シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
百円の恋
(C) 2014 東映ビデオ
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年12月20日
(テアトル新宿ほか)
上映時間:
製作プロダクション:
スタジオブルー
製作:
東映ビデオ
配給:
SPOTTED PRODUCTIONS
カラー/DCP5.1ch/ビスタサイズ

チェック:32歳のパッとしない女性がボクサーとの出会いから、毎日をサバイブしながら恋愛とボクシングに目覚めていく姿を、安藤サクラが演じた人間ドラマ。実家を出て100円ショップで深夜労働を開始、ボクサーとの出会いと恋もうまくいかないところに、衝動的に始めたボクシングで人生をやり直そうとする姿を活写。共演は、テレビドラマ「たべるダケ」などの新井浩文。監督は『イン・ザ・ヒーロー』などの武正晴。さえない日々に葛藤し、ボクシングに傾倒するヒロインを、繊細かつ体を張った熱演で見せる安藤に引き込まれる。

ストーリー:32歳の一子(安藤サクラ)は実家でだらしない毎日を過ごしていたが、離婚して実家に戻ってきた妹の二三子といざこざを起こし、一人暮らしをすることに。100円ショップで深夜労働にありつき、相変わらずな日々を送っていたものの、ボクサーの狩野(新井浩文)と恋に落ちる。狩野との幸せな日々はすぐに終わってしまうが、ある日、たまたま始めたボクシングが一子の人生を変える。

百円の恋
(C) 2014 東映ビデオ

映画短評

  • なかざわひでゆき
    荒んだ現代社会に怒りの拳をぶつける女
    ★★★★
    »読む«閉じる

     自堕落に生きるクズ同然のニート女が実家を追い出され、世間の理不尽な厳しさに鬱屈したものを抱えつつも、やがてその不満と怒りをボクシングにぶつけていく。
     なんたって、全編に渡る安藤サクラの熱演と怪演が白眉。ボクシング・シーンの本気度にも圧倒されるが、冒頭の人生も女も捨てきったケダモノぶりがまたドン引きするくらい凄い。
     労働者を搾取するブラックな職場環境、他人に優しくする余裕すら持てない人々。荒みきった現代日本社会の底辺で、生きる目的も気力も失った若い世代の、これはいわば覚醒と再生のドラマだ。若者よ、もっと怒れ、もっと貪欲になれ!と喝を入れるかのようなエネルギーを感じる。

  • ミルクマン斉藤
    脚本・演出がサクラに及ばず隔靴掻痒。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    安藤サクラが少なくとも今の日本映画の一面において最強の女優であるのは疑いない。掻き痕だらけの汚いケツをさらけ出すアラサー女が肉体改造し、ついには狂犬の目をしたボクサーへと変貌。それを実際にやってのける彼女にはもう凄味しかないが、作品としてはそれだけ。ひたすらウザい中年店員(坂田聡、仕事激増の予感)も、廃棄弁当に食い下がるホームレスおばさん(根岸季衣)も、うんざりするほど繰り返される百円コンビニのBGMともども最低すぎて印象的だがあまりにあっさりとドラマから消えるし、なにより納得できないのはクズ男・新井浩文との決着だ。この締りのなさ同様、クライマックスの試合もモンタージュ緩すぎ。

  • 中山 治美
    役者はカラダが資本です
    ★★★★
    »読む«閉じる

     安藤サクラのボクシングシーンが話題だ。それだけじゃない。当たり前のように濡れ場で裸身を魅せる。その覚悟や気迫にただ、ただ圧倒。彼女をそこまで本気にさせた脚本やスタッフも評価すべきだろう。
     とはいえ欧米女優にすれば「作品に必要なんだから、当たり前じゃん」と鼻であしらわれそうだが。それが特筆されてしまう日本の芸能界の現状を憂慮することも忘れてはならない。
     欲を言えば、新時代のカッケー女を体現してくれるかと思いきや、肝心の恋はバックに「神田川」が流れそうな昭和テイスト。特にラストは…ハードボイルドにキメて欲しかったぜ。

  • くれい響
    安藤サクラのスゴさに尽きる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    言われなくても、安藤サクラがスゴい女優なのは分かるだろう。それだけハードルを上げて観ても、デ・ニーロ・アプローチで攻めてくる本作の彼女は、一時期のジェニファー・ジェイソン・リーを彷彿させるほどスゴい。とはいえ、それに尽きるのも事実。このダメ・ヒロインを彼女より知名度のある女優が演じれば、さらに評価されるだろうが、彼女で収まるあたりが、日本映画界の現状を物語っている。無骨さや直球さは本作の持ち味といえるが、あまりに脚本に捻りがない。最終的に無軌道に突っ走る、投げやりにしか思えないサブキャラ2人の末路には首を傾げるし、子役の使い方が巧い武正晴監督ながら、甥のキャラをもっと生かせなかったのも残念。

  • 森 直人
    激安女子のハードコアファイト――安藤サクラ is No.1!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    死ぬかってほど号泣。きょうは会社休みます――どころかバリバリニートの32才下流乙女が、百円(税込)コンビニのバイト&痛い目を経て『あしたのジョー』的世界に身を投じる!

