シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
チェイス!
(C) Yash Raj Films Pvt. Ltd. All Rights Reserved.
英題:
DHOOM: 3
製作年:
2013年
製作国:
インド
日本公開:
2014年12月5日
(TOHOシネマズみゆき座ほか)
上映時間:
提供・配給:
日活
配給:
東宝東和
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

チェック:『きっと、うまくいく』などのアーミル・カーンを主演に迎え、本国インドでヒットを記録した驚異のアクション。シカゴを舞台に、父親のリベンジを誓う主人公が警察相手に仕掛ける大胆不敵な挑戦と共に、彼を取り巻く人々の人間ドラマも映す。『命ある限り』などのカトリーナ・カイフがヒロインを演じ、セクシーなダンスを披露。スタイリッシュかつ華麗なダンスシーンはもとより、観る者の心を奪う数々のトリックに幻惑される。

ストーリー:1990年、シカゴで、サーカスに人生をささげてきたサーヒル(アーミル・カーン)の父は、銀行から融資を断られて失意のまま拳銃自殺する。時は流れ、シカゴでは大胆不敵な金庫破りが次々と発生。警察も市民も戦々恐々とする中、黒いバイクに乗った犯人は、曲芸のような走りであっという間に姿を消す。

チェイス!
(C) Yash Raj Films Pvt. Ltd. All Rights Reserved.

映画短評

  • 中山 治美
    VFXはボリウッドの無茶を実現するためにある
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『きっと、うまくいく』のアーミル・カーンが、勢いそのままに米国上陸。アメコミ頼りのハリウッドに挑戦状も叩きつける。
     『スパイダーマン』も驚愕の空中散歩をバイクでやってのけ、マイケル・ベイも嫉妬する?パトカー大量破壊を街中で実行。ボリウッドが、VFXという武器を手に入れればここまでオモロイ事ができるんやで!と猛烈にアピール。さらに主人公が数々の離れ業をやってのけるのも、サーカスのトリックスターだからという設定で片付けてしまう大胆さが笑いをも誘う。
     だが、すべてをアクションを裏付けするアーミルのマッチョボディを見よ。娯楽に賭ける本物のスターが堂々真ん中にいるからこそ、151分だが飽きないのだ。

  • なかざわひでゆき
    インド映画のパワーとクオリティを実感させる快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     もともと面白ければ何でもアリの、エンタメ性が極めて高いインド映画だが、ここ最近の技術的な進歩や演出の洗練には目を見張るものがある。アメリカでの本格ロケを敢行した本作もまた、パワーだけでなくクオリティ的にもハリウッド映画の向こうを張るに十分な現代インド映画の底力を見せつけてくれる好例だ。
     シカゴの街を縦横無尽に駆け回るアクションのスケール、インド映画お得意のミュージカルシーンのダイナミズム、そして復讐をめぐるモラルのせめぎあいを描いたストーリー。欲張りでありながらも均衡の取れたバランス感覚は見事。ただ、国際市場を意識しすぎたせいかインド映画ならではの個性が若干薄れてしまった印象は受ける。

  • ミルクマン斉藤
    いやもうとにかくアーミル・カーン、アーミル・カーン!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    まあ、ありがちなパターンではあるのだけれど、徹頭徹尾バイクにこだわったアクション・シーンのモノ凄さ以上にモノ凄いのが、名優アーミル・カーンの演技力。それ言っちゃえばあまり楽しくないネタバレになるので書かないが、インド映画常套のインターミッション(今回のヴァージョンではカットされてるけど)を境に語り手が変わるという趣向がおそろしく活きていて、それ以降はもうアーミルのカリスマ性をただただ堪能する映画になっている。長いけれどさほど面白くもないソロの楽曲シーン以外、前半の扱いが不遇なヒロインのカトリーナ・カイフも、後半には甘くて真情あふれるデート・シーンが用意され素敵だ。

  • 相馬 学
    “何でもアリ”、中でもバイク・アクションがミソ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     楽しければ何でもアリのインド製エンタメ映画の中でも、とりわけアクションを強調している点がミソ。タイトルどおりの壮絶チェイスが大きな見どころと言える。

