シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

バンクーバーの朝日

公式サイト:http://www.vancouver-asahi.jp/
バンクーバーの朝日
(C) 2014「バンクーバーの朝日」製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年12月20日
上映時間:
配給:
東宝
カラー/シネマスコープ

チェック:1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ。メガホンを取るのは『舟を編む』『ぼくたちの家族』などの石井裕也。製材所で肉体労働に就く野球チームのキャプテンを妻夫木聡が演じるほか、チームのメンバーに亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、主人公の父親に佐藤浩市など豪華キャストが集結する。体格で勝るカナダ人を相手に、力ではなく技術で立ち向かっていく彼らの姿に爽やかな感動を覚える。

ストーリー:1900年代初めのカナダ・バンクーバー。貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく。

バンクーバーの朝日
(C) 2014「バンクーバーの朝日」製作委員会

映画短評

  • 中山 治美
    埋もれた歴史の掘り起こしには成功したが…
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     人気俳優を起用して戦争映画に若年層を取り込む。そこに今回は新鋭監督を起用して彼のステップアップの場を提供。大手・東宝だからこそ出来る、『永遠の0』に続く志とビジネスを両立させた挑戦だ。ならばさらに一歩踏み込んで、今、本作を世に出す意義を実感させて欲しかった。『フューリー』が強烈な反戦メッセージを突きつけたように。
     突然、隣人に銃を突きつけられる恐怖。日本人というだけで収容所送りにされた無情。朝日軍の偉業が抹殺された無念。そして戦後、彼らに謝罪したカナダの戦争責任の取り方etc…。今、考えるべき事は、本作で省略した部分にあるのではないか。
     戦争映画を美談で終わらせない気概を見たいのだ。

  • ミルクマン斉藤
    史上もっとも盛り上がらない野球映画。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    石井裕也と奥寺佐渡子は一体何がやりたかったのだろう。弱小球団が連戦連勝で勝ち昇ったりするなど野球映画として燃える部分を徹底して忌避。妻夫木&亀梨のメイン・キャストもそろって鬱屈キャラで物語を微塵も推進しない。その役割を担うのは高畑充希ただひとり、しかも彼女と石田えり以外、名だたる女性キャストの存在意味が無に等しいって! 野球映画のクリシェに抗しようというのならそれでもいい。しかし日系移民の苦難や惑いが十全に描かれるかというとそれもまた避けられる始末 (優勝してから人気爆発するが日系排斥に呑まれ…なんてそれだけでドラマだろうに)。光と闇を完璧にすくい取る近藤龍人のキャメラの冴えがひたすら虚しい。

  • 森 直人
    『瀬戸内少年野球団』等と比較するのも一興の大力作
    ★★★★
    »読む«閉じる

    弱小チームが劣勢から知恵と工夫で巻き返していく――という基本軸は“文芸調『がんばれ!ベアーズ』”といったところか。ただし『川の底からこんにちは』や『ぼくたちの家族』など、これは監督・石井裕也が好んで採用してきた作劇でもある。「ブレインボール」という身の丈の頭脳戦は石井的方法論の自己言及に近い。

    つまり本作は石井の個性を大作へと的確にブローアップした企画。監督も地に足の着いた自分のやり方で応えている。日系移民という主題はヘイトスピーチなど現在の差別構造を対象化する視座だ。石井は『ハラがコレなんで』で戦後史&アメリカの影を忍ばせていたが、これほど長い射程で日本論を継続させている若手監督は珍しい。

  • 清水 節
    内発する感情の動きを静かに待つ。真の主役は石井裕也の演出力
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     忘れられた、戦前カナダにおける日系移民の貧困と差別。野球に懸け、頭脳プレーで這い上がっていく様を淡々と追う。妻夫木聡、池松壮亮、亀梨和也、高畑充希らが耐え忍ぶ。時代性を再現した原田満生の美術と、生きづらさと臥薪嘗胆の空気をすくいとる近藤龍人のキャメラが素晴らしい。内発する感情の揺れ動きを静かに待つ。真の主役は、83年生まれの監督・石井裕也の演出力。これはフジテレビ映画なのだ。当てることを至上命題とした“分かりやすくて泣ける装置”とは異なる流れ。新鋭の力量と作家性に懸け、俳優の可能性を引き出すTV局映画のヒットエンドランは、日本映画の未来に光明をもたらす。

