニー』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
作画監督: 安藤雅司
美術監督: 種田陽平
音楽: 村松崇継

キャスト

(声の出演)
杏奈:
マーニー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『思い出のマーニー』の映画ニュース

  • 現地時間28日、アニメ界のアカデミー賞ともいわれる第44回アニー賞のノミネーションが発表され、日本で大ヒット中の新海誠監督作『君の名は。』がインディペンデント作品賞...』が作品賞をはじめ最多10部門で受賞し、『思い出のマーニー』と『バケモノの子』もノミネートされてい...
  • スタジオジブリの長編劇場映画21作から最も得票数の多かった1作を劇場で上映する企画「スタジオジブリ総選挙」の結果が発表され、『千と千尋の神隠し』(2001)が1位に輝い...念し、『風の谷のナウシカ』(1984)から『思い出のマーニー』(2014)までを対象に行われたこの選挙。...
  • スタジオジブリ史上初めてとなる投票による劇場上映企画「スタジオジブリ総選挙」の中間結果が発表された。投票開始となった8月13日から8月20日までの8日間で得票数の多かっ...カ』(1984、制作:トップクラフト)から『思い出のマーニー』(2014)までのジブリ長編劇場映画全21作...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『思い出のマーニー』を見た【アニメ映画】ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を米林宏昌が監督したファンタジー from カフェビショップ (2015年7月16日 21時0分)
    うーむ、これは良くないなあ。 ジブリって絵がうまいっていうか、 絵がいいっていうイメージがあったんすけど、 これはあんまりいいとは思わなかったっすね。 むしろなんか下手な絵というか、 味がある下手さじゃなくて ただ下手に思えたなあ。 やっぱり宮崎駿は絵… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 思い出のマーニー from Some Like It Hot (2014年9月7日 20時48分)
    ■「思い出のマーニー/When Marnie was there」(2014年・日本) 監督=米林宏昌 声の出演=高月彩良 有村架純 松嶋菜々子 寺島進  宮崎駿監督の引退宣言後、初のサマーシーズン。ジブリの最新作は「借りぐらしのアリエッティ」を手掛けた米林宏昌監督の手によ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「思い出のマーニー」:小さな子はわかるのかなあ? from 大江戸時夫の東京温度 (2014年9月1日 23時30分)
    はい、ようやく今頃『思い出のマーニー』です。これは好き嫌いが分かれる作品かも知れ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「思い出のマーニー」  腑に落ちるがこじっまり感が漂う from 珍竹鈴  映画とネットとモバイル機器の日々 (2014年9月1日 1時57分)
    「思い出のマーニー」を観ました。 北海道に療養に来たアンナの前に現れた、謎の少女マーニー。 湿っち屋敷に住んでいるといいます。 けれど、その少女は幻らしい。 でも、新しくその湿っち屋敷に引っ越してきた女の子より、マーニーの日記が見つかる。 マーニーとは誰… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画は美術監督で選ぶ時代へ。『思い出のマーニー×種田陽平展』 from For James Bond 007 Lovers Only (2014年8月31日 20時4分)
    映画は美術監督で選ぶ時代へ。『思い出のマーニー×種田陽平展』 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年7月14日の週の公開作品
  3. 『思い出のマーニー』