シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

リトル・フォレスト 夏・秋

公式サイト:http://littleforest-movie.jp/
リトル・フォレスト 夏・秋
(C) 「リトル・フォレスト」製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年8月30日
企画・制作プロダクション:
ROBOT
配給:
松竹メディア事業部
カラー

チェック:「魔女」などの五十嵐大介の人気コミックを基に、都会暮らしになじめず故郷の山村に帰ってきたヒロインが、自給自足の生活をしながら生きる力を取り戻す人間ドラマ。自然に寄り添った生活の中で、自分の生き方に思考を巡らす主人公を、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などの橋本愛が好演し、『重力ピエロ』などの森淳一が監督を務める。東北の四季の移ろいに合わせ夏編・秋編、冬編・春編の2部に分けて公開。

ストーリー:都会で生活してみたもののなじめなかったいち子(橋本愛)は、故郷である東北の小さな集落・小森に戻ってくる。近所にはスーパーもコンビニもないため、自ら作物を育て、野山で採ってきた季節の食材で日々の食事を作り、自給自足の生活を送っていた。不便ではあるが季節の移ろいを感じ、自然の恵みを食べながら、いち子は生きる活力を蓄えていく。

リトル・フォレスト 夏・秋
(C) 「リトル・フォレスト」製作委員会

映画短評

  • くれい響
    帰ってきた「海ごはん山ごはん」
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『桐島』「あまちゃん」に続く、橋本愛と松岡茉優の共演作であると同時に、森淳一監督の『重力ピエロ』以来、5年ぶりの劇場用新作である本作。「夏編」エンドロール後に、ふたたび松竹マークが出て「秋編」が始まる完全な2本立であることなど、とにかく挑戦的。原作同様に淡々と描かれる、自給自足に近い生活を送るヒロイン・いちこの日常。次々と旬の食材を使ったレシピを紹介し、出来上がった料理を美味く食べる表情を捉えるあたり、まさに“帰ってきた「海ごはん山ごはん」”。そのなかで、しっかり田舎暮らし&スローライフの厳しさも描き、ようやくストーリーが動き出したところでラストを迎える構成など、かなり計算されている。

動画

映画『リトル・フォレスト 夏編・秋編』予告編
映画『リトル・フォレスト』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『リトル・フォレスト 夏・秋』ポスター
    ポスター
  • 映画『リトル・フォレスト 夏・秋』チラシ
    チラシ
  • 映画『リトル・フォレスト 夏・秋』チラシ
    チラシ
  • 映画『リトル・フォレスト 夏・秋』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 五十嵐大介
監督・脚本:
フードディレクション: eatrip
音楽: 宮内優里
主題歌: FLOWER FLOWER
プロデューサー: 守屋圭一郎 / 石田聡子
撮影: 小野寺幸浩
美術: 禪洲幸久
録音: 田中博信
編集: 瀧田隆一
スタイリスト: 宮本茉莉
ヘアメイク: 小林真之

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『リトル・フォレスト 夏・秋』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショートレビュー「リトル・フォレスト 夏・秋・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年9月12日 21時31分)
    世界は命で満ちている。 やたらお腹の空く映画だった。 原作は、「海獣の子供」「カボチャの冒険」などで知られる五十嵐大介の同名漫画。 大自然に囲まれた東北の小さな村を舞台に、一人自給自足の生活を送るいち子の日常を描く春夏秋冬の四部作で、実際に東北に移り住んだ作者の体験をもとにしている。 一つの季節がほぼ一時間で語られ、それを2本ずつ纏めて公開するという企画性もユニーク。 今回公開... ...[外部サイトの続きを読む]
  • リトル・フォレスト 夏・秋 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年8月30日 19時43分)
    胃の中の蛙 公式サイト。五十嵐大介原作、森淳一監督。橋本愛、三浦貴大、松岡茉優、温水洋一、桐島かれん。1本の映画というより「夏」編、「秋」編同時連続上映という感じ。「夏 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月25日の週の公開作品
  3. 『リトル・フォレスト 夏・秋』