シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
海月姫
(C) 2014『海月姫』製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年12月27日
上映時間:
製作:
『海月姫』製作委員会
制作・配給:
アスミック・エース
制作協力プロダクション:
ギークサイト
カラー

チェック:ベストセラーを記録し、アニメ化もされた東村アキコのコミックを実写化した異色ドラマ。オタ女子ばかりが住人の男子禁制アパートに暮らすクラゲオタクの女性が、女装男子と育む不思議な友情を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『映画 ひみつのアッコちゃん』などの川村泰祐。テレビドラマ「あまちゃん」がブレイクした能年玲奈と『男子高校生の日常』などの菅田将暉が、主人公の男女を熱演する。オタクネタを随所にちりばめた物語もさることながら、ヒロインのオタ仲間にふんした池脇千鶴、太田莉菜、篠原ともえらの怪演も見もの。

ストーリー:人生において男は不要だと考えるオタ女子集団「尼~ず」の面々が集まる、男子は立ち入り禁止のアパート天水館。そこに暮らすクラゲオタクの月海(能年玲奈)は、熱帯魚ショップでひと悶着(もんちゃく)あったところをファッショナブルな女性に助けてもらう。次の日の朝、ひょんなことから彼女が女装をしていた蔵之介(菅田将暉)という男性だとわかって驚がくする。それを機に、蔵之介は男性であることを秘密にし天水館に出入りする。月海たちと蔵之介が交流を深める中、天水館の取り壊しが決まってしまう。

海月姫
(C) 2014『海月姫』製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社

映画短評

  • なかざわひでゆき
    オフビート感が微妙にぎこちない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     古いアパートで共同生活する筋金入りのオタク女子集団と自由奔放な女装男子の奇妙な友情、そして土地の再開発計画から自分たちの城を守ろうとする彼らの奮闘が描かれる。
     オタクを極端にデフォルメしたマンガ的なノリは、そもそもコミックが原作なのでヨシとしよう。ただ、作り手に思い切りが足りないこともあってか、そのオフビート感が微妙にぎこちない。特に後半はテンポの悪さも相まって尻つぼみな印象。
     とはいえ、純情で奥手なオタク美少女の能年玲奈は超絶にカワイイし、オタク仲間を演じる脇役陣の怪演も目を引く。菅田将暉の女装姿も予想以上にキレイ。ただ、暗闇じゃない限りは絶対に男だとバレると思うけど(^^;

  • くれい響
    結果『そこのみにて』組が持ってきます
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『こち亀』にしろ、『アッコちゃん』にしろ、『L・DK』にしろ、どんなコミック原作も川村泰祐監督に手にかかると、いつも歯がゆい仕上がりになるのだが、本作も御多分に洩れず。“石化”するヴィジュアル面など、やることはやっていながら、やっぱり監督自身がどこかフッ切れていないのだ。さらに、後半からクライマックスへの流れが異常に悪いのも問題だ。『ホットロード』と別アプローチで攻めた能年玲奈の選択は正解だが、女装はさておき、常に飛び跳ねているような菅田将暉と、最後の最後までまったく誰だが分からない池脇千鶴の存在感にはかなわない。つまり、ここでも『そこのみにて光輝く』組がガッツリ爪痕を残している。

  • ミルクマン斉藤
    可愛いだけじゃダメだよねえ。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    正直キャスティングで見せる映画。『あまちゃん』のイメージにも近い能年ちゃんはやたら可愛いし、女装した菅田将暉の美しさには唖然。天水館に集うオタク集団も個性が強く楽しいものの、馬場園梓以外誰が演じてるのかまったく想像もつかずエンドクレジットで仰天(気配まで消すとはみんな凄いが、おそろしく損な役回りだ)。女狐・片瀬那奈の吹っ切れぷりも素晴らしく、みんなでワチャワチャやってる前半はそれなりに楽しいものの……ドレスを作り始めてからはいきなりテンポが落ち、クライマックスのファッションショウなどもはやグダグダ。20分切ればシェイプアップできるのに…と思わせる締りのない演出が最大の欠点だ。

