シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

スガラムルディの魔女

スガラムルディの魔女
(C) 2013 ENRIQUE CEREZO P.C., S.A.- LA FERME PRODUCTIONS-ARTE FRANC ECINEMA
英題:
WITCHING AND BITCHING
製作年:
2013年
製作国:
スペイン
日本公開:
2014年11月22日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
松竹メディア事業部
後援:
スペイン大使館 / セルバンテス文化センター東京
カラー

チェック:『気狂いピエロの決闘』などで熱狂的な支持を集めるスペインの鬼才アレックス・デ・ラ・イグレシア監督が放つ異色作。強盗計画を実行して逃亡中に魔女伝説の地として有名なスガラムルディに迷い込んだ強盗団が繰り広げる決死の脱出劇を描き、スペイン版アカデミー賞とも呼ばれるゴヤ賞を席巻した。『アイム・ソー・エキサイテッド!』などのウーゴ・シルバ、『灼熱の肌』などのマリオ・カサス、過去のイグレシア監督作品に出演経験のあるカルメン・マウラらが出演。

ストーリー:失業した揚げ句妻ともうまくいかなくなったホセ(ウーゴ・シルバ)率いる強盗団は白昼堂々宝飾店を襲撃、ホセは息子らと共に偶然通りかかったタクシーに飛び乗り逃げる。パトカーの追跡をかわすうちに道に迷ってしまった一行は、魔女伝説が伝わるスガラムルディ村にたどり着く。人食い魔女たちの洗礼を受ける中、強盗団を追ってきた者たちも加わり魔女軍団と人間の壮絶バトルが始まり……。

スガラムルディの魔女
(C) 2013 ENRIQUE CEREZO P.C., S.A.- LA FERME PRODUCTIONS-ARTE FRANC ECINEMA

映画短評

  • なかざわひでゆき
    いろんな意味で人を食った怪作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     カルト映画の宝庫と呼んでも過言ではないスペイン映画界にあって、ひときわ異彩を放ち続ける奇才アレックス・デ・ラ・イグレシアの最新作は、過去の「ハイル・ミュタンテ!」や「気狂いピエロの決闘」に比べると若干のパワーダウンは否めないものの、それでも十分にハチャメチャで人を食った(本当に人を食う連中も出てくるけど)怪作だ。
     犯罪アクションからホラー・ファンタジーへと有無を言わさずギアチェンジする先の読めなさ、荒唐無稽な設定やストーリーに男女のセックス・バトルという永遠のテーマを痛烈な皮肉を込めて展開させる鋭さ。こういう映画がアカデミー賞で最多受賞してしまうスペインって凄い国だ。

  • ミルクマン斉藤
    男vs女。永遠に尽きぬセックス・バトル。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ディートリヒやサッチャーまで出てくる古今東西の“魔女づくしタイトル”が示すように、これはいわば「女性はすべからく魔女である」という確固たる信念に基づいた映画(笑)。キリストの扮装して宝飾店を襲撃する主人公はじめ、男どもはみんな女性に劣等感を抱いてるダメな奴。バスク地方の村で彼らを犠牲に捧げんとし、ヴィレンドルフのヴィーナスそっくりな大地母神を崇めるカニバリズムの魔女たちは「女を苦しめる愚かな文明の終わり」を言祝ぐ男性憎悪の急進的フェミニスト軍団。いわば男性vs女性の飽くなきセックス・バトルが永遠に繰り広げられるこの世界を、とことん馬鹿馬鹿しくジャンル映画的に描いた、流石イグレシアな快作だ。

