シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
複製された男
(C) 2013 RHOMBUS MEDIA (ENEMY) INC. / ROXBURY PICTURES S.L. / 9232-2437 QUEBEC INC. / MECANISMO FILMS, S.L. / ROXBURY ENEMY S.L. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
ENEMY
製作年:
2013年
製作国:
カナダ/スペイン
日本公開:
2014年7月18日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間:
配給:
クロックワークス / アルバトロス・フィルム
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

チェック:ノーベル文学賞作家でポルトガル出身のジョゼ・サラマーゴの小説を実写化したミステリー。至って普通の日々を送ってきた教師が、ある映画に自分と酷似した男が出ているのを見つけたことから思わぬ運命をたどっていく。メガホンを取るのは、『灼熱の魂』『プリズナーズ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。キャストには『ブロークバック・マウンテン』などのジェイク・ギレンホール、『マイ・ファミリー/遠い絆』などのメラニー・ロランら実力派が集う。全編を貫く不穏なムード、幻惑的な物語、緻密な映像が混然一体となった世界観に引きずり込まれる。

ストーリー:何も刺激のない日々に空虚なものを感じている、大学で歴史を教えているアダム・ベル(ジェイク・ギレンホール)。ある日、何げなく映画のDVDを観ていた彼は、劇中に出てくる俳優が自分自身とうり二つであることに驚く。彼がアンソニー・クレア(ジェイク・ギレンホール)という名だと知ったアダムは、さまざまな手を尽くして彼との面会を果たす。顔の作りのみならず、ひげの生やし方や胸にある傷痕までもが同じであることに戦慄(せんりつ)する。

複製された男
(C) 2013 RHOMBUS MEDIA (ENEMY) INC. / ROXBURY PICTURES S.L. / 9232-2437 QUEBEC INC. / MECANISMO FILMS, S.L. / ROXBURY ENEMY S.L. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    観客の読解力が試される不条理映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     基本的には、自分自身の別バージョンと遭遇してしまった2人の男たちのアイデンティティ・クライシスを描いた作品。随所に挿入される蜘蛛やブルーベリー、セックス・クラブなどの意味深なモチーフとイメージが、観客を底なしの不条理な世界へと引きずり込んでいく。
     姿形こそ自分と瓜二つでありながら、人格も個性も全く異なるもう一人の自分。それが人間の持つ潜在意識のメタファーであることは想像に難くないが、しかしそこから先の展開は見る者によって様々な解釈を可能にしていくはずだ。
     中でも、一度見ただけでは理解不能なクライマックスに思わず呆然。これほど観客の読解力や思考回路に挑んでくる映画もなかなかないだろう。

  • 山縣みどり
    SFミステリー、ではなく超現実主義的文学ドラマ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    自分と瓜二つの人間が存在すると知ったら? 私だったらまず避けるな、と考えながら、クローンたちが陰謀を暴くSFミステリーと思い込んだら……。予想は見事に裏切られ、主人公2人の対決はやがてアイデンティティへの執着へと向かい始める。そこから浮き彫りになる現代人の孤独や喪失感は非常に文学的だ。しかもカフカや安部公房の作品に通じる超現実主義文学ね。予期せぬ展開、陰影を効かせた映像、思わせぶりなモチーフ、一卵性双生児のような男たちを巧妙に演じ分けたジェイク・ギレンホールの役解釈とそれぞれに見応えあり。謎を提起したものの、解釈は観客に委ねるという監督の姿勢からもわかるが、正解はひとつではない!

  • 相馬 学
    ヘンな映画!? だから面白い!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『プリズナーズ』も記憶に新しい新世代の鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴの監督作だが、同作のような重厚なサスペンス色を期待すると肩透かしを食らう。

     自分にそっくりの、もうひとりの男はいったい何者か? サスペンスの体裁をとりつつも、闇討ちのようにクリーチャーが登場するに至って、これがどうやら普通ではないドラマであることがわかってくる。

     物語のつじつまを合わせて解釈しようとしても意味がない。そこに込められた浮気性の男心をめぐる寓意や、カフカ的な不条理のスリルを味わうべき。“ヘンな映画”ではあるが、“ヘン”では片づけられない強烈な吸引力が宿るカルト・ムービー。ハマった。

