シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ドラキュラZERO
(C) Universal Pictures
英題:
DRACULA UNTOLD
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年10月31日
提供:
ユニバーサル・ピクチャーズ / レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:
東宝東和
カラー

チェック:『ワイルド・スピード EURO MISSION』などのルーク・エヴァンスが主演を務め、オスマン帝国の侵略から自国を死守するため悪に変じた君主の戦いを描くアクション。ブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」のモデルとなった15世紀の実在の君主をモチーフに、愛ゆえに強大な悪と化す男の数奇な運命に迫る。主人公の妻を、『アンチヴァイラル』などのサラ・ガドンが好演。悲しくも美しいヒーロー伝説に圧倒される。

ストーリー:トランシルバニア君主ヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)が統治する国は栄え、人々は平和に暮らしていた。だがある日、ヨーロッパ攻略を狙うオスマン帝国が、彼の息子を含む1,000人の少年の徴兵を要求してくる。愛する妻(サラ・ガドン)や息子と国を守るため、ヴラドは大国相手に反旗を翻し、古代より伝わる絶対的な闇の力と契約を交わす。

ドラキュラZERO
(C) Universal Pictures

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    本家ユニヴァーサルの沽券を汚さぬ出来。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ヴラド公の史実と吸血鬼伝説を巧く融合した、案外マトモな伝奇歴史映画。近ごろ流行する新釈モノとは一線を画する品のある出来だ。「蝙蝠の集合体に姿を変えられる」ということだけに特殊能力をほぼ限定し、やたら派手なだけのイフェクトを排したのも節度が感じられるし、突き立てられた剣の映りこみとして戦場の悪魔的惨劇を描いたりするヴィジュアルにもセンスがある。まあ、ヴラドばかりが闘いすぎるなど展開の妙にはやや欠けるが…。ただL.エヴァンスの色気は相当のものだし、彼に力を授けるヴァンパイア・マスターの威厳ある演技が魅力的。メイクに隠れているのでラストシーンまで判らなかったが…なんとチャールズ・ダンスじゃん!

  • なかざわひでゆき
    歴史ドラマとしての見どころもあるダークヒーロー映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ブラム・ストーカーの吸血鬼小説にモデルとなったワラキア公ヴラド三世の伝説を絡めたのがコッポラの「ドラキュラ」だったわけだが、こちらはある意味でその逆。実在のヴラド三世の物語に吸血鬼伝説を絡めつつ、ダークヒーローたるドラキュラの誕生を描く。
     勿論、お話は史実を基にしたフィクション。とはいえ、列強に囲まれた小国の君主としての苦悩を滲ませた前半は歴史物としての見応えもあり、だからこそ国を守るべく自ら暗黒面へと堕ちていく過程にも説得力がある。
     ただ、オスマン帝国と激突する後半は展開が平坦。しかもドラキュラが強過ぎて映画的カタルシスに欠ける。ルーク・エヴァンスのカッコ良さは存分に堪能できるのだが。

  • 相馬 学
    発想は面白いし、カタルシスを催す場面もあるが…
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     誰でも知ってる吸血鬼の、誰も知らない過去を描くアイデアの面白さは素直に評価したい。敵兵を槍で射抜く“串刺し公”と呼ばれていた残忍な兵士という過去を捨て、民を思いやる君主となった設定も魅力的だし、魔力を得てからの活躍ぶりにも見入ってしまう。

     が、ドラマ的に、それ以上に発展しきれないのが残念。正義にも悪にもなりきれないドラキュラのキャラが中途半端で、悲劇として見るのもツラい。

     ひとりで敵軍を始末する場面では『300<スリーハンドレッド>』的な興奮を覚えたし、串刺し公の面目躍如たる壮絶な地獄絵図にはホラー・ファンの欲求も満たされた。それだけにドラマの作りこみの甘さが惜しまれる。

  • くれい響
    ルーク・エヴァンスのアイドル映画としては申し分なし
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ドラキュラのモデルになったヴラド3世に焦点を当て、自国と家族を守るために悪の道に投じた男の悲劇を描くという、目の付けどころは確かにいい。だが、新人コンビによる脚本が、あまりに捻りがなさすぎる。また、ダークファンタジーとして見た場合、ヴィジュアルのインパクトが、すべてコウモリ頼みというのはちと寂しい。とはいえ、コスプレがハマるルーク・エヴァンスのアイドル映画として見ると、宿敵を演じるドミニク・クーパーによる引き立たせの巧さもあり、まったく申し分ない。新人ながら92分にまとめあげた監督の力量は認めるが、当初の予定通り、アレックス・プロヤス監督が撮っていたら、もっと刺激的な作品になっていただろう。

