シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
Zアイランド
(C) 2015「Zアイランド」製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年5月16日
上映時間:
配給:
KADOKAWA / 吉本興業
製作:
「Zアイランド」製作委員会
カラー

チェック:芸能生活30周年を迎えた哀川翔を主演に迎え、『サンブンノイチ』などの品川ヒロシが監督を務めたアクション。組同士の抗争に敗れた主人公が10年の歳月を経て、とある島でかつてのライバルたちと再び対峙(たいじ)し、想定外のバトルを展開する姿を活写する。哀川演じる元組長の弟分を鶴見辰吾が演じ、その元妻を鈴木砂羽が好演。本気度満点のアクションはもとより、笑いに涙に家族ドラマ満載の内容に圧倒される。

ストーリー:ある雨の晩、宗形組組長の博也(哀川翔)は、武史(鶴見辰吾)や信也(RED RICE)らと共に高級クラブに繰り出していた。そこを対立する竹下組組員に襲われ、博也は足に深い傷を負い、武史は服役することに。10年後、武史が出所したときにはすでに宗形組は解散しており、博也は運送業を営みつつ武史の娘日向(山本舞香)の世話をしていた。

Zアイランド
(C) 2015「Zアイランド」製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    職人技とパワーで見せる和製ゾンビ映画の快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ようやく真っ当な和製ゾンビ映画が出てきてくれたという印象だ。ワイヤーワークを取り入れたアクションもキレがいいし、ヤクザ物とのジャンルミックスにもソツがない。主要キャストだけで15人を超える群像劇も破綻することなくまとめられており、品川ヒロシ監督の巧みな職人技が光る。
     お笑い芸人ならではのしゃべくり漫才的なセリフの応酬は時として過剰に感じられるし、随所に散りばめられたゾンビ映画ウンチクは「サンブンノイチ」の名作映画オマージュ並に底が浅いものの、それもまたご愛嬌と許せてしまうだけの勢いは十分にある。ヤクザとゾンビ、それぞれの悲哀をきっちり盛り込んでいる辺りも芸が細かい。

  • 平沢 薫
    "ゾンビ映画あるある"ネタに思わず爆笑
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     女好きの青年医師が、意外なことにゾンビ映画オタクで、ゾンビが襲ってきてるというのに、「スクリーム」のランディのように、"ゾンビ映画あるある"を解説せずにはいられないところがウケてしまった。そんな"あるある"満載のゾンビ映画でありつつ、ちゃんと、ヤクザ映画で、個性的すぎる登場人物ばかりの群像劇が楽しめる。
     だが、品川ヒロシ監督映画の真髄は、リズム。この監督の"しゃべり"に"しゃべり"を掛け合わせて映画のリズムを作る技は、さらに磨きがかかり、会話でリズムが生めないときはカメラのカット割りでリズムを生み出す。お笑い芸人やミュージシャンを多数起用、その存在感とリズムで映画を躍動させている。

  • 相馬 学
    確かな熱は感じるが、ギャグは冷や水的!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     熱のこもったエンタメ映画を撮れる監督として品川ヒロシには注目していたが、哀川翔をスターとしてバリッと撮れる才腕は見事。稀有な個性を持つこの俳優をゾンビと噛み合わせるアイデアからして面白い。

     ゾンビの恐ろしさとおかしさのバランスや少女アクションの色気を効かせつつ、負け犬である主人公をヒーローに高める、映画的温度の上昇。エンタメのツボを心得たニクい作りだ。

     ただし前半、主人公が登場しないシーンでの“狙った”感だけが先立つセリフの応酬は鼻に突く。TV的な言葉だけのギャグは、スクリーンで見るには少々キツい。テレビ慣れした観客には気にならないだろうが、映画ファンとしては不満が残る。

  • くれい響
    ここまでやってくれたら、評価せずにはいられない!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『サンブンノイチ』で「今度はアクション映画を!」と思わせた品川監督だが、しっかりアクションを魅せるゾンビ映画という、ガチなジャンルムービーを撮った。Vシネ・オマージュから始まり、エログロバイオレンス描写満載のB級テイストは、あくまでも監督の狙い。予算も時間も費やされているのが一目瞭然で、これまでの国産ゾンビ映画と一線を画すクオリティの高さを証明。風間俊介演じるゾンビ映画マニアの医師などの各キャラも生き生きしており、哀川翔主演作としても『25NIJYU-GO』で感じたモヤモヤを吹き飛ばしてくれる。ただ、物語の発端となる組長の愛娘の顛末に関しては、手抜きじゃないかと思えるぐらい残念すぎる。

  • 森 直人
    もはや品川ヒロシは「優秀な職人」監督である
    ★★★★
    »読む«閉じる

    監督:品川ヒロシの実力はこの4本目で最も判り易く認知されるのではないか。ある意味、日本の映画人にとって鬼門といえるゾンビ映画に挑みながら、これだけポップなエンタメに仕上げたのは画期的。グロを抑えた西村映造の仕事も絶妙。

    狙いは日本版『ゾンビランド』とのことだが、『バタリアン』『ドーン・オブ・ザ・デッド』『ワールド・ウォーZ』などロメロ原理主義とは異なる「批評・変換」意識が脈打つ。言わばニュースクール派の快作なのだ。

    同時に「哀川翔30周年記念映画」の文脈をきっちり押さえているのも◎。哀川が三池崇史と組んで放った特殊Vシネマをアップデートしたような。水野絵梨奈&山本舞香の最強JKにも拍手!

動画

品川ヒロシ監督× 哀川翔主演!映画『Zアイランド』予告編
映画『Zアイランド』特報
映画『Zアイランド』挿入歌「Z DUB」PV/卍LINE(窪塚洋介)、般若、SHINGO★西成
哀川翔、品川ヒロシに主演作品の監督を頼んでいた 映画『Zアイランド』舞台挨拶
『Zアイランド』哀川 翔 品川ヒロシ監督単独インタビュー 哀川翔もうなる品川ヒロシ「全力の監督力」

ポスター/チラシ

  • 映画『Zアイランド』ポスター
    ポスター
  • 映画『Zアイランド』ポスター
    ポスター
  • 映画『Zアイランド』チラシ
    チラシ
  • 映画『Zアイランド』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『Zアイランド』“Z”感染予防ウェットティッシュ
    “Z”感染予防ウェットティッシュ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
主題歌: 湘南乃風

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『Zアイランド』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • Zアイランド : 俺は、続編が観たい!! from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2015年5月21日 20時29分)
    ちょっと古い話になりますが、大阪都構想の住民投票惜しかったですね。大阪の未来を考える投票が、未来のない年代に否決されるとは…。しかし、この理不尽さも民主主義というも ...[外部サイトの続きを読む]
  • Zアイランド~危険ドラッグの隠し味 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年5月19日 22時3分)
    公式サイト吉本興業製作、哀川翔芸能生活30周年記念映画。品川ヒロシ監督。哀川翔、鈴木砂羽、山本舞香、水野絵梨奈、木村祐一、宮川大輔、窪塚洋介、鶴見辰吾、RED RICE、大悟、川島 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Zアイランド from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年5月17日 0時52分)
    孤島を舞台にヤクザたちが謎の感染者と戦う和製ゾンビ映画「Zアイランド」。群像劇、クロスオーバーのジャンルものとしてよくまとまっている。対立するヤクザ・竹下組との抗争に ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月11日の週の公開作品
  3. 『Zアイランド』