シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

天才スピヴェット

公式サイト:http://spivet.gaga.ne.jp/
天才スピヴェット
(C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA
英題:
THE YOUNG AND PLODIGIOUS T.S SPIVET
製作年:
2013年
製作国:
フランス/カナダ
日本公開:
2014年11月15日
(シネスイッチ銀座ほか)
上映時間:
日本語字幕:
松浦美奈
配給:
ギャガ
後援:
在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
カラー/シネマスコープ/5.1chデジタル

チェック:『アメリ』『ロング・エンゲージメント』などのジャン=ピエール・ジュネが、ライフ・ラーセンの小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を実写化したアドベンチャー。発明家を対象とした権威ある学術賞に輝いた10歳の天才少年が、授賞式出席のためにモンタナからワシントンへと向かう中で体験する冒険を映す。『英国王のスピーチ』などのヘレナ・ボナム=カーターをはじめ、ロバート・メイレット、ジュディ・デイヴィスらが出演。主人公である少年の創造力や発想力を具現化した、ジュネ監督ならではのビジュアルにも目を奪われる。

ストーリー:天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れた発明家に授けられるベアード賞受賞を知らせる電話が。授賞式に出席するため、彼はたった1人で家のあるモンタナからワシントンへ旅立つことに。さまざまな出来事や人々と出会いながら、カウボーイの父親、昆虫博士の母親、アイドルを目指している姉、事故によってこの世を去った弟へ思いをはせるスピヴェット。やがて彼はワシントンに到着し、授賞式に臨む。

天才スピヴェット
(C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

映画短評

  • 山縣みどり
    まるで飛び出す絵本! こんな3D映画を待ってました。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    色調やメイク、衣装、舞台美術とディテールまで凝った映像美でいつもワクワクさせてくれるジュネ監督が手がけた3D映画だからと期待していたら、スタートしてすぐに降参。機能不全に陥った風変わりな家族が再生するまでを飛び出す絵本を思わせる映像美とドライなユーモアで綴り、一瞬たりともスクリーンから目が離せない。『アバター』以後、多くの監督が3Dを手がけたけれど、この作品が一番好き! 役者陣も監督の美学を受け止めた軽妙洒脱な演技を披露していて、特に輝いているのが天才少年T.S.を演じたカイル・ギャレット。困ったような物悲しい表情が自身の居場所を探せないT.S.役にぴったりで、母性本能をぐぐっと刺激された。

  • 平沢 薫
    なるほど「飛び出す絵本」は3Dの元祖!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    各章冒頭の「飛び出す絵本」が本作の真髄。この絵本は、ジャン=ピエール・ジュネ監督の映画術の象徴。飛び出す絵本にお気に入りアイテムを配置するように、この監督は「ロスト・チルドレン」「アメリ」「ミックマック」でも、彼の美学を凝縮したアイテムを配置して、独自の箱庭的人工世界を構築してきた。これまでのアイテムは室内系で色もデザインもヨーロッパ系だったが、今回は舞台がアメリカの広大な土地。アイテムも、カウボーイ、ホーボー、機関車と、屋外系アメリカ仕様、色調も鮮やかな原色。なのに、ジュネの美学に揺るぎはない。この監督の個性は、アイテム個々のデザインではなく、その配置方法なのだと痛感。

  • なかざわひでゆき
    2014年の一本はこれで決まりです!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     これぞまさしく“飛び出す絵本”。もともと既成の映画的文法には縛られないジュネ監督だが、本作では最新の3D技術を手にしたことにより、溢れ出るイメージの洪水を自由奔放かつ縦横無尽に散りばめながら、それらを主人公の豊かな知性と繊細な感情をダイレクトに伝えるツールとして見事に機能させている。
     だが、それ以上に素晴らしいのは、天才であるがゆえに理解されない少年スピヴェットの孤独や悲しみを優しく包み込みつつ、子供らしい無邪気な冒険心や飽くなき好奇心のワクワクするような楽しさを見る者に思い起こさせてくれるストーリーだろう。抱きしめたくなるほど愛らしい作品。筆者の“生涯のベスト10”入り確実です。

  • 森 直人
    天才ジュネ流のマーク・トウェイン的世界
    ★★★★
    »読む«閉じる

    学校のレポートでは「C+」を付けられる不遇の天才科学少年、T.S.スピヴェットは頭脳派のトム・ソーヤみたい。はみ出し者の冒険という主題もM・トウェイン的だが、本作の自然の風景は玩具的。モンタナの田舎から地球のミニチュアのような映像が展開する。