  • 中山 治美
    鬼才大国・スペインにはかなわない
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ダリにガウディ、アルモドバルと、スペインは鬼才の宝庫。尊敬の念を込めイカれた人の発想にはかなわん。強盗団にキョーレツな罰を与えるかのような魔女たちの襲撃という怒涛の展開に、笑うしかない。その疾走感!その独創性! 日本じゃ『どつかれてアンダルシア(仮)』の人という程度の認識だが、スペイン映画芸術科学アカデミーの代表を務めたこともある巨匠。崔洋一監督って感じ? そのトップからしてぶっ飛びブラックコメディを発表し、おまけに出演女優と再婚って有り余る精力からしてそりゃかないませんな。
     もっとも御本人は「俺はバスク人」とおっしゃるでしょうが。でもアルモドバル作同様、女強しなのはスペイン気質なのかも。

  • 相馬 学
    過小評価されている異才に、今こそ正当な評価を!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     キリストの格好をした子連れ強盗犯に、同じく扮装中の仲間たち、ヘタレなタクシー運転手、そして恐ろしい魔女たち。これだけクセ者がそろうと映画が面白くならないワケがない。

     彼らがぶつかり会うことで起こる化学反応はもちろん冒頭の強盗犯一味と警察のチェイスも、後半の毒牙をあらわにする魔女たちの暴れっぷりもスリリング。まさしく予測不可能なエンタテインメントを成立させている。

     そのスジにファンの多いアレックス・デ・ラ・イグレシア監督もすでにキャリア20年。同時公開となる、これまた予測できない風刺劇『刺さった男』との合わせ技で、ギリアムやティム・バートンに匹敵する才能を、今こそキッチリ評価すべきだ!

動画

強盗団が魔女のいる村に逃げ込んだら……!映画『スガラムルディの魔女』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『スガラムルディの魔女』ポスター
    ポスター
  • 映画『スガラムルディの魔女』チラシ
    チラシ
  • 映画『スガラムルディの魔女』チラシ
    チラシ
  • 映画『スガラムルディの魔女』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スガラムルディの魔女』の映画ニュース

  • タレントのKABA.ちゃんが20日、都内で行われた映画『スガラムルディの魔女』の女性限定試写会に出欠し、睾丸(こうがん)を摘出したことについて赤裸々に語った。 本作は、...ゃんだった。(取材・文:壬生智裕) 映画『スガラムルディの魔女』は11月22日より全国順次公開...
  • 2本の新作『スガラムルディの魔女』と『刺さった男』を引っ提げ来日した、スペインの名匠アレックス・デ・ラ・イグレシアと、両作に出演した女優で妻のカロリーナ・バングが...を明かした。(取材・文:小林真里) 映画『スガラムルディの魔女』『刺さった男』は11月22日よりヒューマン...
  • グラビアアイドルの吉木りさが12日、スペイン映画『スガラムルディの魔女』舞台あいさつに、アレックス・デ・ラ・イグレシア監督、ヒロイン役の女優カロリーナ・バングと共...映される。(取材・文:鶴見菜美子) 映画『スガラムルディの魔女』は11月22日よりヒューマントラストシネマ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スガラムルディの魔女 (2013) ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年5月17日 3時2分)
    子供を含む窃盗団が逃げ込んだのは魔女の村。魔女たちは彼らが来るのを予知していて生贄にしようと待ち構えていた、というホラーコメディ  出てくる男たちがみんな女の悪口を言い始め、女はみんな魔女になる。真ん中あたりで魔女の館に迷い込み大狂乱の魔女パーティが始まる。  かなりグロな映像もある。途中ノーパンの女がスカートをめくりあげるシーンがある。モザイクもボカシもないが見ないほうが良い。  D... ...[外部サイトの続きを読む]
  • スガラムルディの魔女/刺さった男 from 我想一個人映画美的女人blog (2015年8月28日 16時11分)
    「気狂いピエロの決闘」などで熱狂的な支持を受けるスペインのアレックス・デ・ラ・イグ レシア監督の ブラックコメディを2作まとめて。 ちょうど公式サイトはこの2本まとめてになってた。 公式サイト どちらもちょこっとネタバレありで。 まずは、魔女が... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月17日の週の公開作品
  3. 『スガラムルディの魔女』