シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~

チェック:日本でもテレビ放映されているイギリス発のストップモーション・アニメーションシリーズの初の劇場版。『ウォレスとグルミット、危機一髪!』に登場したキャラクター、ひつじのショーンを主人公に、牧場に暮らすショーンと仲間たちの大騒動がユーモラスに展開する。監督は、『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』などの脚本を担当したマーク・バートンと、「ひつじのショーン」テレビシリーズの監督リチャード・スターザック。ショーンをはじめとする個性的なキャラクターの魅力と、彼らが繰り広げるドタバタなストーリーに笑いがこみ上げる。

ストーリー:牧場で生活しているひつじのショーン。ある日、牧場主から自由になるためにいたずらを仕掛けるが、そのせいで牧場主は眠ったまま都会へ運ばれてしまう。牧場主と彼を追い掛けていった牧羊犬のビッツァーを捜そうと、ショーンと仲間たちは都会へ向かう。

映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~
(C) 2014 Aardman Animations Limited and Studiocanal S.A.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    ショーンのB.キートン性全開。追っかけも興奮!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    アードマン作品の中でも個人的に大好きなTVシリーズの映画版だが、今回改めて気づいたのは基本的にサイレント・コメディ的要素が極めて高いということ。主人公ショーンの造形にバスター・キートンのポーカー・フェイスが参考にされているというのも、この長編版でいっそう明確になった感がある。どんな窮地に立とうともクールなスタンスを決して崩さぬアホらしさ。特に長編もののキートン映画における、ナンセンスが増幅していくクレッシェンドの魅力が見事に活かされているという点で、現代では稀なスラプスティックの秀作だ。ここぞというシーンでキッド・クリオール&ザ・ココナッツやマッドネスが鳴るのも世代ってもんだね。

  • 相馬 学
    言葉ではなく、目でみる、音で聴く、温かさ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     アードマン・ファンにとって文句ナシに楽しめるのは言うまでもないが、セリフが一切ない、すなわち言葉に頼らず映像で伝える作品という点でも評価すべき逸品。

     キャラクターがどう動けば愛嬌が出るか、どう動けば観客はドキドキできるか? それを踏まえたクレイ・アニメーションの、計算づくの美学に見とれた。もちろん小難しいことを考える必要はなく、サムズアップして笑うキャラを見ているだけでほのぼのとした気持ちになれる。

     個人的にはアイルランドのバンド、アッシュのフロントマン、ティム・ホイーラーによる牧歌的な主題歌も心地よく、チャーミングであったことを付け加えておきたい。

  • なかざわひでゆき
    無声喜劇の魅力を継承するファミリー向けクレイ・アニメ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     奇しく(?)も未年の劇場公開となる初の長編映画版。記憶喪失で牧場へ戻れなくなった飼い主を探すため、ひつじのショーンと仲間たちが大都会へ出て奇想天外なアドベンチャーを繰り広げる。
     シンプルなストーリーにホノボノとしたユーモア。ショーンたちを捕まえようと執拗に狙う動物収容センター職員とのハラハラするイタチごっこや、ナンセンスなスラップスティック・ギャグがふんだんに盛り込まれ、全編セリフのないことを忘れさせてしまうくらい賑やかな仕上がりだ。
     一部でVFXも使われているようだが、それでもクレイ・アニメならではの手作りの温もりも健在。子供はもちろん、大人も童心に帰って楽しめる作品と言えよう。

  • 平沢 薫
    "手で触ったときの感じ"が伝わってくる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     アードマン・アニメーションズの魅力は、素材感にあり。ストップモーション・アニメの人形たちを形成する多様な素材の「手で触ったときの感じ」が伝わってくる映像になっているのだ。目は硬いプラスチック、顔や手はそれより柔らかい粘土で、和菓子より少し密度が高そうだが、触ったら跡がつきそう。そして羊の頭部と胴体部はモフモフの毛糸。そんな質感が映像から伝わってきて、お気に入りの毛布にくるまるような心地よさを与えてくれる。笑いも、ゲラゲラ笑いではなく、クスクス笑い。そして、ブタたちが主人の留守にホームパーティするときにはプライマル・スクリームの曲で踊ったりして、ああ英国産だなあと痛感させてくれるのだ。

  • 森 直人
    祝!あのショーンが、ついに冠で長編だよ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ウォレスとグルミット 危機一髪!』(95年)をいまだアードマンの最高傑作だと信じている筆者にとって、同作の脇キャラで初登場した子羊ショーンがここまで“出世”したことに感涙!

    今回は初の劇場版ということで都会への大冒険が展開。言わば『スヌーピーの大冒険』(72年)の応用か? 台詞が一切なしという“サイレント”状態ながら、「牧場主の記憶喪失」という大ネタも入れ込み、85分の長編に巧く仕立てている。

    お話としては日常の平穏に負荷をかける作劇を使っているので、単純に癒されるのは小ネタの方かも。いたずらブタの一匹がプライマル・スクリームの「ロックス」を大音量で流して踊ってるシーンは忘れ難いなあ。

動画

『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』予告編
ひつじのショーンの面白ストーリーに引き込まれる!映画『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』特報
ショーンたちの「中身」が明らかに?『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』特別映像
『ひつじのショーン』ジャスティン・フレッチャーインタビュー映像

写真ギャラリー

Lionsgate / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』ポスター
    ポスター
  • 映画『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』ポスター
    ポスター
  • 映画『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』チラシ
    チラシ
  • 映画『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』ミニフィギュア5種(選べます)
    ミニフィギュア5種(選べます)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』 なぜ大人の心にしみるのか from 映画のブログ (2015年7月16日 0時48分)
    日本で一番ヒットした曲が何かは、みなさんご存知だろう。  現在は一人のファンが何枚ものCDを買うように仕向ける商法があるけれど、そんなことしなくても本当にヒットする曲は爆発的に売れまくる。  日本でもっとも売れたシングルは、およそ一家で一枚しか買うことのなかった時代、1975年に発売された高田ひろお作詞・佐瀬寿一作曲の『およげ!たいやきくん』だ。  『映画 ひつじのショーン ~バ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年7月14日 23時30分)
    牧場を飛び出し、都会へGo! 英国のアードマン・アニメーションズの大ヒット作、「ウォレスとグルミット」のキャラクターから生まれたスピンオフ、「ひつじのショーン」初の長編映画化。 牧場でまったり展開する短編テレビシリーズとは一線を画し、都会で記憶喪失になって帰れなくなってしまった牧場主を探して、おなじみの動物たちが都会に遠征して大冒険を繰り広げる。 ショーンや相方の牧羊犬のビッツアー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年7月5日 0時39分)
    ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~ [CD]羊のショーンが牧場主にいたずらを仕かけたことから巻き起こる騒動を描くクレイ・アニメ「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月29日の週の公開作品
  3. 『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』