シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
新宿スワン
(C) 2015「新宿スワン」製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年5月30日
(TOHOシネマズ新宿ほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

チェック:ベストセラーを誇る和久井健の漫画を実写化したドラマ。新宿の歌舞伎町を舞台に、スカウトマンの青年がさまざまな女性を水商売、風俗、AVといった世界へと送り出しながら奔走する姿を追う。監督は『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』などの園子温。『そこのみにて光輝く』などの綾野剛、『闇金ウシジマくん』シリーズなどの山田孝之、『ヘルタースケルター』などの沢尻エリカ、『あしたのジョー』などの伊勢谷友介と豪華な面々が結集。彼らが織り成す濃密な展開に加え、園監督ならではの鮮烈なタッチにも注目。

ストーリー:一文なしだが野心だけは人一倍ある白鳥龍彦(綾野剛)は、新宿・歌舞伎町に乗り込んで一旗揚げようと決意する。ひょんなことから彼は、名の知れたスカウトマンとして数々の伝説を持つ真虎(伊勢谷友介)に誘われてスカウト会社バーストの社員に。歌舞伎町をゆく女性たちに声を掛けては、水商売、風俗、AVの仕事をあっせんし、その紹介料をつかんでいく龍彦。さまざまな人物や出来事と対峙(たいじ)しながら、彼はスカウトマンとして、一人の人間として大きく成長していく。

新宿スワン
(C) 2015「新宿スワン」製作委員会

映画短評

  • 森 直人
    おそらく今年No.1の男優祭り!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    今年4連発が控える園子温、まずは快走スタート。『地獄でなぜ悪い』で示した深作愛が、仁義なきスカウトバトルで職人的に活用された。その高性能な演出力に加え、監督独特の泥臭さが水商売の色気に接続!

    結果、『アウトレイジ』ばりに男優の「ワルイイ顔」が立ち並ぶ事に。綾野剛、山田孝之、伊勢谷友介を始め全員最高。『龍三』『ビリギャル』など「悪役」でフル稼働の安田顕も特筆すべき。

    歌舞伎町も風営法強化以前のパワーが漲る「成り上がり空間」として描出されており、ヤンキー的純情も効いているので原作ファンの満足度も高いのでは。アゲハ(沢尻エリカ)のパートは原作よりスウィートで、『愛のむきだし』を連想したりも。

  • なかざわひでゆき
    スカウトマンをヒーローとして描くことには抵抗アリ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     歌舞伎町を舞台にした2大スカウト勢力の抗争劇を軸にしつつ、どん底から這い上がる熱血新米スカウトマンが、様々な事情を抱えて水商売に身を投じる若い女性たちを幸せにすべく奔走する。
     歓楽街の表通りから裏路地までカメラが駆け回る映像にはリアルなストリート感が漲り、金と欲望と暴力の渦巻く群像劇にもシャープな緊張感が漂う。アウトロー系バイオレンスとしての面白さは十分だ。
     ただ、若い女性をキャバクラやソープなどに紹介して手数料を取るスカウトは、所詮は女衒やポン引きの類であることに変わりない。そうしたダークサイドも盛り込んではいるものの、それでも主人公をある種のヒーローとして描くことには抵抗を感じる。

  • くれい響
    限りなく“スカウト版『クローズZERO』”
    ★★★★
    »読む«閉じる

    139分の長尺ながら、恐ろしいほど安心して観られるのは、限りなく“スカウト版『クローズZERO』”なキャスティングと展開によるところが大きい。さらに、カメラが山本英夫ということで(亡き「新宿ミラノ座」の屋上や外階段の景色は壮観!)、監督のクレジットは園子温なのに、三池崇史監督作を観ているような感覚に陥る。また、劇中ヘルスが出てこようが、エロさを感じさせないのは女性客に向けての配慮にも思えるが、『闇金ウシジマくん』のような怖さに欠けるのは、若干モノ足りない。とはいえ、俳優・綾野剛の勢いを感じさせる一本であることは間違いなく、同じマタ山本作品としても『ルパン』より続編が観たいと思わせてくれる。

動画

映画『新宿スワン』予告編
映画『新宿スワン』特報映像

ポスター/チラシ

  • 映画『新宿スワン』ポスター
    ポスター
  • 映画『新宿スワン』チラシ
    チラシ
  • 映画『新宿スワン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『新宿スワン』チケットホルダー
    チケットホルダー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

プロデューサー: 山本又一朗
監督:
原作: 和久井健
共同プロデューサー: 富田敏家 / 鈴木剛
撮影: 山本英夫
美術: 磯見俊裕
音楽: 大坪直樹
編集: 掛須秀一
主題歌: MAN WITH A MISSION
挿入歌: UVERworld

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『新宿スワン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「新宿スワン」真っ当を生きるのが一番の強さ from あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】 (2016年8月3日 5時57分)
    強さと非情さをはき違えている人は多いです。 冷酷・非情というのは、確かに傍若無人に 人を傷つけることができるでしょうが、 自分の“心”の重さから逃げている。 あるいは捨ててしまった負け犬。 それは、強さではなく、 弱さゆえの、逃走、庇護でしかない。 そう… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 新宿スワン from ダイターンクラッシュ!! (2015年7月12日 21時43分)
    2015年6月14日(日) 16:35~ TOHOシネマズ日本橋4 料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 園子温にしては正攻法 『新宿スワン』公式サイト 漫画は、Yahoo Booksの無料で3巻ほど読んだ。丁度映画の内容と被る。 やりすぎな頭感もある綾野剛だが、彼を含めて伊勢谷など、原作のイメージ通り。 山田孝之と沢尻エリカは、原作とかなりイメージが違う。 園子温は、いたってオーソドックスな演出で、三池だったらという悪ふざけはない。 その三池だが、あまりの不入りで「極 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 新宿スワン from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年6月17日 0時24分)
    新宿スワン INSPIRED TRACKS -Selected by 白鳥龍彦- [CD](ショートバージョン)一文なしで新宿・歌舞伎町をさまよっていた白鳥龍彦は、スカウト会社・バーストの幹部で、伝説のスカウトマン ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「新宿スワン」:ヤクザ・ファンタジー from 大江戸時夫の東京温度 (2015年6月8日 23時25分)
    映画『新宿スワン』は、園子温最大のヒットさくということになるのでしょうねえ。マン ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「新宿スワン」 from エンターテイメント日誌 (2015年6月8日 12時54分)
    評価:A 公式サイトはこちら。 いやぁ、正直びっくりした。そんなに期待していなか ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月25日の週の公開作品
  3. 『新宿スワン』