動画

映画『海月姫』予告編
映画『海月姫』特報映像

ポスター/チラシ

  • 映画『海月姫』ポスター
    ポスター
  • 映画『海月姫』ポスター
    ポスター
  • 映画『海月姫』チラシ
    チラシ
  • 映画『海月姫』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
脚本: 大野敏哉
原作: 東村アキコ
ドレスデザイン・スタイリスト: 飯嶋久美子
音楽: 前山田健一
主題歌: SEKAI NO OWARI
エグゼクティブプロデューサー: 豊島雅郎 / 鈴木伸育
プロデューサー: 井手陽子 / 宇田充 / 松下卓也
共同プロデューサー: 鈴木俊輔 / 加茂義隆
アソシエイトプロデューサー: 坪屋有紀
ラインプロデューサー: 橋本竜太
撮影: 福本淳
照明: 市川徳充
美術: 笠井亜紀
録音: 小松将人
編集: 森下博昭
装飾: 渡辺大智
助監督: 成瀬朋一
衣装: 井手珠美
ヘアメイク: 赤間直幸
スクリプター: 中田秀子
テクニカルプロデューサー: 大屋哲男
VFXプロデューサー: 道木伸隆
音楽プロデューサー: 安井輝

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『海月姫』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 海月姫 (2014、日本) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年1月18日 3時23分)
    あまちゃんは見たことないし、原作コミックは存在さえ知らない。この映画が公開された時、海月の読み方も知らなかった。けれど、おもしろかった。 固まるタイミングが良くて笑った。 蔵之介が水族館に行く月海をコーディネートしたのが自然で良かった。でも、ファッションショーのドレスはよくわからん。 化粧してなくても眼鏡をかけてても能年玲奈はかわいい。 □ 自分はモテないと思い込んでいるクラゲオ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 海月姫 from 単館系 (2015年1月3日 23時30分)
    海月姫 ユナイテッドシネマ浦和 2014/12/27公開 人生において男は不要だと考えるオタ女子集団「尼~ず」の 面々が集まる、男子は立ち入り禁止のアパート天水館。 そこに暮らすクラゲオタクの月海(能年玲奈)は、熱帯魚ショップで ひと悶着(もんちゃく)あったところをファッショナブルな女性に助けてもらう。 次の日の朝、ひょんなことから彼女が女装をしていた蔵之介(菅田将暉)という男... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「海月姫」  意外によくできている、篠原ともえ・池脇千鶴も好演技 from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2014年12月31日 19時1分)
    Movie Walkerの評価がいまいちだったけど観ました。 原作も結構好きです。 結構いいです。 なんと言っても、蔵之助役の人がいい。 女装っぷりがいいし、それでいて男であるというところをちゃんとしている。 尼ーずも結構いい感じで、原作の雰囲気をちゃんとしようとして… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 海月姫 from ダイターンクラッシュ!! (2014年12月31日 13時2分)
    2014年12月30日(火) 17:40~ 109シネマズ川崎2 料金:1300円(シネマポイントカードデイ) パンフレット:未確認 主役は、菅田 『海月姫』公式サイト 腐女子と間違って名乗っているが、┌(┌^o^)┐ホモォ…ではないので、単なるヲタクである。 キャラクターが、映像で見事に再現されている。 千鶴ちゃんは、アフロということもあるが、全く気が付かなかった。シノラーも。 片瀬那奈さんが、又もや狂った役柄を演じている。綺麗なのに、いつも素晴らしい仕事をする人だ。大久保佳代子、島崎和歌 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「海月姫」:能年ちゃんがどんくさくてステキ? from 大江戸時夫の東京温度 (2014年12月30日 0時27分)
    映画『海月姫』は、とにかく能年玲奈を見るためだけの映画というスタンスで鑑賞したた ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月22日の週の公開作品
  3. 『海月姫』