シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ポリス・ストーリー/レジェンド

ポリス・ストーリー/レジェンド
(C) 2013 Jackie & JJ Productions Limited, Wanda Media Company Limited and Starlit HK International Media Company Limited All rights reserved
英題:
POLICE STORY 2013
製作年:
2013年
製作国:
中国
日本公開:
2014年6月6日
(TOHOシネマズみゆき座 ほか)
上映時間:
日本語字幕:
伊東武司
配給・提供:
ブロードメディア・スタジオ
提供:
ハピネット
カラー/シネマスコープ

チェック:アジアが誇るスーパースター、ジャッキー・チェンが主演を務め、興行的にも大ヒットを記録した人気シリーズ『ポリス・ストーリー』の第6弾。仕事熱心なベテラン刑事と一人娘の確執を発端に、まるで要塞のようなナイトクラブに突如監禁された人々が体験するカオスな状況を映し出す。娘を『7日間の恋人』などのジン・ティエンが演じ、クラブの経営者を『コネクテッド』などのリウ・イエが熱演。決死の肉弾戦はもとより、さまざまな因縁が絡み合う密室劇に絶句する。

ストーリー:古参刑事ジョン(ジャッキー・チェン)は、一人娘ミャオ(ジン・ティエン)に呼び出され、クリスマス時期の北京の繁華街へとやって来る。彼は指定のウー・バーに到着するが、そこは怪しげな雰囲気のナイトクラブだった。父娘は半年ぶりに対面し、ミャオはクラブの経営者で彼女よりかなり年長のウー(リウ・イエ)を恋人だと紹介する。

ポリス・ストーリー/レジェンド
(C) 2013 Jackie & JJ Productions Limited, Wanda Media Company Limited and Starlit HK International Media Company Limited All rights reserved

映画短評

  • 森 直人
    ジャッキー詣でとしては充分!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ジャッキー・チェンの新作となると、自動的に前売り券を買い続けてきたファンは筆者だけではあるまい。それでも前作『ライジング・ドラゴン』でアクション引退宣言した後だから、今回は不安だった。しかし結構動いてるではないか。そこに「業」を感じて、ほろっと落涙しそうに……。

    生けるレジェンドの意地。それが確認できただけで満足だ。最近ジャッキー化しているトム・クルーズの「更新」は驚異的だが、ジャッキーの「熟成」も映画史の貴重なドキュメントである。

    今年還暦を迎えたジャッキーが、元ムエタイ戦士と激突してボロボロになっていく。これだけで「なかなか勝てないヒーロー」を『酔拳』で目にした時の感動が甦るのである。

  • くれい響
    子持ちの公安になってもポリスト
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ポリス・ストーリー3』の頃に、想像すらできなかった公安警察を演じるジャッキーの姿。純度100%の中国映画ということで、これも時代の流れである。とはいえ、面白さが分からない『ラスト・ソルジャー』に比べれば、その仕上がりは雲泥の差。
    シチュエーション・スリラーの設定や、MMAを意識したデスマッチ・アクションなど、随所に渡り、製作陣のチャレンジ精神が感じられる。そのため、第三の人物といえる存在や、ヘヴィな展開ながらエンドロールにNG集を流すなどの力技もご愛嬌。ちなみに、こんな人間臭さが出ながら、同じ公安を描いた『ドラッグ・ウォー/毒戦』と違い、サラリ検閲をパスするあたり、さすがのジャッキーである。

  • ミルクマン斉藤
    何故これがジャッキーこだわりの「警察故事」シリーズなのか?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    父娘の葛藤が安易に解決しすぎだろうとか、そもそも犯人はコトを大きくし過ぎだろうとか、プロットそのものには既視感やユルさが目立つ。アクション引退に踏み切ってしまったあとのジャッキーにも気後れがあるのだろう、格闘シーンはどうにも冴えないし、悪役のリウ・イエにも『コネクテッド』で見せたような凶悪さがない(ま、同情すべき背景もある人物だが…いささか説得力に欠ける)。でもジャッキー×ディン・シェンのコンビ作としては、あの『ラスト・ソルジャー』よりずっとマシな印象だ。つまり、拉致監禁サスペンスとしてそれなりにまとまってはいるが、あの「警察故事」を名乗るにはみみっち過ぎないか?というのが最大の不満事。