     パトカー軍団の猛追をかわすバイクのアクロバティックな疾走は言うまでもなくスリリング。危機に応じてバイクが水上仕様になったりするガジェット感覚も面白い。主人公の義賊的キャラの好感度も手伝い、アクションはまさしく痛快だ。

     後半はドラマやラブコメ色が強くなりアクションは失速するが、“何でもアリ”を理解していればさほど減点にはならないだろう。インド公開版とは異なる編集ゆえに歌と踊りは減らされているが、それでもミュージカルの見せ場は絢爛でアガる。

動画

映画『チェイス!』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『チェイス!』ポスター
    ポスター
  • 映画『チェイス!』チラシ
    チラシ
  • 映画『チェイス!』チラシ
    チラシ
  • 映画『チェイス!』チラシ
    チラシ

スタッフ

音楽: プリータム

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『チェイス!』の映画ニュース

  • 1979年にテレビアニメ「ルパン三世」の劇場用長篇第2弾として公開されて以来、今もなお絶大な人気を誇る宮崎駿監督の名作『ルパン三世 カリオストロの城』が、MX4D版として...、クラリスとルパンのロマンスに加え、カーチェイス、建物から建物に飛び移るかの有名なルパン...
  • 『オデッセイ』のマット・デイモンが、記憶を失った暗殺者を演じる人気アクションシリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』(10月7日全国公開)から、衝撃的なクラッシュシーン...たのは、ラスベガスの大通りを封鎖したカーチェイスシーンの裏側。『ボーン』シリーズといえば...
  • マット・デイモンを一躍世界的アクションスターにした『ボーン』シリーズの2~3作目を手がけたポール・グリーングラス監督が、再びメガホンを取った待望の9年ぶり新作『ジェ...だよ」。 そして、最大の見せ場であるカーチェイスは、ラスベガスでおよそ200台の車を使って...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「チェイス!」 from 元・副会長のCinema Days (2014年12月22日 6時49分)
    (原題:DHOOM:3 )見かけは派手だが、大して面白くもない。理由は、全編アメリカでのロケにより外観が“インド性娯楽映画らしい野趣”が希薄になっているにも関わらず、作劇のスタイルは従来通りである点だ。そして、国内公開版とは違う短縮版であることも、不満が残る... ...[外部サイトの続きを読む]
  • チェイス! from ダイターンクラッシュ!! (2014年12月16日 23時55分)
    2014年12月7日(日) 18:45~ TOHOシネマズみゆき座 料金:1400円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 バイクはカッコいいが。 『チェイス!』公式サイト インド映画史上歴代最大のヒットとあるが、「各国で」とのことで、本国ではないようだ。 ただし、各国で歴代1位の興行収入とのことで、都会(どういう訳かシカゴ)を舞台にした、ハイテク機器も登場する派手なアクション大作だ。 惜しむらくは、アクションはバイクのカー・アクションだけで、格闘シーンが無いこと。 サーカスのス ...[外部サイトの続きを読む]
  • きっと、バイク・アクションもうまくいく。大ヒットインド映画『チェイス!』 from For James Bond 007 Lovers Only (2014年12月14日 17時37分)
    きっと、バイク・アクションもうまくいく。大ヒットインド映画『チェイス!』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • チェイス! / Dhoom: 3 from 勝手に映画評 (2014年12月13日 18時21分)
    アメリカ・シカゴで、連続金庫破りが発生。事件現場には、ヒンディー語のメッセージが残されていたことからインドから敏腕刑事がやってくる・・・。 いやぁ、インド映画とハリウッド映画の融合と言っていんじゃないですかね。最初のうちは、歌に踊りにと、典型的なインド... ...[外部サイトの続きを読む]
  • メビウス/痛みよりも心が折れそう from MOVIE BOYS (2014年12月9日 22時12分)
    最近では『プンサンケ』、『レッド・ファミリー』などで製作や脚本をしている韓国の鬼才、キム・ギドク監督作品。浮気をした夫への怒りから息子の性器を切断してしまった妻とその後の家族の出来事を描いている。そのあまりの強烈な描写故に韓国本国でも上映制限がかかり、日本ではそこからさらに監督自身が7分カットしてなおR18指定で公開が決まったという衝撃作品だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月1日の週の公開作品
  3. 『チェイス!』