シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
肉
(C) 2013 We Are What We Are, LLC.
英題:
WE ARE WHAT WE ARE
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年5月10日
(新宿武蔵野館 ほか)
上映時間:
配給・宣伝:
トランスフォーマー
カラー/DCP

チェック:残酷でショッキングな描写がカンヌ国際映画祭やサンダンス映画祭で話題となったホラードラマ。平和で至って普通の一家の姉妹が、母親の死をきっかけに家族が抱えていた恐ろしい秘密を知ってしまう姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『ネズミゾンビ』『ステイク・ランド 戦いの旅路』の気鋭ジム・マイクル。『ザ・マスター』などのアンバー・チルダーズ、『マーサ、あるいはマーシー・メイ』などのジュリア・ガーナーが、主人公の姉妹を熱演する。全編を貫くダークな世界観とビジュアルも見どころ。

ストーリー:ニューヨーク州北部の田舎町。そこで生活しているパーカー家は、どこにでもいる慎ましく健全な一家にしか見えず、その長女アイリス(アンバー・チルダーズ)と次女ローズ(ジュリア・ガーナー)も自分たちがごく普通の家庭にいることを疑っていなかった。そんな中、母親のエマが思いも寄らぬ事故で亡くなってしまう。深い悲しみに沈むアイリスとローズだったが、亡き母親に代わって一家の秘められた儀式を執り行うことになる。だが、その儀式とは想像を絶するものだった。

肉
(C) 2013 We Are What We Are, LLC.

映画短評

  • 平沢 薫
    少女たちのうなじは柔らかな光を発する
    ★★★★
    »読む«閉じる

    いつも薄暗い廃屋のような家の中で、少女たちの耳の後からうなじにかけての柔らかな肌が、静かに微かな光を発している。その微光を存分に盗み見るための1作。

     画面に常に緊張感がみなぎっているのは、抑圧的な父親に支配された家で、母親の急死によって、残された姉妹の無意識の性的緊張が高まり続けていくためだ。定番通り、この緊張は最後に臨界点に達するが、そのときの"形"は大多数の予測を裏切るだろう。

     姉は高校を出たばかり、妹は14歳。姉妹には幼児の弟がいて、彼女たちの純真は、弟の無垢とは別物。少女というものの純粋さと無意識のエロティシズムが堪能できる。

  • 相馬 学
    期待にたがわぬストイック・ホラーの傑作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     日本では劇場未公開だった『ネズミゾンビ』『ステイク・ランド 戦いの旅路』における揺るぎない美意識で、個性的な才能がホラー界に現われたな……と思わせたジム・ミックルの新作は、やはり期待を裏切らないものだった。

     ある家族の日常を淡々と追う一方で、少女失踪事件の真相を追う構成。語り口は静かだが、不穏な空気をジワジワと高ぶらせ、クライマックスで一気に爆発させる。その抑揚に唸らされる。

     派手な描写を好むホラー・ファンにはお勧めしづらいが、ジャンル映画にある種の文学性を持ち込んだセンスには見るべきものがある。ミックルはしばらく追いかけたい。

  • ミルクマン斉藤
    これが私(たち)の生きる道♪
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ポスターだけで、ま、そんなネタだなと判るし、ジャンルとしてはホラーに分類されるだろう。でもゴア描写はほぼ無く、終始一貫してベルイマンや東欧映画っぽいアーティスティックな画面が続く。いや、そういうホラーはしばしばあって、僕のような内臓ぶちまけてナンボな数寄者は普通、ケッと蹴飛ばすだけだが、これは肚が座っているというべきか、格調さえ感じさせる美しさ。そもそも監督はインディペンデント系ホラーの才人であるから、呪われた家(といっても親はキリスト教原理主義者)に生まれた娘たちの精神的葛藤をしっかり描きながらも、でも「私たちは私たち」(これが原題)と最後に謳いあげて、観る者をある種の爽快感に導くのだ。

ポスター/チラシ

  • 映画『肉』ポスター
    ポスター
  • 映画『肉』チラシ
    チラシ
  • 映画『肉』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『肉』高級肉ステッカー
    高級肉ステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『肉』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【映画】 肉 from 別冊 社内報 (2014年7月30日 18時35分)
    子供が観てはいけません。 人肉って、独特の病気を発症するのですね。 ■ 札幌劇場にて(1日迄) ...[外部サイトの続きを読む]
  • from 映画三昧、活字中毒 (2014年6月20日 0時46分)
    ■ 新宿武蔵野館にて鑑賞肉/WE ARE WHAT WE ARE 2013年/アメリカ/105分 監督: ジム・ミックル 出演: ビル・セイジ/アンバー・チルダーズ/ジュリア・ガーナー/ジャック・ゴア/ケリー・マクギリス 公式サイト 公開: 2014年05月10日 洪水警報が出される程の大雨の日、パーカー家の主婦エマが側溝で溺死しているのが見つかる。夫のフランクは外出できない程に... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『肉』 (2013) from 相木悟の映画評 (2014年5月24日 11時30分)
    妖美漂うムード・ホラーに耽溺せよ! カルトホラーとアートホラーの狭間をたゆたい、不思議な余韻を残す怪作であった。 本作は、カンヌ、サンダンスと各映画祭にて、ショッキングな内容が物議をかもしたホラー・サスペンス。2010年公開のメキシコ産ホラー『猟奇的... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 肉/WE ARE WHAT WE ARE from 我想一個人映画美的女人blog (2014年5月12日 0時58分)
    レースで美しくデコレートされた文字には、「肉」 なんじゃこりゃー。お耽美な世界観に酔、、、、、う  そんな映画ではありません! 短編を集めた「ABC・オブ・デス」のホルヘ・ミッチェル・グラウ監督の傑作 スペイン映画『Somos lo que hay』(10)をリメイ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2014年5月5日の週の公開作品
  3. 『肉』