シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
百日紅~Miss HOKUSAI~
(C) 2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
製作国:
日本
日本公開:
2015年5月9日
(TOHOシネマズ日本橋ほか)
上映時間:
制作:
Production I.G
配給:
東京テアトル
カラー

チェック:杉浦日向子の代表作の一つ「百日紅」を、『河童のクゥと夏休み』『映画クレヨンしんちゃん』シリーズなどで知られる原恵一監督がアニメ映画化した群像劇。江戸の浮世絵師として数多くの作品を発表し、世界中のさまざまな分野に多大な影響をもたらした葛飾北斎と、その制作をサポートし続けた娘・お栄(後の葛飾応為)を取り巻く人間模様を、江戸情緒たっぷりに描く。アニメーション制作は、『攻殻機動隊』『東のエデン』シリーズなどのProduction I.Gが担当する。

ストーリー:さまざまな風俗を描いた浮世絵が庶民に愛された江戸時代、浮世絵師・葛飾北斎は大胆な作風で一世を風靡(ふうび)する。頑固で偏屈な天才絵師である父・北斎の浮世絵制作を、陰で支える娘のお栄(後の葛飾応為)も優れた才能を発揮していた。そんな北斎親子と絵師の交流や、江戸に生きる町人たちの人間模様がつづられていく。

百日紅~Miss HOKUSAI~
(C) 2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    べら棒な天才絵師たちの淡々とした日常・非日常。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    原恵一作品に垣間見える過去の時代への憧憬…というか、なくなってしまったモノへの執着の一端は杉浦日向子にあったのか。連作短編である原作の妙味とヴィジュアル表現を踏襲しながらも、春夏秋冬の移り変わりに沿って再構成。さらに初版ラストに置かれた北斎の盲目の娘・お猶のエピソードを大きく膨らませ背骨とすることで、きりっと統一感を持たせている。センチメンタリズムを徹底排除、ハードボイルドなまでの語り口は北斎&お栄の超然たる生き方にも似て、90分の身丈に合った粋があるが、それでもあまりに繊細な仕草・動きの演出に感嘆。ことに名アニメーター井上俊之の神髄ともいえる、茶屋前の童子ふたりのシーンは凄味さえある。

  • くれい響
    原作ファンなら文句なし!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    お江戸の天才&破天荒キャラ・お栄が登場するオープニングに、エッジの効いたロックが流れる。『はじまりのみち』に続いて原監督と組んだ富貴晴美による劇伴は、その後もボーダレス感を醸し出しながら、観る者を江戸の町にダイヴさせてくれる。短編エピソードが繋がった原作の忠実度はハンパなく、ファンならぐうの音も出ないほど。一方、父・北斎の愛人のエピソードなどが削られていることもあり、じつに心地よく、90分という尺のモノ足りなさや、わんこ映画という点でも魅力的だ。風習や文化が説明不足なところはあるとは思うが、日本の四季を感じられる構成と鮮やかな色彩ゆえ、海外でも『かぐや姫の物語』より評価されてほしいところ。

動画

映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』新予告編
映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』ポスター
    ポスター
  • 映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』チラシ
    チラシ
  • 映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』オリジナルクリアファイル
    オリジナルクリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 杉浦日向子
監督:
脚本: 丸尾みほ
キャラクターデザイン: 板津匡覧
美術監督: 大野広司
色彩設計: 橋本賢
CGディレクター: 遠藤工
撮影監督: 田中宏侍
演出助手: 佐藤雅子
編集: 西山茂
音楽: 富貴晴美 / 辻陽
主題歌: 椎名林檎

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「百日紅 Miss HOKUSAI」 from 元・副会長のCinema Days (2015年5月25日 6時36分)
    全然面白くない。絶賛している評論家もけっこういるようだが、どこに目を付けているのだろうか。アニメーションでは定評のある原恵一監督作ながら、ここには才気のカケラも見当たらない。いつもの彼の映画とは違い、原作があって脚本も別の者が手掛けていることの影響も... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「百日紅 Miss Hokusai 」:お江戸のパワーが足りなくて from 大江戸時夫の東京温度 (2015年5月18日 22時35分)
    『百日紅 Miss Hokusai 』は、葛飾北斎とその娘・お榮に材を取った杉浦 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 百日紅 Miss HOKUSAI from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年5月14日 0時24分)
    百日紅 (上) (ちくま文庫) [文庫](ショートバージョン)葛飾北斎の娘で浮世絵師のお栄は、江戸の下町の長屋で暮らしながら浮世絵を描いていた。勝気なお栄は、さまざまなトラブルに ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「百日紅~Miss HOKUSAI~・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年5月12日 23時53分)
    画狂娘の青春。 江戸の下町で、葛飾北斎の代筆をしている娘のお栄が、春夏秋冬を経て独自の画風を持つ絵師・葛飾応為となるまでの物語。 一昨年、昭和の邦画黄金期を代表する巨匠、木下惠介監督をトリビュートした「はじまりのみち」で、実写映画へと進出した原恵一監督の最新作は、2010年の「カラフル」以来となるアニメーション映画だ。 葛飾北斎の圧倒的な知名度に比べると、現存する作品が極めて少ない... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 百日紅~Miss HOKUSAI~ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年5月11日 21時26分)
    赤い色で想像力が羽ばたく 公式サイト。杉浦日向子原作、原恵一監督。(声)杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、筒井道隆、麻生久美子、立川談春、入野自由、矢島晶子 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月4日の週の公開作品
  3. 『百日紅~Miss HOKUSAI~』