シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

めぐり逢わせのお弁当

公式サイト:http://www.lunchbox-movie.jp/
めぐり逢わせのお弁当
(C) AKFPL, ARTE France Cinema, ASAP Films, Dar Motion Pictures, NFDC, Rohfilm-2013
英題:
THE LUNCHBOX
製作年:
2013年
製作国:
インド/フランス/ドイツ
日本公開:
2014年8月9日
(シネスイッチ銀座ほか)
上映時間:
日本語字幕:
稲田嵯裕里
後援:
インド大使館
提供・配給:
ロングライド
提供:
東宝
カラー

チェック:本作で長編デビューを飾るインドの新鋭リテーシュ・バトラが監督と脚本を務め、インドの弁当配達システムを題材に描くドラマ。間違えて届けられた弁当が取り持つ孤独な男女の出会いと心に染みる交流を映し出す。『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などのイルファン・カーンが主人公を好演。弁当箱に入った手紙を通してお互いを知る二人の繊細な物語に心奪われる。

ストーリー:インドの大都会ムンバイでは、ダッバーワーラーと呼ばれる弁当配達人たちがランチタイムに弁当をオフィスに届けて回る。ある日、主婦のイラ(ニムラト・カウル)が心を込めて作った弁当が誤ってサージャン(イルファン・カーン)のもとに届く。イラは料理を通じて夫の愛を取り戻したいと願い、妻に先立たれたサージャンは久々の手料理の味に心動かされる。

めぐり逢わせのお弁当
(C) AKFPL, ARTE France Cinema, ASAP Films, Dar Motion Pictures, NFDC, Rohfilm-2013

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    ムンバイに甦る「チャリング・クロス街」。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    Eメールのように迅速ではないぶん、届くまでの時間が想いを醸成させる。今どきの世界で「書簡体」というつつましき物語形式を甦らせるにはどんな方法が?というので、あまりにもローカルな「弁当配達人」という素材に目を付けたのがこのムンバイ出身新進監督の聡明さだ。もっとも誰にも「チャリング・クロス街84番地」を想起させるし、ややつつましやかすぎるきらいはあるが、ローカルすぎる事象を組みこむことで他文化圏の観客の興味を惹起させ、「まだ見ぬ中年男女の交感」という古典的かつ普遍的な恋物語に落とし込んだ手腕は評価しよう。アート系であってもメインストリームへの愛情をどこかに忍ばせるインド映画の常はここにもあるし。

  • くれい響
    初監督作ながら洗練された大人のドラマ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    “ダッバーワーラー(弁当配達人)”というインド独自の文化を扱い、イルファーン・カーン演じる主人公の名がタイトルの『サージャン/愛しい人』の主題歌が印象的に使われながら、ヨーロッパで高く評価されたのも頷ける。ラストシーンも含め、フランス映画の雰囲気が漂うなど、初監督作ながら洗練された大人のドラマなのだ。
    しかも、SNS隆盛の現代、商業都市・ムンバイを舞台にしながら、決して若くない男女の文通というプラトニック・ラブがスパイスになり、岩井俊二監督の『Love Letter』の元ネタ『チャーリング・クロス街84番地』を思い起こさせてくれる。時にイラッとさせてくれる主人公の後任者のエピソードも巧い。

  • 相馬 学
    ホカホカ感が宿る、人間味にあふれた秀作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ミュージカルもアクションもないインド映画なんて…と思われるかもしれないが、本作に過剰なサービスは不要。監督が影響を受けたことを認めているとおり、インドの巨匠サダジッド・レイの人間ドラマに近い。

     弁当の誤配から始まる、若い人妻と引退間近の初老男の交流。彼らの手紙をとおしてのやりとりを、じつにきめ細かく描いてみせるのが本作の秀逸な点。思いやりを積み重ねることで築かれる人と人との交流の温かさは、弁当のホカホカホ感と相まってシミてくる。

     語り口はあくまでリアルで、テーマを押しつけてくるような威圧感はない。淡々としているぶん、エンディングは深い余韻を残す。大人の観客にぜひ見て欲しい。

  • 山縣みどり
    縁は異なもの味なもの、を体感させる傑作!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    弁当を食べる人のもとに届ける、インド特有の仕事のミスがきっかけで主婦イラとやもめ男サージャンが知り合う設定はロマコメ風。弁当に添える手紙で気持ちを通わせる展開も甘やかだが、2人を取り巻く環境は苦く厳しい。浮気な夫に悩むイラが家庭にしばられている姿は前近代的にも思え、心が痛む。そんな彼女が現状打破を願い、腕によりをかけて作ったお弁当が別の男性の心をつかむのだから、まさに“縁は異なもの味なもの”。劇的な事件は起こらないが、主人公2人の心境が徐々に変わっていく過程が心に沁み、優しい余韻を残してくれた。ちなみにイラが作るお弁当が本当に美味しそうで、見終わったらカレーを食べたくなるはず。

動画

映画『めぐり逢わせのお弁当』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『めぐり逢わせのお弁当』ポスター
    ポスター
  • 映画『めぐり逢わせのお弁当』チラシ
    チラシ
  • 映画『めぐり逢わせのお弁当』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『めぐり逢わせのお弁当』ステンレス製チャイグラス
    ステンレス製チャイグラス

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・製作総指揮:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『めぐり逢わせのお弁当』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【めぐり逢わせのお弁当】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時42分)
    インドの都市ムンバイで100年以上続く職業に「ダッバーワーラー」というのがあるそうです 自宅で調理された料理をオフィスへ届けるサービスなんだそうですが、本作はそんな職業 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『めぐり逢わせのお弁当』正しい場所に着く from 映画@見取り八段 (2015年3月22日 1時50分)
    めぐり逢わせのお弁当 ~ DABBA ~     監督: リテーシュ・バトラ    キャスト: イルファン・カーン、ニムラト・カウル、ナワーズッディーン・シッディーキー、デンジル・スミス、バーラティー・アーチュレーカル、ナクル・ヴァイド、ヤシュヴィ・プニート・ナー… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「めぐり逢わせのお弁当」 from 元・副会長のCinema Days (2014年8月29日 6時25分)
    (原題:THE LUNCHBOX)脚本がダメだ。ラストに至っては話が空中分解している。通常のインド製娯楽映画のルーティンを踏襲していないので上映時間が(インド映画にしては)短いが、それだけ対象をじっくりと扱う手間暇を惜しんだと思われても仕方が無い。  ムンバイ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『めぐり逢わせのお弁当』 (2013) from 相木悟の映画評 (2014年8月18日 11時33分)
    お弁当がつむぐ、インド産人情劇! お弁当文化の深遠さと、しっとりとした大人の恋愛劇を堪能できる好編であった。 本作は、カンヌ国際映画祭、批評家週間の観客賞受賞を皮切りに、ヨーロッパ各地で異例の大ヒットを記録。インド映画の歴史を塗り替えたといわれる話題... ...[外部サイトの続きを読む]
  • めぐり逢わせのお弁当 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年8月12日 0時26分)
    弁当配達システムの誤配をきっかけに知り合う孤独な男女の心の交流を描くヒューマン・ドラマ「めぐり逢わせのお弁当」。歌も踊りもアクションもない静かなインド映画がとても新 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月4日の週の公開作品
  3. 『めぐり逢わせのお弁当』