シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

西遊記~はじまりのはじまり~

公式サイト:http://saiyu-movie.com
西遊記~はじまりのはじまり~
(C) 2013 Bingo Movie Development Limited
英題:
JOURNEY TO THE WEST: CONQUERING THE DEMONS
製作年:
2013年
製作国:
中国
日本公開:
2014年11月21日
(TOHOシネマズ有楽座ほか)
上映時間:
配給:
日活 / 東宝東和
配給協力:
東京テアトル
カラー

チェック:香港のスター、チャウ・シンチーが『ミラクル7号』以来となる監督を務めたアクション。中国の伝奇小説「西遊記」を題材に、三蔵法師と孫悟空ら4人が出会う以前の物語を、チャウ・シンチー流ユーモアを交えて活写する。『海洋天堂』などのウェン・ジャンが主演を務め、ヒロインを『傷だらけの男たち』などのスー・チーが熱演。驚異の妖怪バトルや、怒とうの笑いと感動と涙の物語に夢中になる。

ストーリー:若き妖怪ハンター玄奘(ウェン・ジャン)は、“わらべ唄 三百首”を武器に妖怪たちの善の心を呼び起こそうとするがいつもうまくいかない。ある日、彼が半魚半獣の妖怪に襲われた川辺の村で、村人たちと協力して陸に上げた魔物が人間の姿に変身する。玄奘が歌うわらべ唄は全然効果がなく、逆に攻撃された彼を女性妖怪ハンターの段(スー・チー)が救う。

西遊記~はじまりのはじまり~
(C) 2013 Bingo Movie Development Limited

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    耳に残るは『Gメン75』(笑)。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    周星馳の西遊記といえば20年近く前の傑作『チャイニーズ・オデッセイ』だが、無茶苦茶な中にもロマンティックな味付けがある(とはいえ超強いスー・チーが何故かヘタレな玄奘にストーカーするという…)こと以外ほぼ無関係。星馳は出てないが、主役のウェン・ジャンがほぼ完コピ状態なので、不在による寂しさは案外少ない。孫悟空はほとんど『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラム、沙悟浄がグエムルだったりするのはまあいいとして、妖怪化する以前の本性がなんともショボくて苦笑。ライバル降魔師・空虚王子(お供は素人っぽさ全開のおばさん)とのやりとりもホントどうかしていて素敵すぎ。このグダグダ四人組の天竺行が早く観たい!

  • なかざわひでゆき
    人間の可笑しさも哀しさも残酷さも内包したアジア的な怪異譚
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     三蔵法師が実は妖怪ハンターだったという設定のもと、自由奔放な発想と唐突なギャグのつるべ打ちで「西遊記」の前日談を賑やかに描くチャウ・シンチー監督最新作。
     そういえば孫悟空も猪八戒も沙悟浄も妖怪だったんだよな、と再認識させられる伝奇調の怪異譚には、人間の可笑しさも哀しさも残酷さも内包したアジア圏特有の湿った空気が漂い、日本人にもどこか懐かしい心地良さが感じられるだろう。
     さらに、日本人ならニンマリさせられるのが「Gメン’75」のテーマ曲。本編でどう使われているのかを見れば、ただ単なるネタでは決してないことが理解できるはず。それだけに、一昔前のようなCGの微妙な低クオリティが惜しまれる。

  • 山縣みどり
    お馴染みの伝記小説がシンチーの手にかかると!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    孫悟空=マチャアキな世代だし、西遊記なんて退屈かも。と思っていたら、チャウ・シンチー作の前日譚で目からウロコがぽろり。プレ三蔵法師こと玄獎が妖怪ハンターという設定がまず楽しいし、登場する奇想天外な妖怪たちの哀切もバカバカしくて笑える。コラーゲンでお肌ぴかぴかの猪八戒にはうっとりだ! 平和な村を怪魚が襲う冒頭からアクション全開、笑いも全開、特撮も全開! 玄獎の成長物語としての後半の展開が素晴らしく、チャーミングなスーチー扮する女妖怪ハンターに惚れられても色即是空を通す姿は拝みたくなるほど神々しい。そうだ、アドリブ乱発な孫悟空とスーチーの掛け合いは必見。彼女のこらえきれない笑みがキュートなの。

  • くれい響
    スピルバーグから板野サーカスまで、ガッツリやってます!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    スピルバーグ・ヲタのチャウ・シンチーらしく、『E.T.』オマージュの前作『ミラクル7号』に続き、容赦しない『ジョーズ』オマージュから始まる本作。18年前に西遊記をテーマにした『チャイニーズ・オデッセイ』2部作に比べれば、かなり分かりやすく一般向け。シンチー自身の出演もないながら、シンチー作品に仕上げるため、敬愛する“師匠”のサポートに徹した俊英、デレク・クォック監督の功績も認めたい。そして、板野サーカス全開なゲーム「アスラズ ラース」なクライマックスや、ドリフの人形劇「飛べ!孫悟空」でもやっていた「Gメン」歩きなど、相変わらずジャパニーズ・カルチャーに対する造詣の深さには頭が下がるばかりだ。

  • 平沢 薫
    ベタなギャグ×ド派手VFX×カンフーが盛り盛り
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    猪八戒のシーンは、京劇の様式入り、音楽は70年代のTV番組「Gメン75」のテーマ、ギャグはオヤジ系、なのだが、このレトロな感じは、大古典「西遊記」への敬意の表明というより、「少林サッカー」のチャウ・シンチー監督・脚本の持ち味。主人公は孫悟空ではなく三蔵法師、しかもまだ修行中の若者という設定は、ハリウッドで大流行中のおとぎ話の再構築仕様だが、この映画が楽しいのは、そんな設定のせいではない。いかにも東洋的な来歴とデザインの妖怪たちが、チャウ・シンチー流のベタなギャグと特殊効果とカンフーで暴れまくるだけで楽しい。