  • 相馬 学
    同じ“ポリス”でもドラマに寄った“ストーリー”
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ここ数年、陽性アクション・スターのイメージに似合わぬ作品にも積極的に挑んできたジャッキー・チェン。人気ポリス・アクション・シリーズに戻っても以前と同じというワケにはいかない。

     建物内に監禁された刑事という設定は、さながらシチュエーション・スリラー。そこにミステリーや、ジャッキーふんする主人公と娘の親子愛のエビソードが絡む。彼らしいカンフー・アクションもあるが、基本はドラマ。そこに魅力を見出せるか否かが評価の分かれ目になる。

     ジャッキーも今年で60歳となり、アクション一辺倒を期待するのはさすがに酷。長年のファンとしては寂しいが、観客の側も彼の転向を受け入れるべき時なのだろう。

動画

映画『ポリス・ストーリー/レジェンド』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ポリス・ストーリー/レジェンド』ポスター
    ポスター
  • 映画『ポリス・ストーリー/レジェンド』チラシ
    チラシ
  • 映画『ポリス・ストーリー/レジェンド』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ポリス・ストーリー/レジェンド』本国版ビジュアルポストカード+『ポリス・ストーリー/レジェンド』の吹替版に声優として参加できる権利(1名のみ)
    本国版ビジュアルポストカード+『ポリス・ストーリー/レジェンド』の吹替版に声優として参加できる権利(1名のみ)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・編集:
アクション監督: ヘ・ジュン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ポリス・ストーリー/レジェンド』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ポリス・ストーリー レジェンド 」ポリス・ストーリーの冠は外したい from soramove (2015年2月11日 10時31分)
    映画「ポリス・ストーリー レジェンド」★★★DVD鑑賞 ジャッキー・チェン、リウ・イエ、ジン・ティエン グーリー・ナーザー、ジョウ・シャオオウ、リュウ・ハイロン出演 ディン・シェン監督、 110分 、2014年6月6日公開 2013年/中国 (原題/原作:警察故事 2013) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「アジアが誇るスーパースター、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ポリス・ストーリー/レジェンド』を見た【映画】ジャッキー・チェン主演の刑事アクション from カフェビショップ (2015年2月10日 7時9分)
    これはミステリーだね。 金田一少年の事件簿とか火サス系。 恨みによる復讐の話で、 犯人は入念な計画と準備をして関係者を集めて 復讐しようとするっていうやつ。 今回のジャッキー・チェンはコミカルジャッキーじゃなくて シリアスジャッキーです。 アクションを… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ポリス・ストーリー レジェンド」 from ここなつ映画レビュー (2014年6月9日 12時52分)
    遂にあの刑事が伝説となる!そう、自らの刑事人生(ポリス・ストーリー)に決着をつけるため、ジャッキーが帰ってきたのだ…!と、どんなに大袈裟に騒いでも許そう。だってジャッキー・チェン、2004年以来なんと10年振りの「ポリス・ストーリー」。10年前の「香港国際警察 NEW POLICE STORY」は凄かった。「あの」と指示語の意味だけならず修辞語・感嘆詞の「あの」を付けてもいい位凄かった。香港映画を観続けてきた私の十指に入る傑作。「ポリス・ストーリー」最高の一作と言い切れる。だから、10年経ち、ジャッキー・チ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ポリス・ストーリー/レジェンド from ダイターンクラッシュ!! (2014年6月7日 23時2分)
    2014年6月6日(金) 21:30~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1300円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 真面目な親爺。 『ポリス・ストーリー/レジェンド』公式サイト アクション映画に出ないと言っていた筈だが、これも立派なアクション。 密室劇なので、心理的な要素が強いのだが、ムエタイのデブ(実際は散打の元王者)に苦戦しながらも勝つという、痺れる姿を還暦ながら見せてくれる。 ポリス・ストーリーの冠を被り、原題にも警察故事とついているが、最初のシリーズの主人公とは別人。名前、ジョンだ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ポリス・ストーリー レジェンド (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年6月7日 3時35分)
    過去の作品にあるような大仕掛けのアクションはないけれど、個々のアクションは結構すごい。ただ話が途切れ途切れだったり、セリフがやたら多かったりしてスピード感に欠けると感じた。 エンド・クレジットでお約束のNGシーンがある。 □ クリスマスで賑わう北京で、刑事のジョンは半年も会っていない娘のミャオに呼び出されて繁華街にあるクラブ「ウー・バー"WuBar"」にやってくる。派手な化粧で現れた... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年6月2日の週の公開作品
  3. 『ポリス・ストーリー/レジェンド』