  • 平沢 薫
    乱世の暗い空にはコウモリの大群がよく似合う
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    甲冑を纏って立つ主人公の黒いマントの先端がコウモリの群に変貌していく、という2種のポスタービジュアルが素晴らしく、映画がポスターほどスタイリッシュではないのが残念だが、ビジュアル的な見せ場はちゃんとある。見てのお楽しみのため詳細説明は省くが、まず、主人公が戦場でコウモリの大群を操るその方法。そして、主人公の落下するさま。さらにもうひとつ、序盤で主人公が吸血鬼になることを決意して岸壁を登る時の、風に翻る深紅のマント。実はマントは、スーパーヒーローの象徴。この場面にしか登場しないマントが、本作がドラキュラをヒーローとして描き直す、一種のスーパーヒーロー映画であることを宣言している。

動画

その男、愛するもののために悪の力を手にする!映画『ドラキュラZERO』新予告編
守りたい者のために悪になった英雄が躍動!映画『ドラキュラZERO』予告編
映画『ドラキュラZERO』特報
映画『ドラキュラZERO』×VAMPS 日本版イメージソング「VAMPIRE’S LOVE」
ローラ、セクシーな黒ドレスを披露! 映画『ドラキュラZERO』公開直前イベント

写真ギャラリー

Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ドラキュラZERO』ポスター
    ポスター
  • 映画『ドラキュラZERO』ポスター
    ポスター
  • 映画『ドラキュラZERO』チラシ
    チラシ
  • 映画『ドラキュラZERO』チラシ
    チラシ

スタッフ

日本版イメージソング: VAMPS

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ドラキュラZERO』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ドラキュラZERO』を見た【映画】ルーク・エヴァンスxサラ・ガドン共演の新たなドラキュラ伝説 from カフェビショップ (2015年6月9日 21時18分)
    吸血鬼映画。 まあとくに新機軸なところはなかったですかねえ。 守りたいものがあって そのために闇の力を得て戦うっていうのは、 吸血鬼映画で確かありましたねえ。 なんだっけ題名。 確か「30デイズ・ナイト」だったかなあ。 まあ、イケメンドラキュラってことで… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ドラキュラZERO/アッサリ味の元祖ヴァンパイア from MOVIE BOYS (2014年11月24日 18時8分)
    最近アメコミとかで良くあるビギニング=ZEROシリーズがついにドラキュラにも登場だ。主演でトランシルバニア君主ヴラド・ドラキュラを演じるのは『ワイルド・スピード EURO MISSION』のルーク・エヴァンス。その妻を『複製された男』のサラ・ガドン、オスマン帝国の皇帝を『テビルズ・ダブル』のドミニク・クーパーが演じている。ドラキュラがドラキュラになった理由は一体…? ...[外部サイトの続きを読む]
  • ドラキュラ ZERO from ダイターンクラッシュ!! (2014年11月9日 23時11分)
    2014年11月8日(土) 16:45~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1100円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 進撃の巨人 『ドラキュラ ZERO』公式サイト 中世の時代、オスマントルコの侵略から国と家族を守るため、間の力を得たペンシルヴァニアの王だが、流石に一人では大軍団に太刀打ちできない。 最早これまでとなると、民たちを吸血鬼に緊急改造し、結果圧勝。 吸血鬼軍団を結成し闇に潜み、その後、ケイト姫やスナイプス兄貴などに連なるのかと思いきや、逆に民たちに襲われる吸血鬼王。民たちは人 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ドラキュラZERO : ルーク・エヴァンス、サイコー! from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2014年11月6日 13時0分)
    ならず者国家・中国の漁船が、大挙して小笠原沖で密漁をしております。こんな国家の非常時に、右翼の馬鹿共は大音量の街宣カーに乗って街中を走り回ってる場合ではないでしょう ...[外部サイトの続きを読む]
  • ドラキュラZERO (2014) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年11月3日 3時18分)
    ヴラド・ドラキュラ(竜の息子)もしくはヴラド・ツェペシュ(串刺し公)は15世紀にトランシルヴァニア生まれでワラキア公国の君主だった実在の人物。もちろん吸血鬼だったわけではなく、アイルランド人の作家ブラム・ストーカーの著書『ドラキュラ(1897)』で吸血鬼にさせられてしまった。  しかしこの映画は実在のヴラドの生涯からストーリーを少しずつ借りているようだ。  実在したヴラドは、1444... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年10月27日の週の公開作品
  3. 『ドラキュラZERO』