シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ジヌよさらば ~かむろば村へ~

公式サイト:http://www.jinuyo-saraba.com
ジヌよさらば ~かむろば村へ~
(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年4月4日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給・企画製作:
キノフィルムズ
企画製作:
グリオ
制作:
シネグリーオ
カラー

チェック:人気漫画家いがらしみきおの「かむろば村へ」を基に、お金アレルギーになり東北の寒村に移り住んだ元銀行員が、お金を全く使用しない生活に挑むさまを描くコメディー。劇団「大人計画」を主宰する俳優の松尾スズキ監督と『舟を編む』などの松田龍平が、『恋の門』以来となるタッグを組む。主人公を取り巻くくせ者ぞろいの村人たちには、『夢売るふたり』の阿部サダヲと松たか子、『ヒミズ』などの二階堂ふみ、ベテラン西田敏行ら豪華キャストがそろう。

ストーリー:お金アレルギーになってしまった銀行マン高見武晴(松田龍平)は会社を辞め、お金を使わない生活をすべく東北の寒村に移住。そこには謎めいた過去を持つ世話焼きな村長(阿部サダヲ)や、自ら神と称し周囲から人望のある老人(西田敏行)など、強烈な個性を持つ村人たちがいた。一筋縄ではいかない彼らと向き合い自給自足の生活を目指すうちに、高見の生活は予期せぬ展開を見せ……。

ジヌよさらば ~かむろば村へ~
(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会

映画短評

  • 轟 夕起夫
    東北の寒村で、な、なんと『ツイン・ピークス』を!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    今さらながら「ジヌ」なんである。すまん。でも(たぶん)誰も言っていないので指摘する。これ、いがらしみきお原作ベースの、D・リンチ的(というか『ツイン・ピークス』的)な「松尾スズキ映画」でしょ。で、リンチはM・ブルックスにそのルックスを「火星から来たJ・スチュアート」と喩えられたけれど、松田龍平扮する人の良すぎる(反面、人をナメてる)主人公は、「松尾スズキが演出したジミー・スチュアート」って感じ。

    おまけに阿部サダヲを筆頭とする「大人計画」の面々、片桐はいり、松たか子、二階堂ふみ、そして西田敏行らは唐十郎言うところの“特権的肉体”をいつもより際立たせている! さてこの見立て、いかがだろうか?

  • 山縣みどり
    松尾スズキ化する龍平の役者としての進化が素晴らしい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    お金恐怖症になり、田舎で自給自足生活を送りたいという青年タケの物語だが、全然スローライフな話ではない。お世話焼きの村長をはじめ、需要がないだろうヒモ男と目が光るカメラじじいなど、タケを取り巻く村人が一様に変。しかも「いろいろあるのよ、田舎だから」な事情もかなり変。てか、田舎をバカにしてる? でも、これが松尾スズキ監督の手にかかると洒脱なコメディとなり、疑問を持つ余地もなくどんどん展開していくから楽しい。濃いキャラの間でひょうひょうとした存在感を維持する松田龍平は、スズキちゃんが乗り移ったかのような身体演技も披露し、役者としての進化に感心しきり。彼がいなかったらこの映画は成り立たなかったと思う。

  • 森 直人
    松尾スズキは日本カルチャーシーンの“村の神”である。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    まず企画に拍手! いがらしみきお×松尾スズキ――文化的兄弟と呼べる両者のタッグ。結果、異なるテイストで精神は同根という最良の原作REMIXとなった。

    東北の寒村における「0円生活」を描きつつ、経済活動の問い直しより共同体の原理に傾くのが肝。リアル/ファンタジーの不思議な世界で、濃いキャラが強いアクションで蠢く。これは大人計画の芝居を理想的な形で映像に焼きつけたものとも言える。

    松尾スズキの本領が出たことで、彼のカルチャーシーン全体への影響力のデカさを再認識できる一本となった。『夢売るふたり』も『あまちゃん』も、そもそも松尾DNAが組み込まれている。日本映画も彼の多大な恩恵を受けているのだ。

  • くれい響
    豪華“客演”を迎えた映画館で観る「大人計画」
    ★★★★
    »読む«閉じる

    松田龍平主演ということで“『麦子さんと』(兄ヴァージョン)”のような導入だが、村社会あるあるを描いた原作と松尾スズキの相性が恐ろしいほどいい。さらに、松尾本人が演じるヤクザが登場してからのドス黒い展開は、うれしいぐらいに「大人計画」の芝居だ。しかも、阿部サダヲの村長のちょいエロ妻を『夢売るふたり』で金に執着していた松たか子、荒川良々のヤクザとただならぬ関係な女子高生の二階堂ふみなどの“客演陣”も、かなりのインパクトを残す。それだけしっかり世界観が出来上がっていることもあり、お金アレルギーの主人公の設定や西田敏行演じる“神様”の存在など、どこか現実離れした展開も違和感なく観られるだろう。

動画

映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』予告編
映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』ポスター
    ポスター
  • 映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』チラシ
    チラシ
  • 映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』オリジナル“ジヌ”手ぬぐい
    オリジナル“ジヌ”手ぬぐい

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
主題歌: OKAMOTO’S
エグゼクティブプロデューサー: 坂本雅司
プロデューサー: 武部由実子 / 中田由佳里
撮影: 月永雄太
照明: 宮尾康史
録音: 古谷正志
美術: 岩本浩典
装飾: 大藤邦康
衣装: 荒木里江
ヘアメイク: 橋本申二
製作担当: 坪内一

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ジヌよさらば~かむろば村へ~』 ネタバレあり感想 大いに笑える大人計画の番外公演的映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年5月23日 21時0分)
    一円も使わないで生きていくためにこの村に来ました。 using あまらく 『ジヌよさらば~かむろば村へ~』予告編動画 もはや「大人計画」の番外公演と言われても違和感のない映画 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ジヌよさらば~かむろば村へ~』 松田龍平主演、阿部サダヲ・二階堂ふみ共演のコメディー邦画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年5月22日 21時0分)
    今回ご紹介する映画:『ジヌよさらば~かむろば村へ~』オススメ度:★★★★☆(四つ星!)予告編動画 『ジヌよさらば~かむろば村へ~』のあらすじお金アレルギーになってしま ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジヌよさらば ~かむろば村へ~ from ダイターンクラッシュ!! (2015年5月6日 22時42分)
    2015年4月19日(日) 16:20~ 109シネマズ川崎9 料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 ディスカウント三谷幸喜 『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』公式サイト 観てから3週間ほどたつからか、ふみ嬢に無駄に色気があったのと、荒川良々が相変わらずだったこと、松尾スズキが凄く老けたこと、三谷幸喜への大ディスカウントしか記憶しかない。 後、阿部サダヲ演じる村長が、パクられていないのは謎。 変化するふみ嬢 微妙に可愛くない普段の姿もいいのだが。 お勧め ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ジヌよさらば ~かむろば村へ~」:笑ったけれど不気味さも from 大江戸時夫の東京温度 (2015年4月21日 22時50分)
    映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』は、相当笑えました。松尾スズキの頭の良い( ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ジヌよさらば かむろば村へ」 from 元・副会長のCinema Days (2015年4月20日 6時32分)
    くだらない。観る価値なし。豪華なキャストを集めていながらこのような低劣な映画しか撮れないとは、久々に監督を担当した松尾スズキの腕も鈍ったとしか思えない。とにかく、今年度屈指のワースト作品である。  東京の銀行に勤めていた高見武晴は、不況で取引先が辛... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月30日の週の公開作品
  3. 『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』