シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

イニシエーション・ラブ

公式サイト:http://www.ilovetakkun.com/
イニシエーション・ラブ
(C) 2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年5月23日
上映時間:
企画製作:
日本テレビ
制作プロダクション:
オフィスクレッシェンド
配給:
東宝
カラー

チェック:ベストセラーを記録した乾くるみの小説を実写化した、異色のラブストーリー。恋愛下手の大学生と歯科助手の出会いを描く「Side-A」、遠距離恋愛を経て彼らの関係が終わるさまを追う「Side-B」の2部構成でつづられる。監督は、『20世紀少年』シリーズなどの堤幸彦。主人公の男女を、『ライアーゲーム』シリーズなどの松田翔太と『もらとりあむタマ子』などの前田敦子が快演。ラスト5分でラブロマンスからミステリーに転じる作風に意表を突かれる。

ストーリー:バブル真っただ中の、1980年代後半の静岡。友人から合コンに誘われ、乗り気ではなかったが参加することにした大学生の鈴木(松田翔太)は、そこで歯科助手として働くマユ(前田敦子)と出会う。華やかな彼女にふさわしい男になろうと、髪型や服装に気を使って鈴木は自分を磨く。二人で過ごす毎日を送ってきた鈴木だったが、就職して東京本社への転勤が決まってしまう。週末に東京と静岡を往復する遠距離恋愛を続けるが、同じ職場の美弥子(木村文乃)と出会い、心がぐらつくようになる。

イニシエーション・ラブ
(C) 2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会

映画短評

  • 轟 夕起夫
    「A面で恋をして」は81年、ナイアガラ・トライアングルの名曲
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     かつて世の中に“普通”に、Side-AとSide-Bの両面が存在していたことを思いおこさせる映画。もし二本立て興行が今も続いていれば、無謀なお遊びを許されてた“併映作”がハマっただろうなァ~。

     舞台設定の前年、1985年に堤監督は『コラーッ!とんねるず』の演出を(変名で)担当、その一回目のオープニング、わざと音声を絞り、視聴者がボリュームを上げる頃合いを見計らって「バ~カっ!!」ととんねるずの大声で驚かせた。そういうノリの復活。ヒット曲の使い方はこれも、パロディと親和性の両面あり。Wヒロイン、木村文乃は80年代浅野ゆう子風を巧く再現しているが、前田敦子(のキャラ)は時代性を超えたものだ。

  • くれい響
    みどころはラスト5分だけじゃない!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    原作の叙述トリックを、編集による映像トリックに変えたところで、「そりゃダマされるわ!」という印象は変わらず、謎のキャスト“亜蘭澄司”の存在もギミックの一部に過ぎない。というわけで、本作の面白さはラスト5分だけではない。監督を舞台となる80年代、秋元康やとんねるずらとともに、ギョーカイでブイブイ言わせていた堤幸彦が務めたということだ。当時のリアルな空気感を醸し出しながら描かれる“通過儀礼の恋”は、ホイチョイムービーに近いモノも感じさせる。「男女7人」なキャスティングやアイテム、ヒット曲など、アラフォー以上には涙モノだが、下の世代には『タマ子』超えの女優・前田敦子が堪能できる一本だといえるだろう。

動画

松田翔太×前田敦子!映画『イニシエーション・ラブ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『イニシエーション・ラブ』ポスター
    ポスター
  • 映画『イニシエーション・ラブ』チラシ
    チラシ
  • 映画『イニシエーション・ラブ』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 乾くるみ
脚本: 井上テテ
監督:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『イニシエーション・ラブ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • イニシエーション・ラブ from ダイターンクラッシュ!! (2015年7月5日 22時43分)
    2015年6月5日(日) 16:50~ 新宿ピカデリー1 料金:1200円(購入特典クーポン) パンフレット:未確認 堤にしては上出来だが、必ず2回見るものではない。 『イニシエーション・ラブ』公式サイト あまりに不自然な、ズボンのタックが引っかかっていたのだが、そういうことだったのか。と、それなりに伏線を回収し纏めている。 そういう意味で、堤にしては上出来なのだが、2回見て確認したいと思うほどではない。 そもそも、どんでん返しに至るまでのストーリーが、くそ面白く無いのが問題だ。 楽曲の選択も ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『イニシエーション・ラブ』 きっちり褒めよう from 映画のブログ (2015年7月4日 20時45分)
    【ネタバレ注意】  これはきちんと褒めないといけないな。映画『イニシエーション・ラブを観てそう思った。  宣伝に煽られて映画を観に行くと、拍子抜けすることや失望することがある。  この映画も、   最後の5分   全てが覆る。   あなたは必ず   2回観る。 なんて惹句で煽り立てているけれど、宣伝と作品の中身は別物だ。2回観なくたって構わない。  この映... ...[外部サイトの続きを読む]
  • イニシエーション・ラブ from 映画三昧、活字中毒 (2015年6月14日 10時50分)
    ■ シネプレックス新座にて鑑賞イニシエーション・ラブ 2015年/日本/110分 監督: 堤幸彦 出演: 松田翔太/前田敦子/木村文乃/三浦貴大/前野朋哉 公式サイト 公開: 2015年05月23日 1987年07月10日、静岡。冴えない大学生の鈴木夕樹は、人数合わせに呼ばれた合コンで、歯科助手の成岡繭子と出会う。繭子に一目惚れした鈴木だったが、女性と付き合ったことがないために積... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「イニシエーション・ラブ」  うーん、だまされたと思うには、ちゃんと伏線を撒いてくれないと from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年6月7日 0時11分)
    映画「イニシエーション・ラブ」を観ました。 前田敦子が女優としてキャリアを積んでいる作品になるかもしれません。 TVのCMで、敢えてその商売に乗せられてやるとばかりに観ましたが、違和感というか伏線を感じ取れたのは、最初のうちの2回くらい。 むしろ、その映… ...[外部サイトの続きを読む]
  • イニシエーション・ラブ from 単館系映画と舞台 (2015年5月29日 23時0分)
    イニシエーション・ラブ MOVIXさいたま 2015/5/23公開バブル真っただ中の、1980年代後半の静岡。友人から合コンに誘われ、乗り気ではなかったが参加することにした大学生の鈴木(松田翔 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月18日の週の公開作品
  3. 『イニシエーション・ラブ』