  • なかざわひでゆき
    不寛容な時代と向き合うマイノリティの葛藤
    ★★★★
    »読む«閉じる

     カナダのバンクーバーに戦前存在した日系人野球チーム「朝日」の実話をベースにしつつ、太平洋戦争の暗い影が忍び寄り日系人への差別と偏見が強さを増す中で、移民としてのアイデンティティを模索する若者たちの葛藤を描いた作品だ。
     リーグ最下位の超弱小チームでありながら、なぜ彼らは果敢にも挑戦を続けたのか。その背景たる家族の物語や日本人街の人間模様に焦点が当てられているため、野球映画として見ると著しく物足りなさを感じるかもしれない。
     しかし、不寛容な時代とどう向き合えばいいのか、人間の誇りとはなんなのか、現代にも通じる複雑かつ困難なテーマに腰を据えて取り組んだ作り手の姿勢は評価したい。

  • くれい響
    『アオハライド』に続き、高畑充希はスゴい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    亀梨和也と上地雄輔の最強バッテリーに、『ぼくたちの家族』の兄弟ふたたび…という、こちらの期待に反し、野球映画と思えないほど、恐ろしく熱がなく、心に訴えかけてこない。Brain Ball(頭脳野球)の下りは悪くないが、これだけ個性的で巧い若手を集めながら、彼らの魅力を生かせてないのは問題。各事務所のしがらみかは知らないが、石井裕也監督は“試合放棄”してるようで、エネルギーをすべてサブストーリーの高畑充希に注ぎ込んだ感がある。そのため、完全に彼女を観る映画になっているのだ(それは決して悪くないことだが…)。もし、本当の野球映画を観たいなら、『KANO 1931海の向こうの甲子園』をおススメしたい。


スタッフ

監督:
脚本: 奥寺佐渡子
製作: 石原隆 / 市川南
プロデューサー: 稲葉直人 / 菊地美世志
ラインプロデューサー: 小沢禎二
アシスタントプロデューサー: 梶本圭 / 西原恵
撮影: 近藤龍人
照明: 藤井勇
録音: 加藤大和
美術: 原田満生
編集: 普嶋信一
音楽: 渡邉崇
衣裳: 宮本まさ江
ヘアメイク: 豊川京子
装飾: 石上淳一
VFXスーパーバイザー: 西尾健太郎
スクリプター: 工藤みずほ
音響効果: 小島彩
キャスティング: 元川益暢
助監督: 増田伸弥
制作担当: 有賀高俊

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『バンクーバーの朝日』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「バンクーバーの朝日」  戦時中の移民日本人の物語 from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年3月2日 1時36分)
    映画「バンクーバーの朝日」を観ました。 もう、公開終了が近いようです。 MOVIE WALKERで評価が高いのですが、地味感作品です。 感動できますが、結構地味です。 移民でひと稼ぎをせんとばかりにカナダに移民してきた2世が社会人野球チームを作って参加していました。… ...[外部サイトの続きを読む]
  • バンクーバーの朝日 from 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! (2015年2月15日 4時13分)
    [バンクーバーの朝日] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2015年2本目です。 【あらすじ】 1900年代初頭。貧しい日本から新天地を目指してカナダ・バンクーバーにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バンクーバーの朝日」 from ここなつ映画レビュー (2015年1月26日 17時34分)
    2015年最初に観た作品。もちろん息子と一緒に、である。公開時から観ることは決めていたが、少年野球の頃から(もっと言えば保育園の頃から)交流のあるママ友さんが、息子さんと観に行って「すごく良かったわよ」と教えてくれたので、一年の初っ端はこれで飾ることに致しました。前半部分から怒濤の落涙。アホでしょ、私。誰も泣いてなんかいない所で泣き始めてしまった。連戦連敗の野球チームが、「Brain baseball」で勝てるようになっていく、ただそれだけでも、もう涙が止められない。アジアからの移民として差別・偏見に晒され ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バンクーバーの朝日」:映像はいいがテンポが悪い from 大江戸時夫の東京温度 (2015年1月14日 23時27分)
    映画『バンクーバーの朝日』を観ると、このカナダへの移民たちに現代日本を重ねたくな ...[外部サイトの続きを読む]
  • バンクーバーの朝日 from ダイターンクラッシュ!! (2014年12月28日 21時35分)
    2014年12月23日(火) 18:15~ TOHOシネマズ日本橋1 料金:1400円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 亀梨はトルネード。 『バンクーバーの朝日』公式サイト 野球経験者を役者に集めたとのことで、あまりにヘボいプレーは無い。 カナダで全敗のレベルは、超えているのでないか。 ただ、バント野球なので、試合はあまり盛り上がらず、話もそこをクライマックスに持っていっていない。 戦前、戦時中の実話であるが故か、物語は地味に沈んで終了した。 ブッキーと亀梨の友情だとか、ブッキーの ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月15日の週の公開作品
  3. 『バンクーバーの朝日』