シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

公式サイト:http://cap2.jp

チェック:『アベンジャーズ』でのニューヨークの戦いから2年後を舞台に、キャプテン・アメリカと暗殺者ウィンター・ソルジャーとの死闘を描くアクション大作。70年の眠りから覚め、アベンジャーズの一員として戦ったキャプテン・アメリカが、S.H.I.E.L.D.(シールド)の仲間に突如襲われ、その裏に潜む真実を追う姿を映し出す。監督は、『ウェルカム トゥ コリンウッド』のアンソニー・ルッソとジョー・ルッソ。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスやスカーレット・ヨハンソンらが出演。新たに加わる名優ロバート・レッドフォードの役どころにも注目。

ストーリー:アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で……。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
(C) 2014 Marvel. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    古めかしい正義が体現する自由と民主主義の精神
    ★★★★
    »読む«閉じる

     70年近くも氷の中で眠っていた、清く正しく真面目なスーパーソルジャー、キャプテン・アメリカの前に今回立ちはだかるのは、言うなれば同時多発テロ事件以降のアメリカに蔓延する超国家主義と新保守主義だ。
     古めかしい正義が現代の権力を蝕むニヒリズムに立ち向かうことで、自由と民主主義の原点を知らしめる。それもまた、ある意味で非常にアメリカ的なヒーロー映画の王道と呼べるだろう。
     もちろん、娯楽作品としても優秀。肉弾戦を主体としたアクションは、CGスペクタクルの巨大なスケールにも迫力負けしない。内容的に玉石混合なアベンジャーズ・シリーズだが、本作のエンタメ性と社会性のバランス感覚の良さは特筆に値する。

  • 清水 節
    時代遅れの誠実さと生身の接近戦が問いかけるアメリカの良心
    ★★★★
    »読む«閉じる

     凄絶を極めれば極めるほど観る者が引き気味になるCGアクションへのアンチテーゼが、この映画だ。主役をヒーローたらしめているのは、時代遅れの誠実さと頑強な肉体のみ。唯一の武器・盾を投げつけ、しかも律儀に回収してまた走る。CGを抑制した生身の接近戦が目まぐるしく展開し、活劇の醍醐味を堪能させる。マーベルは侮れない。
     
     ストーリーは「70年代ポリティカル・サスペンス」の再生。敵が見えにくい時代の「悪」を突き詰めたリアリティ。本作の予習復習に、ロバート・レッドフォード主演『コンドル』(1975)はマストだ。米国史を超えて生きながらえるヒーローは、アメリカ映画史をも今に継承する役目を果たす。

  • 相馬 学
    体力勝負ヒーローの凄みを再確認させる重量級エンタメ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『アベンジャーズ』の中では派手な能力を持つ他のヒーローに比べて目立てなかったキャプテン・アメリカ。フツーの人間より体力が二回りほど優れているレベルでは不利だったか。そのウサ晴らしというわけではないが、看板を背負った本作では大活躍を見せてくれる。

     戦艦からの人質救出や刺客との対決では動きの速さで目を引き、空の要塞での綱渡りのようなバトルで重量級の立ち回りを演じる。格闘バトルのヒーローとしての風格は十分だ。

     白か黒かの高潔な性格ゆえに苦悩するドラマも見応えがあり、本作で描かれた陰謀が直結するという『アベンジャーズ2』に期待を抱かせる。政治的な匂いのするサスペンスも重量級で歯応えアリ。

  • 山縣みどり
    古くさくてOK、正義を貫くのがキャプテン!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    決してウソはつかず、不正は許さず、上司の間違いもはっきり指摘する。現実社会では “生きづらい”だろうキャプテン・アメリカ。白黒はっきりせねば気が済まないというか、古くさいというか……。そんな彼がS.H.I.L.D.の清濁併せ?む活動ポリシーに翻弄される青臭い姿を見せつけ、観客にアメリカの良心を思い出させる狙いは大成功! 彼が疑問を呈する世界監視システムもエドワード・スノードン氏が暴露したSNSによる盗聴を彷彿させるし、その脆弱さもアメリカが抱える悩みとシンクロする。娯楽作でもテーマは深遠なり! でもキャプテンをサポートする元空軍兵が天使風な羽をつけているのは「アメリカ=神の国」みたいで怖い。

