シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

あと1センチの恋

公式サイト:http://1cm-movie.com/
あと1センチの恋
(C) 2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH
英題:
LOVE, ROSIE
製作年:
2014年
製作国:
ドイツ/イギリス
日本公開:
2014年12月13日
(新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー/DCP

チェック:『P.S.アイラヴユー』の原作者としても知られるセシリア・アハーンの「愛は虹の向こうに」を基に、友達以上恋人未満の男女の擦れ違いを描くラブストーリー。6歳のころから全てを共有してきた男女が思いを伝えられず、それぞれの人生を歩むことになりながらも、思いも寄らぬ運命へと導かれていくプロセスを映す。主演は、『白雪姫と鏡の女王』などのリリー・コリンズと『スノーホワイト』などのサム・クラフリン。運命のいたずらに翻弄(ほんろう)され、12年間も擦れ違い続けた二人のもどかしく切ない関係に胸が詰まる。

ストーリー:ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳のころからの友達同士。自分たちの住むイギリスの田舎町を出て、アメリカのボストンの大学へ進学しようと約束し、二人とも合格。ところがロージーは、クラスの人気者クレッグと軽い気持ちで関係を持ち、身ごもってしまう。アレックスはボストンへ移り、ロージーは一人で子育てに奮闘するが……。

あと1センチの恋
(C) 2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    あと1センチ、されど1センチ。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    かなり食傷気味な「純愛系ベストセラーの映画化」ってやつだがコレは一味違う。“あと1センチ”をクリアできなかったばかりにその後何年も身悶えするような、まどろっこしい恋愛を経験した人なら納得できる出来。12年間に渡るふたりの人生を、その時代を感じさせながらも微妙に外した音楽と、サクサクとリズミカルに乾いた語り口で綴っていくこのドイツ人監督、今後注目すべきかも。こうしたソウルメイト的運命論に則ったロマンティック・コメディでは『恋人たちの予感』という神作品があるけれど、嫌味のない二枚目で押しの弱そうなサム・クラフリンと、キュートで結構凛としたリリー・コリンズの組み合わせがまた人懐っこくてイイのだな。

  • 山縣みどり
    恋愛とか結婚って結局、タイミングなんですね。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    男女間に友情が成り立つか?は名作『恋人たちの予感』以前から議論されてきたテーマで、本作の主人公ロージー&アレックスも「想いを告げて友情を壊すのが嫌」なタイプ。だから彼らの間にはタイトル通りのすれ違いが長々と続くわけで、見事なまでのタイミングの悪さに苦笑。が、愛を成就するために超えなければならないハードルも「あるある~」と思わせる程度で、見に覚えのある女性観客も多いはず。ロマンティック・コメディの定石通りの展開とはいえ、魅力的な主演2人への共感度が高いのは強みだ。特にリリー・コリンズが意外なコメディエンヌぶりで楽しませてくれる。ま、しかし、恋愛や結婚ってタイミングなんだなとしみじみ思いました。

動画

映画『あと1センチの恋』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『あと1センチの恋』ポスター
    ポスター
  • 映画『あと1センチの恋』チラシ
    チラシ
  • 映画『あと1センチの恋』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『あと1センチの恋』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『あと1センチの恋』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • あと1センチの恋 (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年1月26日 4時7分)
    本当はお互いに愛し合っている幼なじみがにどうしても言い出せずに延々とすれ違いを続ける恋愛コメディ。 純情物語みたいだけど初体験の相手の男がつけたxxxが中に残ってしまい大騒ぎしたり、取り出してもらおうと行った医者の名前がディックだったりと、露骨な下ネタもある。 自宅で出産するのに驚いたけれど出産を隠すためだったのかもしれない。 ドイツ映画だけど、英国と米国が舞台で、ロケはアイルランドと... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「あと1センチの恋・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年1月15日 23時46分)
    あと少しだけ、届かない。 昨年末にミニシアター系で公開されて以来、口コミで劇場に女性客が詰めかけ、予想外のクリーンヒットとなったヨーロッパ発のラブコメ映画。 カップルの観客は散在するも、9割くらいは若い女性客という、少々居心地の悪い劇場で観たが、いやーこれはおじさんでも気恥ずかしいなる位に胸キュンキュンですよ。 原作はヒラリー・スワンク主演の「P.S.アイラヴユー」でも知られるセシ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「あ1センチの恋」:作品もリリー・コリンズもキュート from 大江戸時夫の東京温度 (2015年1月4日 23時31分)
    映画『あと1センチの恋』、なるほどなかなか感じをつかんだタイトルですね。この作品 ...[外部サイトの続きを読む]
  • あと1センチの恋 from ダイターンクラッシュ!! (2014年12月31日 10時38分)
    2014年12月30日(火) 14:45~ 109シネマズ川崎5 料金:1300円(シネマポイントカードデイ) パンフレット:未確認 応援したくなる二人 『あと1センチの恋』公式サイト タイトルが、端的に示すように、結ばれない二人の話だ。 実に眉毛に特徴のあるヒロインで、「この眉毛はどかかで見たぞ。」と気にかかっていたのだが、良く見るとあまり可愛くない顔なので、フィル・コリンズの娘だと気づく。 しかし、フィル・コリンズの娘が、時折見せる切ない表情が秀逸で、相手役のたまにのナイスガイぶりと相まって、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • あと1センチの恋 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年12月24日 0時11分)
    Love, Rosie [ペーパーバック]運命のいたずらに翻弄され12年間もすれ違いを続ける男女のラブストーリー「あと1センチの恋」。主演2人のみずみずしさが魅力。イギリスの片田舎に住むロ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月8日の週の公開作品
  3. 『あと1センチの恋』