    ……と書くとアナクロの極致っぽいが、この「若くない」青春模様は、ファスト風土化以降の貧困の現在をリアルに踏まえたもの。やたら上から目線のカスなおっさん(坂田聡、名演!)のDQN感など脇の群像も生々しい。

    クリープハイプの主題曲も最高。むろん映画の感動を牽引するのは、背中のお肉がぶよっとハミ出す自堕落な体からキレキレにシェイプしていく安藤サクラの完全燃焼だ。『0.5ミリ』と連発KO。デ・ニーロやD・バリモアに観て欲しいっすよ!

動画

安藤サクラの体当たり演技が光る!映画『百円の恋』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『百円の恋』ポスター
    ポスター
  • 映画『百円の恋』チラシ
    チラシ
  • 映画『百円の恋』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『百円の恋』特製絆創膏
    特製絆創膏

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
脚本: 足立紳
音楽: 海田庄吾
主題歌: クリープハイプ
製作: 間宮登良松
企画監修: 黒澤満
エグゼクティブプロデューサー: 加藤和夫
プロデューサー: 佐藤現 / 平体雄二 / 狩野善則
音楽プロデューサー: 津島玄一
撮影: 西村博光
照明: 常谷良男
美術: 将多
録音: 古谷正志
編集: 洲崎千恵子
衣装: 宮本まさ江
助監督: 山田一洋
製作担当: 大川伸介
特別協力: 大橋広宣

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『百円の恋』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 百円の恋 from 単館系 (2015年1月24日 0時21分)
    百円の恋 テアトル新宿 2014/12/20公開 32歳の一子(安藤サクラ)は実家でだらしない毎日を過ごしていたが、 離婚して実家に戻ってきた妹の二三子といざこざを起こし、一人暮らしをすることに。 100円ショップで深夜労働にありつき、相変わらずな日々を送っていたものの、 ボクサーの狩野(新井浩文)と恋に落ちる。 狩野との幸せな日々はすぐに終わってしまうが、ある日、たまたま始め... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『百円の恋』+(?)=百八円の恋 from 映画のブログ (2015年1月18日 14時49分)
    【ネタバレ注意】  斉藤一子(いちこ)は死んでいた。  黒澤明監督の名作『生きる』になぞらえれば、「彼女には生きた時間がない。つまり彼女は生きているとはいえないからである。駄目だ。これでは死骸も同然だ。」というありさまだった。  『百円の恋』が描く「死骸も同然」な暮らしはズルい。  公式サイトのストーリー紹介には「32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 百円の恋 ★★★★* from センタのダイアリー (2015年1月5日 23時44分)
    正直、安藤サクラは好きな女優じゃなかったのです。 何が嫌だったのかというと顔です(笑)。 でも、そんなの関係なく、この映画はとてつもないパワーにあふれていて圧倒されてしまうのです。 前半のぶよぶよに脂肪をまとった体から、後半の俊敏に体を動かすボクサーへの変貌は見事しか言いようがないです。 ニートで長年生活してきた一子があることをキッカケに生き方を変えるさまを全身全霊を... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 百円の恋/勝ったじゃんか! from MOVIE BOYS (2015年1月3日 18時33分)
    国内外からの応募総数151の脚本から選ばれた第一回「松田優作賞」グランプリ脚本(作:足立紳)を『カフェ・ソウル』の武正晴監督で映画化。32歳負け組どっぷりの女がボクサーと出会いボクシングに目覚めながら初めての“一勝”を目指す人間ドラマだ。主演は『かぞくのくに』の安藤サクラ。共演に『愛の渦』の新井浩文らが出演。安藤サクラの文字通り体を張った熱演がみもの。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『百円の恋』 (2014) from 相木悟の映画評 (2014年12月31日 11時16分)
    負け犬人生を吹き飛ばす“痛い”一撃! 予定調和なスポ根ものとは違う異色の味わいながら、最後にしっかり感動が心に刻まれる得難い一本であった。 本作は、松田優作の出身地である山口県周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞『松田優作賞』第一回グランプリの映... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月15日の週の公開作品
  3. 『百円の恋』