シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

公式サイト:http://www.shochiku.co.jp/swv/
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
(C) Shadow Pictures Ltd MMXIV
英題:
WHAT WE DO IN THE SHADOWS
製作年:
2014年
製作国:
ニュージーランド
日本公開:
2015年1月24日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
松竹メディア事業部
カラー/DCP/ビスタサイズ

チェック:現代の社会で一緒に暮らしているヴァンパイアたちの日常をモキュメンタリータッチでつづるホラーコメディー。それぞれに個性豊かなヴァンパイアたちが織り成す愉快な暮らしぶりや、共同生活の行方を描く。これまでのヴァンパイア映画にはない異色の設定が評判を呼び、トロント国際映画祭など各国の映画祭で観客賞を受賞した。ニュージーランド航空の「壮大すぎる機内安全ビデオ」に携ったタイカ・ワイティティと『メン・イン・ブラック3』出演のジェマイン・クレメントが監督を務め、ヴァンパイアも演じる。

ストーリー:ニュージーランドのウェリントンで共同で暮らしている4人のヴァンパイアは、楽器を演奏したりダンスしたり、時々郊外のパブでハメを外したりと自由気ままな日々を過ごしていた。そんなある日、8,000歳のピーター(ベン・フランシャム)がうっかりかんでしまった大学生のニック(コリ・ゴンザレス=マクエル)も彼らの仲間に。さらに、ニックが人間の親友スチュー(スチュー・ラザフォード)をシェアハウスに連れてきたことから騒動が巻き起こり……。

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
(C) Shadow Pictures Ltd MMXIV

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    バルカン・ロックな音楽もナイス!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「ザ・ニュージーランド・ドキュメンタリ・ボード」なんて架空組織のロゴから始まる本作、そういやモキュメンタリ史上の傑作『コリン・マッケンジー』もNZ人ピーター・ジャクソンの作だったよなと思い出させる芸の細かいコメディだ。“敵対者は狼男族”みたいな昨今定番化した設定含め、ジャンルの伝統的ルールはもちろん遵守。ノスフェラトゥから例の伯爵まで各種揃った吸血鬼コミューンは、すなわちモラトリアムの戯画なのだけれど、そこに異種(この場合、とことん気のイイ人間)が闖入すれば?というシミュレーションも新機軸で面白い。齢取ってしまった元カノがいる養老院の前で佇む吸血鬼、なんておセンチなショットにもグッときます。

  • なかざわひでゆき
    ヴァンパイアという名の社会不適合者たちが醸し出す悲哀
    ★★★★
    »読む«閉じる

     現代のニュージーランドで共同生活を送るヴァンパイアたちの日常を追いかけたドキュメンタリー…という設定の最高にバカげたホラー・コメディである。
     十字架やニンニクが大の苦手、太陽の光を浴びると焼け死んじゃうなどなど、吸血鬼のお約束事を茶化したギャグは予想以上に抱腹絶倒。しかし、ただ単なるパロディの寄せ集めには終始しない。
     定職にも就かず昼間は寝てばかり、夜になると外へ繰り出し、クラブでナンパしたりバーで酔いつぶれたり。下手に何百年も生きているから自尊心だけは強い。そんなヴァンパイアの不平不満やら友情やらを通して、社会に適合できないダメ人間たちの悲哀を浮き彫りにした人情味こそが本作の面白さだ。

動画

ヴァンパイアがシェアハウス!?映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』予告編
映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』本編映像

ポスター/チラシ

  • 映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』ポスター
    ポスター
  • 映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』チラシ
    チラシ
  • 映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』“現代ヴァンパイアあるある”シール
    “現代ヴァンパイアあるある”シール

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア/ライフ・アフター・ベス from 我想一個人映画美的女人blog (2015年8月20日 22時13分)
    本日は、ホラーコメディまとめて2本ホラー苦手な人もコメディなら観れるでしょ? ホラーといっても、二つともぜんぜんホラー要素少なめな作品。 まずは、 トロント映画祭はじめ各国の映画祭で観客賞を受賞し湧かせたニュージーランド発のホラー・コメディ 何... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年2月10日 0時31分)
    NZで共同生活を送るヴァンパイアたちをモキュメンタリータッチで描くホラー・コメディ「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」。ユルすぎる日常に捧腹絶倒。現代のニュージーラン ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア from ダイターンクラッシュ!! (2015年2月8日 20時49分)
    2015年2月7日(土) 12:05~ 丸の内ピカデリー2 料金:1200円(割引鑑賞クーポン) ヴァンパイアの日常。 『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』公式サイト タイトルにあるように人間とヴァンパイアが同居する訳でない。ヴァンパイアたちが、ニュージーランドの地方都市で同居している。 が、彼らがヴァンパイア化させた(血を吸って飲ませた)男の人間時代の友人とは、血を吸わない友好関係を保っている。 ついでにゾンビのみならずウェアウルフという異種怪物とも良好だ。戦いはどこにも無い。 かつて「ビー ...[外部サイトの続きを読む]
  • 爆笑しすぎて血色も良くなります。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』 from For James Bond 007 Lovers Only (2015年2月8日 18時19分)
    爆笑しすぎて血色も良くなります。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年2月3日 3時56分)
    共同生活しているヴァンパイアたちの生活を追ったドキュメンタリー、風のコメディ。 ヴァンパイアであることは秘密だが縮こまって隠れ住んでいるわけではなく夜に街をぶらついたりもする。街では他のヴァンパイアたちがたくさんうろうろしている。ヴァンパイアであっても生活しているから、掃除も食器洗いもしないといけないが、やはり得意ではないようだ。大笑いする映画ではないけれど楽しく観られた。 エンドクレジ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年1月19日の週の公開作品
  3. 『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』