シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
美しい絵の崩壊
(C) 2012 HOPSCOTCH FEATURES PTY LTD, THE GRANDMOTHERS PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SCREEN NSW, CINE-@, MON VOISIN PRODUCTIONS, GAUMONT, FRANCE 2 CINEMA.
英題:
TWO MOTHERS
製作年:
2013年
製作国:
オーストラリア/フランス
日本公開:
2014年5月31日
(新宿武蔵野館 ほか)
上映時間:
配給:
トランスフォーマー
宣伝:
クレストインターナショナル
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

チェック:ナオミ・ワッツとロビン・ライトという演技派女優を主演に迎え、ドリス・レッシング原作の「グランド・マザーズ」を映画化した禁断の愛の物語。親友同士がお互いの息子と恋に落ち、一線を越えてしまったことから思いがけない運命を招くさまを映し出す。監督は、『ココ・アヴァン・シャネル』などのアンヌ・フォンテーヌ。女性の隠れた渇望を浮き彫りにする、背徳的で甘美なラブストーリーに酔いしれる。

ストーリー:オーストラリア東部の海辺の町で、ロズ(ロビン・ライト)とリル(ナオミ・ワッツ)は幼いころから姉妹のように育ってきた。現在は二人とも結婚して家庭を持ち、お互いの息子トム(ジェームズ・フレッシュヴィル)とイアン(ゼイヴィア・サミュエル)も母親たち同様親友同士だった。早くに父親を亡くしたイアンは、ロズを2人目の母親として慕っていたが……。

美しい絵の崩壊
(C) 2012 HOPSCOTCH FEATURES PTY LTD, THE GRANDMOTHERS PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SCREEN NSW, CINE-@, MON VOISIN PRODUCTIONS, GAUMONT, FRANCE 2 CINEMA.

映画短評

  • 中山 治美
    N・ワッツとR・ライトの起用で別の意味が…
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ママ友が、互いの息子と恋に堕ちる。法律上はノープロブレムだ。だが、N・ワッツとR・ライトという同系統の風貌を持つ2人を起用したことで妄想が膨らみ、官能さが増している。そう、連想するのは近親相姦…。゛男性は母親に似た女性に恋をする゛とか゛男は永遠なるマザコン゛という恋の格言を具現化したかのようだ。抱くのは嫌悪感か?羨望か? 個々人の道徳観を試されているかのようだ。
     一歩違えばアダルトビデオの世界だが、豪州の美しい風景に、人形のような美男美女の起用でお上品で高尚な雰囲気に仕上がっている。これだから、映像表現って面白い。

  • ミルクマン斉藤
    これは「崩壊」じゃなく「美しい絵の完成」だ。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    これはある種の「性的ユートピア」、それぞれの性的欲望に忠実な人々が幸福な時間を過ごすお話である。いっけん淫靡な設定ではあるから、あっけらかんと浮世離れしたオーストラリアの海と空の色が不釣り合いにも見えるが、基本的に常識外な関係性にこれほど相応しいロケーションはない。それはどこか日本の太陽族映画…とりわけ中平康『狂った果実』を想起させるもの。ま、4人の親密すぎる関係に巻き込まれた女性たちの怒りは判らぬでもないが、驚くほど“それはそれ”として描かれるのに監督の真意を感じる。そもそも疑似どころか真正レズと思われるR.ライトとN.ワッツがある時点で寝ていれば生まれなかったかも知れない物語だけどね。

  • 山縣みどり
    永遠に欲望の対象でありたい女の業は深い!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    小じわも美しい演技派女優2人を主役に据えたことで物語に相当の説得力が加わったファンタジックな女性ドラマだ。息子たちも親友という幼馴染みの美女2人とそれぞれの息子との関係が描かれるが、根底に流れるのは「アラフォーになっても若い男の欲望を刺激する女でありたい」という女の業だろう。遺伝子的なつながりがないのでセックスしても問題はないが、精神的には近親相姦に近い。美男美女が演じているし、女優たちが身につける素敵ファッションやおしゃれなインテリア、オーストラリアの美しい自然のせいでさらりと見てしまうが、母子依存とかエディプスコンプレックスにまで考えが及ぶと心の奥にドロリとした澱が残る。

動画

映画『美しい絵の崩壊』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『美しい絵の崩壊』ポスター
    ポスター
  • 映画『美しい絵の崩壊』チラシ
    チラシ
  • 映画『美しい絵の崩壊』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『美しい絵の崩壊』オーストラリアのオーガニックコスメ「マイエッセンス」のボディケアお試し3点セット(数量限定)
    オーストラリアのオーガニックコスメ「マイエッセンス」のボディケアお試し3点セット(数量限定)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚色:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『美しい絵の崩壊』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【映画】 美しい絵の崩壊 from 別冊 社内報 (2014年8月11日 10時54分)
    なんか気持ち悪い作品。 まさに午後1時半くらいにTVでやってる程度の出来。 仰々しく映画にするほどか。 映画評が二分していたのもわからないでもない。 ナオミ・ワッツは同い年。 欧米女性で46になるのに可愛らしさがポロポロ出てくるのは珍しい。 特に言い寄られる際の、困ったような表情をしながらのやや上目遣いは、やばい。 ■ 札幌劇場にて ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『美しい絵の崩壊』★その“家族たち“は波の上に危うく揺れる from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年8月4日 22時35分)
            作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164788/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   原題: TWO MOTHERS   母①  :リル(未亡人) 息子① :イアン 母②  :ロズ(経過中に、離婚) 息子② :トム &... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 美しい絵の崩壊(TWO MOTHERS) from シネマクマヤコン (2014年7月14日 1時0分)
    子供の頃から仲が良かった二人の母親と彼女らそれぞれの息子二人の非日常的な日常を描 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 美しい絵の崩壊 from 映画三昧、活字中毒 (2014年6月20日 0時53分)
    ■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞美しい絵の崩壊/TWO MOTHERS 2013年/オーストラリア、フランス/111分 監督: アンヌ・フォンテーヌ 出演: ナオミ・ワッツ/ロビン・ライト/ゼイヴィア・サミュエル/ジェームズ・フレッシュヴィル 公式サイト 公開: 2014年05月31日 幼馴染のリルとロズは、お互いに結婚し、子供が出来てからもずっと家族ぐるみの付き合いを... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 美しい絵の崩壊/TWO MOTHERS/ADORE from 我想一個人映画美的女人blog (2014年6月14日 12時27分)
    英国のノーベル賞作家ドリス・レッシングの原作を、「ココ・アヴァン・シャネル」の監督&脚本や、 「クロエ」の脚本家、フランスのアンヌ・フォンテーヌが映画化。 原題「TWO MOTHERS」ってあまりに短絡的。 だからといって、このカッコよさげな邦題。 だけど... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年5月26日の週の公開作品
  3. 『美しい絵の崩壊』