    必見なのは、ラスト近くのあるシーン。ここだけ、東洋版「2001年宇宙の旅」かも。

  • 森 直人
    鳥山明先生も絶賛しておられます!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    50歳を越えたチャウ・シンチーが監督のみに徹した英断に拍手! 中国の若手俳優ウェン・ジャンを主演に北京語で撮る――という現実的な選択での成功。香港活劇術の継承と、自らの加齢との闘いという両方において、ジャッキー・チェンとは異なるロールモデルの道を切り開いたと言えるかも。

    作風は『少林サッカー』『カンフーハッスル』より王道寄り(80年代ハリウッド味)。内容は『西遊記』エピソードZEROで、音楽にはゴダイゴ……ならぬ『Gメン‘75』のテーマも使用。「菊池俊輔」で『ドラゴンボール』につながったりも。

    何より若き日の三蔵法師が純情な妖怪ハンターとして登場する、懐かしめの少年ジャンプ感がたまらない!

  • 相馬 学
    エンタメのツボを心得た、シンチー久々の快作!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『少林サッカー』をピークにハチャメチャさが薄れ、ちょっと寂しいなと思っていたが、そんな中でのチャウ・シンチーの逆転打。おなじみの『西遊記』を解体し、予測不可能な前日談に仕上げてみせた。

     冒頭の水辺の怪物の襲来からして『ジョーズ』を超える凄まじさ。観客を飽きさないスピルバーグ風のノンストップ演出を踏まえつつ、それを突き抜ける思い切りのよさに、まずは唸らされる。

     中盤以降はそんなスリルにシンチー作品らしいコメディ・テイストが加わって、ノリの良さは加速。ダメ男の奮闘を描きつつヒロイン、スー・チーを徹底的に愛らしく見せる点も技ありで、心を奪われた。円熟を感じさせる、シンチー久々の快作。

動画

映画『西遊記~はじまりのはじまり~』予告編
映画『西遊記~はじまりのはじまり~』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『西遊記~はじまりのはじまり~』ポスター
    ポスター
  • 映画『西遊記~はじまりのはじまり~』ポスター
    ポスター
  • 映画『西遊記~はじまりのはじまり~』チラシ
    チラシ
  • 映画『西遊記~はじまりのはじまり~』チラシ
    チラシ

スタッフ

エクゼクティブプロデューサー・脚本・監督:
エクゼクティブプロデューサー: エレン・エリアソフ / ドン・ピン / ビル・コン
プロデューサー: アイヴィー・コン
アソシエイトプロデューサー: アリス・チョウ
共同監督・脚本: デレク・クォック
アクション指導: クー・フエンチウ
ポストプロダクションスーパバイザー: アンジー・ラム
視覚効果監督: ケン・ロー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「西遊記 はじまりのはじまり」 from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年5月18日 0時5分)
    西遊記を本場中国が描く[E:sign01] 香港のスター、チャウ・シンチーが『ミ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『 西遊記~はじまりのはじまり~ 』エピソード0・妖怪ハンター編 from 映画@見取り八段 (2014年12月5日 2時1分)
    西遊記~はじまりのはじまり~~ 西遊 降魔篇 ~     監督: チャウ・シンチー、デレク・クォック    キャスト: ウェン・ジャン、ショウ・ルオ、スー・チー、ホアン・ボー、クリッシー・チョウ、シン・ユー、リー・ションチン、チウ・チーリンスー・チー、チェン… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「西遊記~はじまりのはじまり~」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2014年12月1日 1時43分)
    今日は最初っから期待していない映画でしたが、なかなかどうして。単純にバカバカしくも面白い映画でした。文化の違いもあるのでしょうが、若干、甘っちょろい予定調和をものの見事に吹き飛ばす展開もグッド。深く考えず、バカバカしさに付き合える精神状態であればオス… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 西遊記~はじまりのはじまり~ from ダイターンクラッシュ!! (2014年12月1日 0時5分)
    2014年11月29日(土) 18:30~ TOHOシネマズ有楽座 料金:1400円(チケットフナキでTOHOシネマズPASSPORTとかいう1300円正貨のものを購入) パンフレット:未確認 スー・チーが衰えていなくて嬉しい 『西遊記~はじまりのはじまり~』公式サイト 一方、チャウ・シンチーは白髪魔人になってしまったのでか、出演せず。 笑いの箇所が2か所くらいしか無く、ドリフ級のコントをしつこく繰り返していた、チャウ・シンチーが孫悟空を演じた「チャイニーズ・オデッセイ」に比較すると笑えない。 空 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 西遊記 はじまりのはじまり/好きな人だけどうぞ from MOVIE BOYS (2014年11月24日 18時0分)
    『少林サッカー』のチャウ・シンチーが監督を務めるアクション・コメディ。サブタイトルにある通り玄奘が三蔵法師となり、孫悟空を仲間にして天竺へと旅立つまでが描かれている。主演の玄奘を『海洋天堂』のウェン・ジャンが、ヒロインを『狙った恋の落とし方。』のスー・チーが演じている。バカバカしい笑い、VFXを駆使した妖怪たちのバトルが見もの。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月17日の週の公開作品
  3. 『西遊記~はじまりのはじまり~』