    まさにJ=P・ジュネならではのアメリカ横断ロードムービー。「飛び出す絵本」的な3Dはジョルジュ・メリエスの変奏でもあり、彼のコアにある少年性が最も表出された点において『アメリ』以上の代表作かも。

    しかし『リトル・ミス・サンシャイン』にしろ、落ちこぼれの天才を扱う物語はなんて痛快! 彼(ら)は権威や偽善など「社会のコード」から我々を解放してくれるのだ。

動画

映画『天才スピヴェット』予告編
映画『天才スピヴェット』メイキング映像
『天才スピヴェット』天才子役カイル・キャトレット君カンフー演舞:カイル・キャトレット カンフー演舞: Kyle Catlett,kung-fu performance

ポスター/チラシ

  • 映画『天才スピヴェット』ポスター
    ポスター
  • 映画『天才スピヴェット』チラシ
    チラシ
  • 映画『天才スピヴェット』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『天才スピヴェット』オリジナルトートバッグ
    オリジナルトートバッグ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『天才スピヴェット』の映画ニュース

  • ここのところ熱心に映画館に通っている元AKB48の大島優子が、自身のツイッターで佐藤かよとの「アイーン顔」を公開した。 21日、大島は「ゴーンガール観てきたよ☆ アゴでチ...トム・アット・ザ・ファーム』、13日には『天才スピヴェット』を観たことをツイッターで報告。なかでも...
  • 映画『アメリ』『ロスト・チルドレン』など、独自の映像感覚で世の中を映し出してきたジャン=ピエール・ジュネ監督が、一人の天才少年の成長を3Dで描く感動作『天才スピヴェット...向けていた。(編集部・入倉功一) 映画『天才スピヴェット』は11月15日よりシネスイッチ銀座ほか全国...
  • 『アメリ』の奇才ジャン=ピエール・ジュネ監督が手掛けた最新作『天才スピヴェット』のメイキング映像が公開され、天才少年役に抜てきされた子役俳優、カイル・キャトレット...に堪能できる。(文・岩永めぐみ) 映画『天才スピヴェット』は、11月15日よりシネスイッチ銀座、ヒュ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『天才スピヴェット』★ボクの一人旅~愛とユーモアと松と~ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年1月29日 0時52分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164837/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 アメリカ・西部(モンタナ)の田舎に住む、とある家族。 ・父 :カウボーイ ・母 :昆虫学者 ・姉 :アイドル志望 ・ボク(T.S.) :すごい発明で受賞☆ ・ボクと双子の弟 :父のお気に入り すごい発明をした10歳のボク(T.S.)が、表彰&スピーチのため 家族に内緒で、ひとりで... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Love is 『天才スピヴェット』(2013・フランス=カナダ) from 23時の雑記帳 (2015年1月15日 21時47分)
    今、近くの映画館でかかっているロードショーの予告編を全部YouTubeでチェックして、『天才スピヴェット』がダントツに良かったので観に行った。 どうやら間違いなかったようだ。 ただ、予告編の最初に出てくるエピソードを本編の流れの中で観ると印象が違った。 嫉妬深くて劣等感丸出しの小学校教師が天才少年のレポートに手ひどく駄目出しをする。 すると少年は「でもこれに掲載されたんですけ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 天才スピヴェット from sailor's tale (2014年12月14日 20時46分)
    まるでティム・バートンの映画を思わせるような、箱庭的・寓話的な世界観がとても暖かくてよい映画です。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 天才スピヴェット/あの親にしてこの子あり from MOVIE BOYS (2014年12月2日 19時53分)
    『アメリ』や『ミックマック』のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの小説を実写映画化。わずか10才の天才少年スピヴェットが権威ある学術賞・ベアード賞を受賞したことから、授賞式会場にたった独り旅立つ…。主人公スピヴェットを演じるのは本作で長編映画デビューを果たしたカイル・キャットレット。共演にヘレナ・ボナム=カーター、ロバート・メイレット、ジュディ・デイヴィスらが出演している。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 天才スピヴェット from 映画三昧、活字中毒 (2014年11月27日 0時18分)
    ■ ユナイテッド・シネマ浦和にて鑑賞天才スピヴェット/L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET 2013年/フランス、カナダ/105分 監督: ジャン=ピエール・ジュネ 出演: カイル・キャトレット/ヘレナ・ボナム=カーター/ジュディ・デイヴィス/カラム・キース・レニー/ニーアム・ウィルソン 公式サイト 公開: ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月10日の週の公開作品
  3. 『天才スピヴェット』