シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
味園ユニバース
(C) 2015 『味園ユニバース』製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年2月14日
(TOHOシネマズ六本木ヒルズほか)
上映時間:
制作プロダクション:
ジェイ・ストーム / ブリッジヘッド
制作協力:
マッチポイント
製作:
『味園ユニバース』製作委員会
配給:
ギャガ
カラー

チェック:関ジャニ∞の渋谷すばるが初めて単独で映画主演を果たした人間ドラマ。渋谷がふんした歌う以外の記憶を喪失した男が、とあるバンドマネージャーの少女と関わりを持ったことで過去と向き合い、自らを見つめ直す姿を描く。彼と行動を共にするうちに自身も変化していくヒロインには、『ヒミズ』などの二階堂ふみ。『苦役列車』などの山下敦弘監督が、大阪のサブカルチャースポットとして知られる味園という土地を舞台にユニークなドラマを作り上げている。

ストーリー:大阪のとある広場でバンドがライブをしている中、記憶を失った若い男(渋谷すばる)が舞台に乱入し歌を披露する。ざわつく会場で鳴り響いた男の歌声は、周囲の人間を圧倒する。彼の才能に興味を抱いたバンドとマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は「ポチ男」とあだ名を付け、スタジオで働いてもらうことにする。やがてバンドのボーカルに迎えられたポチ男は、喪失した過去の記憶をたどっていき……。

味園ユニバース
(C) 2015 『味園ユニバース』製作委員会

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    渋谷すばるのソウルと大阪サブカルの幸福な出会い。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    とにかく渋谷すばるなのだ。記憶をなくす前のアウトローな目。失ってからの所在の無い、しかし純真さを湛えた目。そして甦ってからのアイデンティティを見失った目。それらのスイッチの切り替わりが、しっかり渋谷の表情だけで理解できる。山下映画に欠かせぬ、ふたり並んでの長回し…二階堂ふみ(瑕瑾はあるが関西弁ネイティヴが聴いても違和感なし)と座敷の上り口で西瓜の種を飛ばし合うシーン、そして公園で二階堂の嫌いなトマト入りのバーガーを取り替えてやるシーンに漏れ出る優しさ(恋愛とは異なる、もっとドライな)も素晴らしい。大阪が誇る歌謡ファンクバンド・赤犬との相性もぴったり、ラストの渋谷の「貌」に明日が見える。

  • 山縣みどり
    渋谷すばるという逸材を初めて知った自分を猛反省!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『リンダ、リンダ、リンダ』偏愛女としては山下敦弘監督の音楽映画という期待が裏切られるはずはないと思っていたが、ちっぽけな期待の遥か上かに超す完成度の高さに大興奮。音楽を軸にワケあり男女が心を通わせるという物語はありがちかもしれないが、とにかく主演の渋谷すばるが素晴らしい。歌唱力はもちろん、アイドルとは思えない太々しい存在感と「俺、かっこいいだろう」感ゼロの演技力はまさに逸材。今まで彼を知らなかった自分を猛反省しました。そして熊切和嘉監督の作品でもお馴染みのバンド「赤犬」が本人(?)として登場するのもうれしい喜び。トレンドとは無関係に“好き”を追求する姿勢を貫くメンバーの顔が見えたね。

  • くれい響
    渋谷すばるの圧倒的な存在感!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の安田章大に続き、日本映画界は『エイトレンジャー』では分からなかった、とんでもない逸材を目にした! あまりにまっすぐすぎて、危なっかしい。そんな圧倒的な存在感を放つ渋谷すばるに対し、珍しく「受け」の芝居で確実に成長した演技を魅せる二階堂ふみ。ほかにも、久しぶりに女優としての顔を魅せる鈴木紗理奈に、決してお飾りになってない赤犬メンバーなど、とにかく役者のエネルギーと(大阪という)ストリートの空気を感じさせれくれる。これは『百円の恋』にも通じるともいえるが、ストーリー展開も同様で、あまりにストレートすぎて、再起の物語に終わっているのが悔やまれる。

  • なかざわひでゆき
    大阪の大衆文化への愛情が評価の分かれ目かも
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     恐らく、観客個人のバックグランドによって大きく評価や印象の分かれる作品かもしれない。というのも、本作は題名にもなった味園ユニバースに象徴される大阪の大衆文化や、インディーズ音楽シーンへの愛情が根幹を成しているからだ。
     ワケありな過去を持つ男が記憶喪失によって人生をリセットする。よくある話だが、そこは渋谷すばるが意外にもアイドルらしからぬ枯れた味わいで物語に血肉を通わせる。年齢を重ねていい面構えになった。演技的にはまだ伸び代ありだが、これを機に映画に本腰を据えても良いと思う。
     全編に散りばめられた音楽も魅力的。ただ、大阪文化に馴染みのない筆者には、それ以上の面白さは感じられなかった。

動画

映画『味園ユニバース』特別映像

スタッフ

監督:
脚本: 菅野友恵
撮影: 高木風太
編集: 佐藤崇
主題歌: 渋谷すばる

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『味園ユニバース』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『味園ユニバース』★すばるの歌が駆り立てる“あの頃”とこれからの希望 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年8月23日 23時18分)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165458/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   ・渋谷すばる:ポチ男(茂雄) ・二階堂ふみ:(カスミ)  ←ワケあり感が魅力 ↑この顔ぶれで、見たくなった作品です。   名前の記憶すらない男が、覚えていたのは歌 『古い日記』。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 味園ユニバース from ダイターンクラッシュ!! (2015年4月26日 16時36分)
    2015年4月12日(日) 19:00~ キネカ大森2 料金:2000円(年会費+1000円鑑賞券利用) パンフレット:未確認 ロックしていない。 『味園ユニバース』公式サイト 明るく突き抜けていないので、どんよりと暗く、まったくロックン・ロールしていない。 若い頃の清水健太郎を彷彿させる渋谷すばるの辛気臭い顔が、重さに拍車を欠ける。 期待通りに下品なおばさんに成長している鈴木紗理奈と、 たまに無駄にエロい二階堂ふみ嬢だけが見ものだ。 お勧め度:☆☆ 辛気臭い度:☆☆☆★ 俺度:☆☆ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「味園ユニバース」 from 元・副会長のCinema Days (2015年3月13日 6時29分)
    主演の渋谷すばるに尽きる。彼が関ジャニ∞のメンバーであることを今回初めて知ったが、別にこのグループに興味があるわけでもない(知っているメンバーは他に「ちょんまげぷりん」に出ていた錦戸亮ぐらい)。しかし、ジャニーズのタレントとはとても思えない、全身から... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「味園ユニバース」  渋谷すばるの歌唱力が素晴らしい from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年3月12日 2時55分)
    「味園ユニバース」を観ました。 でも、疲労がたまっていたせいか、結構寝てしまいました。 味園ユニバースという会場を中心にライブショーで日銭を稼ぐというライブバンド 歌以外の記憶をなくした男「ポチ男」を演じた無名の役者と思っていたら、関ジャニ∞の渋谷すばる… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年2月9日の週の公開作品
  3. 『味園ユニバース』