シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ソロモンの偽証 後篇・裁判

公式サイト:http://solomon-movie.jp/
ソロモンの偽証 後篇・裁判
(C) 2015「ソロモンの偽証」製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年4月11日
上映時間:
企画・配給:
松竹
制作プロダクション:
松竹撮影所
カラー

チェック:宮部みゆきのミステリー巨編を映画化した『ソロモンの偽証』の後編。男子生徒の転落死により動揺が広がる中学校内で、生徒たちが自主的に行う校内裁判の様子を臨場感たっぷりに映し出す。前編同様成島出監督がメガホンを取り、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華といった実力派キャストが集結。オーディションによって選出された生徒役たちも続投する。裁判によって明らかになる、ショッキングな真相に言葉を失う。

ストーリー:被告人大出俊次(清水尋也)の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、神原和彦(板垣瑞生)は大出の出廷に全力を尽くす。同様に藤野涼子(藤野涼子)も浅井松子(富田望生)の死後、沈黙を続ける三宅樹理(石井杏奈)に証人として校内裁判に出廷するよう呼び掛ける。涼子は柏木卓也(望月歩)が亡くなった晩、卓也の自宅に公衆電話から4回の電話があったと知り……。

ソロモンの偽証 後篇・裁判
(C) 2015「ソロモンの偽証」製作委員会

映画短評

  • 平沢 薫
    今や見かけることがなくなった美が出現する
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     相手をまっすぐに見つめる。姿勢正しくお辞儀をする。そんな、日常でほとんど見かけることがなくなった行為が、何度もスクリーンに登場する。これらの行為は、それを行う14歳の少年少女たちの、善であること、正しくあることを求めるまっすぐな気持ちを可視化したものだ。その行為同様、こうした心情もまた、今ではほとんど見ることがなくなったものだが、スクリーン上に出現するそれは、今それが実際にあるかどうかとは関係なく、美しい。見る者がその美に感じ入ることが出来るように、それが出現する場所として、中学生たちが殺人の容疑者で弁護人で検事で裁判官で、大人も召還する学校内裁判という、徹底的に虚構の舞台が作られている。

  • 中山 治美
    藤野涼子の低音ボイスが聴かせます
    ★★★★
    »読む«閉じる

     容赦ないイジメやDVシーンを筆頭に出演者全員の心の闇が吹き出しまくっていた前篇の毒気を、後篇がすべて浄化するかのようだ。正攻法な作りで弱冠物足りなさも感じるが、その分、藤野涼子の存在感が際立ってくる。
     今どきの14歳にしては落ち着いた低音ボイスが、異例の校内裁判に重厚さと説得力を与え、傍聴者の一人となった観客をも魅了する力を持っている。なぜ彼女がオーディションで主演に抜テキされたのか。その理由がよく分かるだろう。
     何より殺人をゲーム感覚に扱った映画が乱立する中、1人の命の重みを計約4時間にわたって考える機会を提示したことは大きい。2部制にした英断に拍手を贈りたい。

  • ミルクマン斉藤
    観終えて判る「With or Without You」。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    そして始まる校内裁判だが、科学捜査が介入しないぶんクラシカルなミステリの趣もあり、法廷もの映画独特の昂揚感がクレッシェンドで味わえる優れもの。罪悪感に根付いた真摯な感情の格闘に、観る者の感情も激しく揺すぶられるだろう。裁判開始時は文化祭気分だった参加者を一瞬にして沈黙させるのが、前篇ではやや対応が常套的だった大人からの贖罪というのも泣かせる導入。そして俄然クローズアップされるのが「なぞの転校生」じみた神原くん(板垣瑞生)なのだが、対する藤野涼子のまっすぐすぎる眼差しもさらに強度を増してもはやエロティックなほど。でも断固として「上出来の中学生日記」を全うしたのが何より素晴らしいのだな。

  • くれい響
    大出、裁判出るってよ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『前篇』ラストに流れる予告編で煽りに煽って、一ヶ月も待てねぇ状態だった『後篇』。『前篇』ほどの熱量は感じさせず、「まさか!」の展開や、前作で炸裂していたギミックはほとんどない。ある程度予想できる展開を、しっかり映像で見せてくれるところに落ち着いているといえる。とはいえ、池谷のぶえと塚地武雅演じる似た者夫婦は、まだまだ観客の涙を搾り取り、黒木華演じる退職に追い込まれた担任など、事件にまつわるさまざまなキャラが次々と、問題児・大出が被告人となる校内裁判に出廷。彼らが証言台に立つ展開だけでも惹きつけられ、結果的にクオリティの高い法廷劇を堪能。それにしても、劇中で松重豊が大声で放つ一言には驚いた!

