シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ショート・ターム

公式サイト:http://shortterm12.jp
ショート・ターム
(C) 2013 Short Term Holdings, LLC. All rights reserved.
英題:
SHORT TERM 12
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年11月15日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
配給:
ピクチャーズデプト
提供:
鈍牛倶楽部
カラー/1:1.85 アメリカンビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:ロカルノ国際映画祭ほか世界中の映画祭や映画賞を席巻した、未成年の保護施設を舞台に生きる喜びを描いた感動のヒューマンドラマ。ティーンエイジャーをケアするための短期保護施設で働くヒロインの心の闇や、彼女を取り巻く施設の子供たちが心に受けた傷を丁寧にすくい取る。監督と脚本は、これまでショートフィルムなどを手掛けてきたデスティン・ダニエル・クレットン。主演は、テレビドラマ「ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ」シリーズなどのブリー・ラーソン。人とのつながりや人の温かさを感じさせる、珠玉のストーリーが心に響く。

ストーリー:問題を抱える子供のためのグループホーム「ショートターム12」で働くグレイス(ブリー・ラーソン)。グレイスは、新入りのジェイデン(ケイトリン・デヴァー)という少女を担当することになる。グレイスは施設の同僚メイソン(ジョン・ギャラガー・Jr)と付き合っていたが、ある日、妊娠していることが判明する。そんな中、グレイスはジェイデンが父親に虐待されていたことに気付き……。

ショート・ターム
(C) 2013 Short Term Holdings, LLC. All rights reserved.

映画短評

  • 森 直人
    今の時代、人が人に教えるということのリアル
    ★★★★
    »読む«閉じる

    生々しい。10代の更正施設を舞台とする米国のドラマだが、承認欲求が満たされず自己肯定感を持てない子供たち――この群像は現代人の「生き難さ」を集めたコアな縮図のようだ。

    本作の特質は子供たちと共に、現場で働く若い職員の葛藤を映し出すこと。核となるのは自分も壮絶な過去を持つグレイス(B・ラーソン)。大人が子供を導くには「痛み」の共有が必要だが、同時に教える側が自らの内なる傷を乗りこえねばならない。そこでようやく「負の連鎖」が断ち切られる――これが問題意識の核心ではないか。

    その困難な闘いを抱えるグレイスの強さと繊細さ、彼女の周りの優しく勇敢な同僚たちも胸を打つ。今の時代に理想としたい大人の姿。

  • 山縣みどり
    お涙頂戴にしなかった監督の慧眼と客観性がまた良し!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    問題を抱えた児童を預かる施設を舞台にした物語なので、お涙頂戴のメロドラマになる可能性もあったが、監督はニュートラルな視線をキープ。その距離感が奇しくも主人公である世話係グレイスと傷ついたティーンたちのそれに通じ、我々も一定の距離を置きながら物語を追えるのがいい。この距離感は登場人物に共感できないから生まれるのではなく、厳しい現実に精神的に叩きのめされないための命綱のようなものかも。グレイスが同じ境遇のティーンと出会ったことで心の奥に隠していた傷と向き合う展開は想像がつくが、彼女たちの傷の深さを理解できるといったら嘘になる。ただ見終わったとき、他人に優しくしたいという思いがこみ上げてきた。

動画

未成年の保護施設で展開するストーリー!映画『ショート・ターム』予告編
映画『ショート・ターム』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『ショート・ターム』ポスター
    ポスター
  • 映画『ショート・ターム』チラシ
    チラシ
  • 映画『ショート・ターム』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ショート・ターム』オリジナル切手付 スペシャルメッセージポストカード
    オリジナル切手付 スペシャルメッセージポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

衣装デザイン: ジョイ・クレットン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ショート・ターム』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショート・ターム (2013/2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年12月10日 2時56分)
    家庭にいられない事情を抱えた子供たちの短期入所施設の日常。DVDで観た。 施設での生活に自分の居場所を見つけていたマーカスは18歳になると出所しなければならないため不安を感じている。 子供たちのために尽くしているグレイスはかっては逆の立場だった。グレイスは今でも心の問題を抱えている。 施設ですべてを解決できるわけではない。家庭に重大な問題があってもできることには限度がある。 □ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショート・ターム from ダイターンクラッシュ!! (2015年1月1日 23時51分)
    2014年12月31日(水) 18:00~ シネマカリテ2 料金:1000円(サービスデー) パンフレット:未確認 ロッテン・トマト満足度99%というも 『ショート・ターム』公式サイト 悪くはないのだが、ロッテン・トマト満足度99%の実力は、感じられなかった。 期待し過ぎたのか。 ドラマ的派手さが無い、地道で生真面目な、いい作品なのだが、やはり単細胞な俺は、派手好みなのだろうか。 何事も有耶無耶の内に解決しているのも気になる。 お勧め度:☆☆☆ 満足度:☆☆★ 俺度:☆☆☆ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショート・ターム/優しさの連鎖が人を幸せにする from MOVIE BOYS (2014年12月11日 19時35分)
    ロカルノ国際映画祭ほか数々の映画祭で賞を獲得し、かの有名な「ロッテントマト」で満足度99%の実績を記録したヒューマンドラマ。未成年の短期保護施設“ショートターム12”で、施設の子供たちやその子たちをケアするヒロインたちの心情を丁寧に描いている。監督と脚本はデスティン・ダニエル・クレットン。主演はテレビドラマで活躍してきたブリー・ラーソンが務めている。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ショート・ターム」@よみうりホール from 新・辛口映画館 (2014年11月13日 23時20分)
    今回私はディスティン・クレットン監督の舞台挨拶付きの試写会に参加した。舞台挨拶と言っても配給会社の女性社長が司会を務めるフレンドリーな物で、イメージソング「dawn」を歌う関取 花さんのライブがありなのだが、映画上映前から個人の主観で「作品がいい」と感動を押し付けて、観客の感情をコントロールしようとする、宗教団体の勧誘イベントの様な作品の足を引っ張る押しつけがましさがマイナスだ。客入りは1階席はほぼ満席、2階席は3割位だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「ショート・ターム・・・・・評価額1700円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年10月18日 23時42分)
    誰かと寄り添えば、明日はきっと今日より明るい。 自身や家庭に様々な問題を抱えたティーンエイジャーを保護し、短期滞在させる施設“ショート・ターム12”の日常を描くハードなヒューマンドラマ。 実際に二年間ショート・タームで勤務した経験を持つ監督のデスティン・クレットンは、2008年に21分の同名短編「Short Term 12」を発表。 この作品がサンダンス映画祭で審査員賞を獲得した事... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月10日の週の公開作品
  3. 『ショート・ターム』