シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ザ・スパイ シークレット・ライズ

公式サイト:http://spy2013.interest.me
ザ・スパイ シークレット・ライズ
(C) 2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
英題:
SPY
製作年:
2013年
製作国:
韓国
日本公開:
2014年4月26日
(シネマート六本木 ほか)
上映時間:
制作:
JKフィルム
提供・配給・共同制作:
CJ Entertainment Japan
カラー

チェック:『力道山』などのソル・ギョングがすご腕スパイを演じ、夫の正体を知らない妻に翻弄(ほんろう)されながらミッションを遂行するさまを描くアクションコメディー。テロの真相究明のためにタイへ向かった主人公が妻とハンサムな男との密会を目撃、動揺しながらも国と妻を守るべく活躍を繰り広げる。共演は、『太王四神記』シリーズなどのムン・ソリと『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのダニエル・ヘニー。ソル・ギョングとムン・ソリらが見せるコミカルな演技と本格的なアクションに夢中になる。

ストーリー:キム・チョルス(ソル・ギョング)は韓国でトップクラスのスパイだが、家庭では妻のヨンヒ(ムン・ソリ)に頭が上がらない。ある日、妻には出張だとうそをつき、テロの真相究明のためにタイへと赴く。ところが、チョルスのレーダー網に入ってきたのはヨンヒとハンサムな男(ダニエル・ヘニー)の姿。国家の運命を左右する作戦の遂行中だというのに、チョルスは集中力を失ってしまい……。

ザ・スパイ シークレット・ライズ
(C) 2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

映画短評

  • 山縣みどり
    ブームはすでに去ったけど韓流は侮れないよ。
    ★★★★
    »読む«閉じる

     家族には平凡な会社員を装う辣腕スパイが「跡継ぎを生まなくては」と焦る妻の怒りをなだめながら必死で任務に励む序盤でジャッキー・チェン系アクション・コメディか~と思ったら、大間違いでした。
     北朝鮮高官暗殺から始まる諜報線の背景には核を巡る6カ国協議や軍需産業の思惑、裏切られたスパイの復讐が絡むというディープさ。脚本がしっかりしているから多少のドタバタも許せるし、次々に繰り出されるIT大国らしいガジェットやド派手なアクションに韓流パワーを実感する。
     名作『オアシス』のソル・ギョング&ムン・ソリへの期待は裏切られなかった! というよりも洒脱なコメディ演技を見せられ、役者としての懐の深さを体感。

動画

映画『ザ・スパイ シークレット・ライズ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ザ・スパイ シークレット・ライズ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ザ・スパイ シークレット・ライズ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ザ・スパイ シークレット・ライズ』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロデューサー: イ・サンジク
プロダクションデザイン: キム・ミノ
同時録音: パク・ビョンス
特殊効果: ホン・ジャンピョ
美術監督: チェ・ドンホン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ザ・スパイ シークレット・ライズ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年5月20日 0時37分)
    凄腕スパイと夫の正体を知らない妻が大事件に巻き込まれるスパイ・アクション・コメディ「ザ・スパイ シークレット・ライズ」。韓国映画らしいサービス精神がてんこもりだ。キム ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月21日の週の公開作品
  3. 『ザ・スパイ シークレット・ライズ』