  • 平沢 薫
    次はテッド・チャンのSFを映画化するらしい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    主人公と彼にそっくりな男が初めて対面するのは安ホテルの一室なのだが、窓のカーテンが下ろされていて、午後なのに夕方の薄暗さに充ちている。そのため、2人の差異を見極める以前に、2人の輪郭が鮮明さを失っていく。そして、このシーンを境に、さまざまな境界線の崩壊が、加速されていく。実際に起きていることと、登場人物の心象風景の境目が、ふとした瞬間にほころびる。意識と無意識の違いが曖昧になっていく。その感覚が、彩度を抑えた色調と、いつも薄い闇が溶けているかのような明度で、視覚化されている。

    この監督がテッド・チャンのSF「あなたの人生の物語」の映画化を企画中とのことでそちらも楽しみ。

動画

映画『複製された男』Blu-ray&DVD予告編
映画『複製された男』対峙シーン
映画『複製された男』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『複製された男』ポスター
    ポスター
  • 映画『複製された男』チラシ
    チラシ
  • 映画『複製された男』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロダクションデザイン: パトリス・ヴァーメット
衣装デザイン: レネー・エイプリル

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『複製された男』の映画ニュース

  • 2017年10月6日全米公開予定で製作準備が進められている映画『ブレードランナー』続編に、『キャプテン・フィリップス』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたバーカッ...不明。 監督は、映画『ボーダーライン』『複製された男』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。リドリー・スコ...
  • エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ主演で麻薬戦争を描いた映画『ボーダーライン』(2015)の続編、『ソルダード(原題) / Soldado』の監督候補に、『暗黒街』(日...なぎる社会派サスペンス映画。前作では、『複製された男』などのカナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ...
  • ハリソン・フォード主演のSF映画『ブレードランナー』(1982)の続編が、2018年1月12日に全米公開されることが決定した。米ワーナー・ブラザースが発表した。 同作は、巨匠...た『ボーダーライン』(4月9日公開)や、『複製された男』『プリズナーズ』などのドゥニ・ヴィルヌ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『複製された男』を観ました【映画】ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴ原作、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ジェイク・ギレンホール主演の不条理劇 from カフェビショップ (2015年1月27日 6時58分)
    これはなんだか安部公房の小説みたいな話だね。 不安をあおる不協和音がずっと鳴ってる。 これは不条理な心理劇っていうやつなのかなあ。 目の前に展開していることは 何かの暗喩であって現実ではないので 額面通りにとらえるのではなく 何を意味するのかを考えなが… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『 複製された男 』道は開かれる from 映画@見取り八段 (2015年1月21日 2時7分)
    複製された男 ~ ENEMY ~      監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ    キャスト: ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ、ジョシュ・ピース、ティム・ポスト、ケダー・ブラウン、ダリル・ディン、ミシャ・ハイステッド、メ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「複製された男」 ネタバレ&あらすじ サラ・ガドンとメラニー・ロランがヌードに(;゜Д゜)! from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年1月19日 0時4分)
    なるほど・・・何通りもの考え方がある ノーベル文学賞作家でポルトガル出身のジョゼ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『複製された男』★男たちの謎は迷宮に(>_<)withクモ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年9月4日 20時34分)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164999/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   ある日、自分と瓜二つの人間の存在を知った男たち―― 大学教員アダムは、そっくりなビデオの男優アンソニーに逢いに行きました。 とりあえず、興味から逢いに行きたくなりますよね…. で、そうするか?どうなるか? そして、なぜ、そっくりな人間がいるのか??? &n... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 複製された男 from 映画三昧、活字中毒 (2014年8月7日 21時27分)
    ■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞複製された男/ENEMY 2013年/カナダ、スペイン/90分 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: ジェイク・ギレンホール/メラニー・ロラン/サラ・ガドン/イザベラ・ロッセリーニ/ジョシュア・ピース 公式サイト 公開: 2014年07月18日 大学の歴史の教員アダム・ベルは、ある日同僚に勧められて観たDVDに、自分と瓜二つの俳優が出演してい... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年7月14日の週の公開作品
  3. 『複製された男』