  • ミルクマン斉藤
    アクションはマーシャル・アーツになったけど【ネタバレ?】
    ★★★★
    »読む«閉じる

    めまぐるしい頻度でハナシを転がしていく「アベンジャーズ」シリーズ。もはや一作も見逃せない状況だが、これは今後の大筋に関わること間違いなし。だってシールドそのものが、ナチス起源の結社「ヒドラ(って、どう聞いても“ハイドラ”って言ってるけど…)」に牛耳られ、アベンジャーズの敵になるんだから。その裏組織の番長をリベラル派の代表格R.レッドフォードに演じてもらったことこそ本作最大のジョーク(と同時に『コンドル』へのオマージュとみた)。で、立ち向かうキャプテンはといえば、最新の強化服でなく第二次大戦当時の、国家正義を無自覚に信じていたころのボロ衣装。そんなところが21世紀マーベルの矜持だろう。

動画

映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』最強シールド型携帯クリーナー
    最強シールド型携帯クリーナー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の映画ニュース

  • 映画『マイティ・ソー』シリーズの第3弾『ソー:ラグナロク(原題) / Thor: Ragnarok』が現地時間28日、オーストラリアでクランクアップを迎えた。主演のクリス・ヘムズワー...くろうとしている」と回答し、MCU作品の『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を鑑賞していないことも明かしていた。こ...
  • 映画『アベンジャーズ』などのマーベル映画でブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフを演じているスカーレット・ヨハンソンが、世界最高の興行収入をあげた女優になったと...ンマン2』、2012年に『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、2015年に『アベンジャーズ/エイジ・オ...
  • キャプテン・アメリカとアイアンマンの対立をきっかけに、最強チーム「アベンジャーズ」が分断するさまを描いたアクション大作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のメ...が、映画作りへのこだわりを明かした。 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』で、興行面だけでなく批評的にも成功をお...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を見た【映画】ルッソ兄弟監督、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソンら出演のアメコミヒーローアクション大作 from カフェビショップ (2014年9月23日 6時38分)
    アクションがすごい。 そこがいいとこっすねえ。 キャプテン・アメリカって超人は超人なんだろうけど、 運動神経が異常に良いただの人間だろ? でもすごいんだぜ。 飛行機からパラシュートなしで海面に降下したりするんだぜ。 高いところに登ったり 飛び降りたり、 … ...[外部サイトの続きを読む]
  • キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー from エンターテイメント日誌 (2014年6月9日 12時26分)
    評価:C 映画公式サイトはこちら。 アメコミを原作とする映画としてはクリストファ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キャプテン・アメリカ ウインター・ソルジャー」:盾とスカーレットの映画 from 大江戸時夫の東京温度 (2014年5月5日 23時33分)
    映画『キャプテン・アメリカ ウインター・ソルジャー』の前作は観ていないんですよね ...[外部サイトの続きを読む]
  • キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー from ダイターンクラッシュ!! (2014年5月4日 21時2分)
    2014年4月20日(土) 18:00~ TOHOシネマズららぽーと横浜8 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 真面目君 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』公式サイト フリーパスポート19本目。 トニー・スタークと大違い。 カーク・キライを彷彿させる、主将中の主将。 生真面目なキャプテンは、いつものように生真面目だった。 コスチュームが洗練されたと思ったが、最終決戦は、御馴染みの道化師みたいな奴。 面が割れているのに、新コスチュームもマスクがあるのは謎。 そして、どう ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」複雑な世の中に、ただ一つの正義を求める from soramove (2014年5月3日 11時11分)
    「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」★★★★ クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、 サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・レッドフォード出演 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、 136分 2014年4月19日公開 2014,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題/原作:CAPTAIN AMERICA : THE WINTER SOLDIER) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月14日の週の公開作品
  3. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』