シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
君が生きた証
(C) 2014 Rudderless Productions LLC. All Rights Reserved.
英題:
RUDDERLESS
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年2月21日
(ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー/DCP

チェック:『ファーゴ』などで独特の存在感を放つ名優ウィリアム・H・メイシーの初監督作。銃乱射事件で死んだ息子の遺(のこ)した楽曲を自らが歌っていこうとする父親と、その曲に心打たれたミュージシャン志望の青年が、音楽を通じて再生していくさまを描く。主演のビリー・クラダップは、彼とバンドを組む青年役のアントン・イェルチンと一緒に、実際に歌とギター演奏を披露。そのほか『スプリング・ブレイカーズ』などのセレーナ・ゴメス、メイシー監督の妻フェリシティ・ハフマンらが脇を固める。

ストーリー:銃乱射事件で息子がこの世を去りすさんだ生活を送るサム(ビリー・クラダップ)は、別れた妻から息子が遺(のこ)した自作曲のデモCDを渡される。その曲を聴き息子のことを何も知らなかったことに気付いたサムは、遺品のギターを手に息子の曲を場末のライブバーで演奏する。その演奏に魅了された青年のクエンティン(アントン・イェルチン)はサムを説得し、年の離れた2人でバンドを結成するが……。

君が生きた証
(C) 2014 Rudderless Productions LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    実に苦く、辛い。しかし音楽の喜びに溢れ、面白い!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    コロンバインを思わせる大学乱射事件で息子を失い、人生を捨てた (といってもエリート時代に買ったヨットに住んでる)父が、息子の遺した曲を自分で歌いはじめる。もともと若者の思いが歌に籠められたものだからオヤジの曲とは思えぬほど共感性が高く、一人ひとり若いミュージシャンが加わって…。楽曲の完成度といい、バンド成立過程のディテイルといいリアルで丁寧。楽器屋のオヤジ(L.フィッシュバーン)もいい味だが……まさかこんな展開が待っているとは! そうなるとまた別のテーマが立ち現われてくるわけで(例えば「芸術」あるいは「表現物」VSモラルの問題)、実にトリッキーかつ多様性を含み持った会心の初監督作なのである。

  • 轟 夕起夫
    絵画でいえばトリックアート的な趣向(褒め言葉)
    ★★★★
    »読む«閉じる

     息子が遺した数々の楽曲と相対し、無謀にもギター1本でそれを唄い継ごうとしている父親……のシンプルなストーリーかと思いきや、絵画でいえばトリックアート的な趣向が施されており、エンディングを迎えるともう一回冒頭から観たくなる。不意の“映画の告白”は、痛く、苦く、「彼は一体これまで、どんな心境で唄っていたのだろうか」と黙考させる。初監督のウィリアム・H・メイシー、やりおりますな~。オリジナルでつくられた曲と、ひとつひとつに命を与えたB・クラダップ、A・イェルチン、ナイスパフォーマンス! “下地”がしっかりしているので、「核心の部分」が平面から立ち上がってくるように見えるのだ。

  • 森 直人
    「きれいはきたない、きたないはきれい」の真実
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ズンと来る秀作。銃乱射事件で亡くなった息子が密かに遺していた曲を、B・クラダップ演じる父親が歌う。音楽を通して魂の交流を果たす「父子物」……としても感動的なのだが、本作はさらに深い層に潜ってみせる。

    中盤に用意された意外な事実――中々巧妙な語りの仕掛けにより、ロック・ミュージックという格好のジャンルを通した「表現論」へと錘を垂らすのだ。

    最近はコンプライアンスやPC(政治的正しさ)が表現の世界でも叫ばれるが、それはアートの本質とは別物。ロックファンは優れた表現の源泉が往々にして心の闇や、病んだ魂である事を知っている。名優ウィリアム・H・メイシーによる洞察力と寛容さを備えた見事な監督作だ。

  • 平沢 薫
    音を奏でる喜びがスクリーンから溢れ出る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    静かな再生の物語。人生の半ばを過ぎて予期しなかった深い傷を受け、生きる気力を失ったときに、人はどのようにして再び立ち上がることが出来るのか。この映画は、それを音楽に象徴させて描く。

    主人公は、死んだ息子が残した音楽を、自分で演奏することによって、他の人間に出会う。ギターの弾き語りが、奏者が2人になってハーモニーが生まれ、ドラムが入って、ベースが加わり、そのたびに、音楽が少しずつ豊かになっていく。演奏する喜びが少しずつ大きくなっていく。スクリーンが、その豊かさと喜びを充分に映し出す。主人公にはその後も苦難が降りかかるが、この体験によって、彼は歩き続けることができるようになる。

動画

息子を亡くした父親と、その息子の歌が好きな青年が……!映画『君が生きた証』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『君が生きた証』ポスター
    ポスター
  • 映画『君が生きた証』チラシ
    チラシ
  • 映画『君が生きた証』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『君が生きた証』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『君が生きた証』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 君が生きた証 from 映画三昧、活字中毒 (2015年5月9日 22時44分)
    ■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞君が生きた証/RUDDERLESS 2014年/アメリカ/105分 監督: ウィリアム・H・メイシー 出演: ビリー・クラダップ/アントン・イェルチン/フェリシティ・ハフマン/セレーナ・ゴメス/ローレンス・フィッシュバーン 公式サイト 公開: 2015年02月21日 サム・マニングが、プレゼンで大きな仕事を勝ち取った日、久々に大学に通う息... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 君が生きた証 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年3月10日 0時25分)
    君が生きた証 [CD]息子を失った父親が音楽を通して再生していくヒューマン・ドラマ「君が生きた証」。中盤、ある秘密が浮かび上がった途端に多面性を帯びる秀作。やり手の広告マン ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 君が生きた証/いなくなってしまった君と、分かり合うことは出来るだろうか? from 映画感想 * FRAGILE (2015年3月5日 14時22分)
    君が生きた証Rudderless/監督:ウィリアム・H・メイシー/2014年/アメリカ 良い監督と良い仕事をしてきた名脇役は、視点が一味違うなあ! ヒューマントラストシネマ有楽町 シアター1、F-11で鑑賞。ウィリアム・H・メイシーが好きでですね、初監督作ということで、本人が出ていることを確認してから見に行きました。良い映画にたくさん出ている俳優だけれど、だからって監督をやって良い映画が出来るかどうかっていうのはわからないから、あまり期待せずメイシー久しぶりに見ようくらいの感じで。そうしたらさー! ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年2月16日の週の公開作品
  3. 『君が生きた証』