シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
バクマン。
(C) 2015 映画「バクマン。」製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2015年10月3日
上映時間:
配給:
東宝
カラー

チェック:「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して描く。週刊少年ジャンプでの連載を目指して日々奮闘する漫画家コンビには、佐藤健と神木隆之介。実在の漫画作品や出版社が実名で登場するほか、劇中使用される漫画の原稿を小畑自身が描いている。

ストーリー:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。

バクマン。
(C) 2015 映画「バクマン。」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    漫画原作を躍動感あふれる映画に換えた省略・誇張・変形が秀逸。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     エッセンスを凝縮させジャンプ世代への愛に満ちあふれた脚本が素晴らしい。キャラクターやエピソードの整理、独自の味つけ、2時間でカタルシスを与える構成――。編集部vs漫画家/漫画家vs漫画家を主軸に「友情・努力・勝利」をテーマとし、挫折を経て上昇する者たちの切磋琢磨がまぶしい。決して多くを語らず、今が旬の配役でキャラの個性を表わし、CGバトルとプロジェクションマッピングによって作り手の内的世界への想像力をバクハツさせる。手塚治虫が唱えた漫画絵における基本要素「省略・誇張・変形」は、映画の実写リアルにおいても重要だ。思春期にこの青春映画を観てしまえば、世の異端児はみなクリエイターを志すだろう。

  • 森 直人
    サイコーと満賀道雄、ジャンプとトキワ荘が重なる時
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『まんが道』未体験世代は、きっとこの傑作映画が興味の入り口になるだろう。監督・大根仁は『バクマン。』の原作が裏に備えていたマンガ総体の体系と歴史を可視化した。こうしてまた時代を超え、文化のバトンが受け渡される。

    ぎゅうぎゅうに詰めこまれた情報量から言うとマニアックな作りとも言えるが、ジャンプ・システムを背景に青少年のための「自己実現」を説いた成長物語としては、まさしく“少年マンガ”的に平易だ。恋と仕事。現実の厳しさ。そう考えると成分は『モテキ』とやはり同じ。

    役者は「いい男」ぞろい。天才キャラを地で行く新妻エイジ役の染谷将太の凄さに改めて震撼。そして「哀愁」担当の宮藤官九郎、泣ける!

  • くれい響
    “漫画家版『ピンポン』”できました!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    プロジェクションマッピングなど、最新鋭CGを駆使したバトルシーンに、エレクトロなサカナクションの音楽&主題歌、さらにクドカンの投入…。作り手が狙ったのは、明らかに“漫画家版『ピンポン』”であり、大根監督の原作エピソードの抽出の巧さ、スピード感ある演出も相まって、しっかり狙い通りの熱い青春映画に仕上がった。しかも、漫画愛に溢れたエンドロールでお腹いっぱい。ぶっちゃけ、それで満足だし、『モテキ』同様、その年を代表する日本映画であることに間違いない。ただ、熱狂的な原作ファンには、やはりサイコー=神木、シュージン=佐藤のキャスティングがベストであり、キャラの掘り下げ方に甘さを感じてしまうかもしれない。

動画

佐藤健×神木隆之介×大根仁!映画『バクマン。』予告編
映画『バクマン。』特報
映画『バクマン。』テレビスポット映像「勝利編」
映画『バクマン。』テレビスポット映像「恋編」
映画『バクマン。』テレビスポット映像「友情編」
映画『バクマン。』テレビスポット映像「努力編」
『バクマン。』佐藤 健 神木隆之介インタビュー 神木隆之介という本物のピュアボーイ

ポスター/チラシ

  • 映画『バクマン。』ポスター
    ポスター
  • 映画『バクマン。』チラシ
    チラシ
  • 映画『バクマン。』チラシ
    チラシ

スタッフ

脚本・監督:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『バクマン。』の映画ニュース

  • 俳優の染谷将太が、映画『3月のライオン』で神木隆之介ふんする主人公の高校生プロ棋士・桐山零のライバル、二海堂晴信を演じていることが明らかになった。特殊メイクで激変...7 映画「3月のライオン」製作委員会") 『バクマン。』で染谷と共演していた神木の、零へのシン...
  • 岩井俊二監督の傑作ドラマ「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」がアニメーション映画化され、広瀬すず、菅田将暉、宮野真守が声優を務めることが明らかになった。...語として新たに脚本化したのは『モテキ』『バクマン。』の大根仁。そして、異例の大ヒットを記録...
  • 大ヒット中のアニメーション映画『君の名は。』の累計興行収入が27日時点で194億円を突破し、『もののけ姫』の最終興収193億円を抜いたことが明らかになった。これは『千と...デビューした神木は現在23歳で、これまで『バクマン。』『るろうに剣心』『SPEC』などヒット作に...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「バクマン。」敵がいなけりゃ from あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】 (2016年11月12日 7時27分)
    「俺は敵がいないと成長できない」 親友が、学生時代に言っていました。 当時わたしたちがよく聞いていた B’zのアルバムの中に入っていた 「敵がいなけりゃ」という曲は その親友のテーマ曲かと思うような歌でした。 つまり、彼は超えるべきライバルを一人決め、 実際… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バクマン。」 from 元・副会長のCinema Days (2015年11月13日 6時28分)
    とても面白い。漫画家という、地味でスクリーンに映えそうもない題材を思い切ったスペクタクルに仕上げてしまう、その切り口と巧みなストーリーテリングに感服した。しかも、一時的にでも少年マンガに親しんだことのある観客ならば、確実にその琴線に触れるような仕掛... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バクマン。」 from ここなつ映画レビュー (2015年11月6日 12時47分)
    思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ~。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生日プレゼントみたいだな、と思う「別マ」の発売日があった事をよく覚えている。少年マンガでは私はサンデーやマガジン派だったので、今回の「バクマン。」にあるような「少年ジャンプ」の狂騒的な面についてはあまりよく知らない。もちろん、漫画家(及びその担当編集者)がどれだけの才能があり、どれだけ大変な思いをして世に作品を送 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バクマン。」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2015年10月25日 1時11分)
    本日、姪っ子(長)の希望をかなえるべく「バクマン。」を見てきましたが、この映画、予想以上に面白かったですし、原作をほとんど知らなかったのも良かったのか、十分楽しめました。いやはや、漫画原作の実写化映画でキャラクターに思い入れがあるわけでもないんで拒絶… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バクマン。」:ラブリーで感動的な青春エンタテインメント from 大江戸時夫の東京温度 (2015年10月19日 0時6分)
    いい! 映画『バクマン。』サイコーです(いや、主人公の名前じゃなくって)! ワク ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年9月28日の週の公開作品
  3. 『バクマン。』