  • なかざわひでゆき
    親子や先生と生徒が語り合う題材としてもいいかも
    ★★★★
    »読む«閉じる

     いよいよ学校内裁判が開かれる後篇。中学生たちが自らの手で事件の真相を究明していく。サスペンス色を強く打ち出した前篇とは少し趣を変え、ドラマチックで濃密な法廷劇に仕上がっている。
     人間は誰もが様々な理由で嘘をつく。この世に罪のない者などいない。裁判の過程で明かされていく真実は、大人たちが見せまいとしていた現実を少年少女に突きつける。だが、子供は大人が考えるほど弱くて脆い存在なのか?かえって大人の方が現実から目をそらしているのではないか?
     真相が分かってオシマイの作品ではない。劇中の様々な問題提起の答えは観客それぞれに委ねられる。家庭や学校で大人と子供が語り合う良いきっかけにもなるだろう。

動画

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』予告編
え?これってそんな作品だっけ!?映画『ソロモンの偽証<前篇・事件>』『ソロモンの偽証<後篇・裁判>』クリスマス特別動画
映画『ソロモンの偽証』テレビスポット
映画『ソロモンの偽証』新垣隆偽装メイキング映像 ロングバージョン

ポスター/チラシ

  • 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』ポスター
    ポスター
  • 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』ポスター
    ポスター
  • 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』チラシ
    チラシ
  • 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 宮部みゆき
監督:
主題歌: U2
脚本: 真辺克彦
音楽: 安川午朗
製作総指揮: 大角正
エグゼクティブプロデューサー: 関根真吾
プロデューサー: 矢島孝 / 秋田周平
アソシエイトプロデューサー: 池田史嗣
照明: 金沢正夫
美術: 西村貴志
録音: 藤本晋一
装飾: 湯澤幸夫
スクリプター: 森直子
衣装: 宮本茉莉
ヘアメイク: 田中マリ子
VFXスーパーバイザー: 浅野秀二
音楽プロデューサー: 津島玄一
助監督: 谷口正行
俳優担当: 奥田由美
ラインプロデューサー: 小松次郎
制作担当: 大熊敏之

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ソロモンの偽証 後編・裁判」  ああ、前編のダークな盛り上がりはなんだったのか from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年12月8日 1時10分)
    映画「ソロモンの偽証」を観ました。 感想は、…かなり残念でした。 前編では、事件の様子やその中に、人間のかなりドロドロとしたものを描いてました。 でも、その続編の後編はどうかというと…。 はっきり言って学級裁判でした。 なぜここで急にリアルな中学生レベル… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ソロモンの偽証」後篇・裁判 from エンターテイメント日誌 (2015年5月20日 15時3分)
    評価:A 公式サイトはこちら。 前篇の出来がすこぶる良かったので、「20年に1 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判 from sailor's tale (2015年5月10日 20時34分)
    法廷劇というのは舞台が限定される分だけ、どうしても出演者の演技力が面白さに直結することになる。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」 from 元・副会長のCinema Days (2015年4月27日 6時30分)
    パート1は凡作だったが、この完結編は駄作。総合点としては“合格”には程遠く、今年度ワーストテンの上位に放り込みたくなるような体たらくだ。わざわざ二部に分けて観客から倍の入場料をふんだくり、挙げ句の果てはタメ息しか出ないエンディングしか提示出来ないとは... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判 from ダイターンクラッシュ!! (2015年4月27日 0時31分)
    2015年4月14日(日) 19:25~ TOHOシネマズ日本橋6 料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 中二病炸裂 『ソロモンの偽証』公式サイト すべては、中二病を大きくこじらせた●×君のかまってちゃんが原因。 あんな鬱陶しい奴を上手くあしらえなかった○△君も、変な中二病に罹患して、狂気じみた行動。 いや、主人公も裁判長も皆中二病か。 そもそも話を拗らせたのは、虐めっ子の不良君の行動なのだが、どういう訳かあっさりと一人反省モードに入ると、その後何のお咎めも無し。 お勧 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年4月6日の週の公開作品
  3. 『ソロモンの偽証 後篇・裁判』