シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チェック:「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを実写化したサスペンス。法では裁けぬ悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防が展開する。監督は『ゴールデンスランバー』、『白ゆき姫殺人事件』などの中村義洋。『脳男』などの生田斗真が、新聞紙製の頭巾を被った異様な主人公を怪演、その脇を戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々ら実力派が固める。息詰まるタッチに加え、社会のさまざまな闇に光を当てる硬派な視点にも注目。

ストーリー:インターネット上に、新聞紙製の頭巾にTシャツの男(生田斗真)が登場する動画が投稿され始める。彼は動画の中で、集団食中毒を起こしながらも誠意を見せない食品加工会社への放火を予告する。警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香(戸田恵梨香)が捜査に着手するが、彼の予告通りに食品加工会社の工場に火が放たれる。それを契機に、予告犯=シンブンシによる予告動画の投稿とその内容の実行が繰り返される。やがて模倣犯が出没し、政治家殺害予告までもが飛び出すようになる。

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    『羊たちの沈黙』と同じ遊びがあるのはご愛嬌。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『白ゆき姫殺人事件』に続く中村義洋&林民夫のネット社会ものだが、今回のほうがずっとサスペンスフルでスピード感あり。低賃金労働者&東南アジア移民という被搾取階層と、警察という絶対的権力の闘いという社会派的モデルを呈しつつも展開は極めてエンタテインメントしているし、「シンブンシ」メンバーのキャスティングも絶妙。刑事・戸田恵梨香が犯人・生田を(彼らは合わせ鏡的関係でもあるのだが)六本木から渋谷へと至る裏道から渋谷川に沿って延々と追っていく長回し追跡シーンは、相馬大輔のステディカム撮影も併せて素晴らしい。しかも中盤までは義賊的愉快犯だと思われたものが終盤近くで一変し、物語が別の姿を見せるのだ。

  • 相馬 学
    現実の重みと虚構の面白さのバランスはとれたのか?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     インターネット社会では起こりうるかもしれない――そう思わせるリアリティに加え、弱者の反抗という点が判官びいきの筆者には面白く映った。

     動画サイトを駆使して悪を処罰するのは現代的であるばかりか、観る者にとっては胸のすく思いがする。シンブンシと捜査陣の攻防スリリングで、延々と走り続けるチェイスも息遣いが感じられ、緊張指数は高い。

     男優陣はいずれも抑えた演技が利き現実味を感じさせるが、ヒロインの力みが勇み足。戸田恵梨香は熱のこもった演技ができる良い女優だが、リアリティ先行の本作ではその熱が生きない。全力疾走チェイスでの熱演は買うが、正直ミスキャストではなかったか。

  • くれい響
    さすがは『白ゆき姫殺人事件』の監督&脚本コンビ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    とにかく、大間々昴のよるテーマ曲が耳から離れないほどのインパクトである。後半にかけて、泣かせのヒューマンドラマに着地していく展開ゆえ、シンブンシの犯行動機も含め、評価が分かれるところだが、監督:中村義洋&脚本:林民夫のコンビは、前作『白ゆき姫殺人事件』に続き、ネット社会(犯罪)に潜む恐怖を扱った難しい原作を見事に交通整理し、クライマックスまで引っ張ってくれる。映画俳優としての貫録も出てきた生田斗真はもちろん、前作では欠席だった中村組常連の濱田岳、わずかなシーンながら爪痕を残す窪田正孝など、男優陣の使い方はことごとく巧い。その一方、小松菜奈の魅力がまったく生かされていないのは悔やまれる。


スタッフ

監督:
脚本: 林民夫
原作: 筒井哲也

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『予告犯』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「予告犯」 from 元・副会長のCinema Days (2015年7月20日 6時48分)
    決して上等な映画ではないのだが、とても重要なテーマを扱っているおかげで、最後まで飽きずに画面に対峙することが出来た。また、本作の内容と似たようなことがいつ起きるか分からない時勢であることが、より一層この映画の存在感を大きくしている。  頭から新聞紙... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「予告犯」 from ここなつ映画レビュー (2015年7月7日 17時8分)
    ネット社会を活用し世間を震撼させる、ある意味最先端の題材なのだが、テーマは意外にも青臭い。その青臭さが良かった。「頑張ればいいのよ…!」と自らも辛い過去を持つ女警部(戸田恵梨香)が「頑張れるだけ幸せなんだ」と、すれ違う人にゲイツ(生田斗真)の面影を見るシーンは結構胸にくる。役者は全体的に小粒。だが、みんな芸達者。主役の生田斗真自体が大粒かといえばそうでもないので、上手くバランスが取れていたと言えよう。好きな田中圭が、あーやっぱりこの人ちゃんとできるのね、というヤなキャラを演じたのは個人的に嬉しかった。登場シ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 予告犯 from ダイターンクラッシュ!! (2015年7月5日 21時49分)
    2015年6月6日(土) 21:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1300円(レイトショー) パンフレット:未確認 プロレタリアート的でセンチメンタル 『予告犯』公式サイト 荒川良々を除き主役を張れる役者を集めた。 そういう意味でも、原作を知らないし、痛快な犯罪劇を期待したのだが、社会的弱者が復讐も半場で、仲間のために自己犠牲を払うという、哀れな映画だった。 同じ底辺の話なら、バカバカしいカイジのほうが気楽だ。藤原は五月蠅いけれど。 お勧め度:☆☆★ プロレタリアート度:☆☆☆☆ 俺度:☆ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ネタバレ】映画予告犯 あらすじと感想 結末で評価がわかれそう【漫画との違いアリ】 from テレビみた (2015年6月16日 17時6分)
    映画予告犯あらすじと感想 現代というかネットを利用した話題になりやすい炎上などの部分を使っていて、実際に起こった話をモチーフにしている部分も多いのでリアル感がありますが、結末を衝撃的というかフィクションな感じにして架空の話しであるというのがはっきりしていて面白かったです。 結末、予告犯の目的に納得がいかない人も多いと思いますが、私は楽しめました。 個人的な見解ですが最後には... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「予告犯」:走りの追跡シーンが見事! from 大江戸時夫の東京温度 (2015年6月14日 22時54分)
    映画『予告犯』は、中村義洋監督らしいヒューマンな匂いを漂わせた犯罪映画。原作のマ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月1日の週の公開作品
  3. 『予告犯』