シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

消えた画(え) クメール・ルージュの真実

消えた画(え) クメール・ルージュの真実
(C) CDP / ARTE France / Bophana Production 2013 - All rights reserved
英題:
THE MISSING PICTURE
製作年:
2013年
製作国:
カンボジア/フランス
日本公開:
2014年7月5日
(ユーロスペース)
上映時間:
配給:
太秦
共同製作:
カトリーヌ・デュサール・プロダクション / アルテ・フランス / ボファナ・プロダクション
協力:
東京フィルメックス / 現代企画室 / シネマトリックス / ユーロスペース
カラー/HD

チェック:『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』などで知られるリティ・パニュ監督が、自身の体験を基にポル・ポト政権下のカンボジアを描く異色ドキュメンタリー。クメール・ルージュの弾圧により家族や多くの友人を失った同監督が、祖国が体験した恐怖の支配を語り継ぐ。当時の映像は支配者層によって大半が廃棄されていたため、素朴なクレイアニメと実写を織り交ぜて失われた記憶を再現し、第86回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートなど多方面で絶賛された。

ストーリー:1970年代、共産主義を掲げるクメール・ルージュ(カンボジア共産党)の支配下、国民の多くが不幸な目に遭った。そんな時代に少年期を過ごし、家族や友人を失った映画監督リティ・パニュが自らの体験を基に、恐怖に支配された当時のカンボジアをクレイアニメと貴重な記録映像を織り交ぜて再現していく。

消えた画(え) クメール・ルージュの真実
(C) CDP / ARTE France / Bophana Production 2013 - All rights reserved

映画短評

  • 中山 治美
    カンボジアの悲劇を雄弁に語る、愛しき土人形たち
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     想像して欲しい。何者かによって強制的に家族写真や思い出の品を破棄させられたから、記憶を辿りながら土人形に命を吹き込む。しかもその土は、殺害された人たちの血や涙を吸い込んでいるかもしれないものだ。そうしてリティ・パニュ監督は、頭から消えることのないポル・ポトによって汚された少年期の忌まわしくも、しかし家族と過ごした貴重な記憶を再現した。こんなに切ない喪の作業があるだろうか。
     パニュ監督は長年、クメール・ルージュによって消された歴史を、発掘・保存する活動に身を捧げてきた。その執念や怒りは、翻って豊かな創造を生み出す原動力となりうることも本作で実証したと言えるだろう。

  • ミルクマン斉藤
    自死した父も最初は信じた“ファシストの嘘”。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    死者の埋まった水田の土と水で、その死者たちの泥人形を作る……なんと素晴らしくアジア的でアニミズム的な趣向ではないか。クメール・ルージュ独裁以前のフィルム(歌と踊りの娯楽映画含む)は失われ、残ったのは個性と感情を否定され、人間がただの機械部品として機能する“理想世界”を宣伝するプロパガンダ映画だけ(考案された老人介護機は『モダン・タイムス』の機械そっくり。笑えない)。ほとんどが惨酷な状況下で“消えて”しまった、その時代の人々の真実の声を、精緻なジオラマの中に置かれた動かない泥人形たち(これはアニメーションではない!)が語り叫ぶ。その雄弁さに、いささか招霊の儀式めいた神秘を感じたのは僕だけか。

  • なかざわひでゆき
    素朴な人形たちが恐怖政治の実態を如実に物語る
    ★★★★
    »読む«閉じる

     思春期に強制労働キャンプで両親や親族を失い、たった一人で生き延びたという壮絶な経験をしたリティ・パニュ監督が、初めて自らの暗い生い立ちと向き合ったノンフィクション。
     カンボジアで170万人もの命を奪ったクメール・ルージュの大虐殺。その犠牲者が眠る土から作られた人形を使って、パニュ監督の過去が再現される。なんの変哲もない普通の人形だが、交互に挿入される当時のプロパガンダ映画に映る空虚な人々の姿と対比されることにより、いつしか豊かな感情と魂が宿っていく。その繊細な叙情性は、逆に恐怖政治の実態を感情的に強く訴えかける。ショッキングな記録映像を見せられるよりも、それはある意味ではるかに生々しい。

  • 森 直人
    「記録」以上に真実を語る「記憶」の土人形たち
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ポル・ポト率いるクメール・ルージュの虐殺を扱った劇映画では『キリング・フィールド』が有名だが、本作『消えた画』の生々しい悲痛さには比べようもない。少年期に内戦を体験して家族を失った監督リティ・パニュが、数百万人もの犠牲者が眠るカンボジアの大地を材料にした手作りの土人形を使って自らの記憶を映画にしたのだ。

    かつてパニュは『S21』という『アクト・オブ・キリング』の先駆け的な手法のドキュメンタリーを発表しているが、今作のリアリズムを超えた表現の方が、映画の持つ「伝える力」の真価を教えてくれる。これは念のこもった悲しい絵本のようであり、中沢啓治にとっての『はだしのゲン』に当たるものかもしれない。

動画

映画『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』ポスター
    ポスター
  • 映画『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』チラシ
    チラシ
  • 映画『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』チラシ
    チラシ

スタッフ

脚本・監督・編集:
ナレーション: ランダル・ドゥー
人形制作: サリス・マン
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』の映画ニュース

  • 先週の公開以来、多くの反響を呼んでいる映画『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』のトークイベントが12日、ユーロスペースで行われ、クメール・ルージュ(カンボジア...しで訴え掛けていた。(磯部正和) 映画『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』はユーロスペ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「消えた画(え) クメール・ルージュの真実」 from ここなつ映画レビュー (2014年8月11日 12時34分)
    大変真面目で深淵で、芸術の粋を極めた作品。真の意味での芸術。物言わぬクレイ人形に魂が打ちのめされる。そして、歴史の事なんか何も知らなかったんだ、と、自分の無知に二重に打ちのめされる。ポル・ポト政権、クメール・ルージュがどんな政権だったのか、よく知らなかった。もちろん、共産主義至上で虐殺を行った圧政だった、という、断片的で表面的な情報は知っている。プノンペン近郊の頭蓋骨が積まれた写真などはあまりにも有名。アンコール・ワットが危険地帯だった事。地雷が今も残る事。難民達。元々肥沃な大地(実際にかつては食糧輸出量が ...[外部サイトの続きを読む]
  • The Missing Picture (消えた画 クメール・ルージュの真実) from Cinema Review シネマ・レビュー (2014年7月14日 8時14分)
    L'image manquante(2013) English title: The Missing Picture★★★☆☆ (Cambodia/France) 日本語タイトル: 消えた画(え) クメール・ルージュの真実 official site: http://www.u-picc.com/kietae/ Director: Rithy Panh(リティ・パニュ)... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年6月30日の週の公開作品
  3. 『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』