シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!

公式サイト:http://www.student-no1.com
スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!
(C) 2012 EROS INTERNATIONAL MEDIA LIMITED
英題:
STUDENT OF THE YEAR
製作年:
2012年
製作国:
インド
日本公開:
2014年5月3日
(シネマライズ ほか)
上映時間:
提供:
メダリオン・メディア
配給:
アンプラグド
カラー/シネマスコープ

チェック:『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』『闇の帝王DON ~ベルリン強奪作戦~』などのインド映画界のスター、シャー・ルク・カーンが製作を手掛けた青春作。名門校に通う2人の男子が、学園で一番の生徒になろうと火花を散らす姿を、ある美少女との恋を交えて活写する。メガホンを取るのは、『マイネーム・イズ・ハーン』などのカラン・ジョーハル。シド・マルホトラやヴァルン・ダワンらの好演に加えて、ボリウッド映画ならではの歌と踊りにも目が奪われる。

ストーリー:全ての生徒からナンバーワンを決定するコンテストが行われる聖テレーザ学園。生徒たちがナンバーワンになろうとスポーツや勉強に励む中、優勝を有力視されているのが、ロックスター志望のロハン(ヴァルン・ダワン)。だが、頭脳明晰(めいせき)でスポーツ万能、ダンスもプロ並みというアビ(シド・マルホトラ)が転校してくる。何かと対立するロハンとアビだったが、次第に良きライバルとして認め合うように。しかし、ロハンの恋人シャナーヤ(アーリヤー・バット)とアビが近づいたことから思わぬ事態が起きる。

スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!
(C) 2012 EROS INTERNATIONAL MEDIA LIMITED

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    コンテストがまるでTVバラエティのノリで…。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    正直、名手カラン・ジョーハルの監督作として観ると、かなり物足りなさを感じるのは確か。まず学園内の三角関係がおざなり。実業家の父に疎まれながらロックスターを目指すロハン(V.ダワン)に誹りを覆すだけの音楽的シ−ンがないし、完全無欠なアビ(S.マルホートラ)のキャラに深みがない(『きっと、うまくいく』のアーミル・カーンとどうしても比べてしまうが)。ヒロインのA.バットも初々しくキュートだがそれ以上の魅力に欠ける。要するにボリウッド好きとしては「やっぱジョーハル映画にシャー・ルク・カーンが居ないのは寂しい!」ということに尽きるのだけれど、なんせ3人とも新人、今後の活躍次第で化けるかもね。

動画

映画『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』ポスター
    ポスター
  • 映画『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』チラシ
    チラシ
  • 映画『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』タトゥー・シール
    タトゥー・シール

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

舞踏監督: ファラー・カーン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月28日の週の公開作品
  3. 『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』