シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

エイプリルフールズ

公式サイト:http://aprilfools.jp

チェック:大ヒットとなったテレビドラマ「リーガルハイ」シリーズの製作陣と豪華キャスト陣が集結した群像コメディー。うそをつくことが冗談で済まされるエイプリルフールを舞台に、人々が軽い気持ちで放った小さなうそが大きな騒動を引き起こしていく。監督と脚本は「リーガルハイ」などの石川淳一と古沢良太。戸田恵梨香、松坂桃李、岡田将生、小池栄子、古田新太、里見浩太朗らが出演。個性的なキャラクターにふんした彼らの怪演に加え、二転三転する先読み不可能な展開にも引き込まれる。

ストーリー:人に対して恐怖心を抱いてしまう清掃員のあゆみ(戸田恵梨香)は、一晩だけ関係を結んだ外科医の亘(松坂桃李)に対して、身ごもっていると打ち明ける。ところが亘は、エイプリルフールだからとあゆみの言葉に耳を貸さなかった。居ても立ってもいられなくなったあゆみは、亘がいるイタリアンレストランに向かう。一方の亘は、きれいなキャビンアテンダントの麗子(菜々緒)とランチを楽しんでいて……。

エイプリルフールズ
(C) 2015 フジテレビジョン

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    いっそ狂騒に徹したほうが良かったかも。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『リーガルハイ』『デート/恋とはどんなものかしら』で、スクリューボール・コメディを日本のTVで展開し大成功した古沢と石川。といって、あのテイストを期待するとちょっと拍子抜け。群像劇として各々のピースがしっかりと埋まらないのはいいといて、そのすべてのシチュエイションがリアリティを欠き、かといって馬鹿馬鹿しいほどの「虚構=ウソ」にも徹せない中途半端さが目立つのだ(特に見過せないのは冒頭の、ついてはいけない嘘)。しかし、明らかに目がおかしい戸田恵梨香や、常から熱度の高い芝居を200%増しする滝藤賢一、テーマ的な核となるりりィ等々、“豪華キャスト27人”はムダ遣い含め各々の役割を果たしている。

  • くれい響
    この映画の存在こそ「嘘」であってほしい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「リーガルハイ」に続き、前クール放送の「デート」でも見事なコンビネーションを発揮した古沢良太&石川淳一コンビにして、まさかの笑いも泣きもテンションも、中途半端の空回りが続く。『キサラギ』以来のオリジナル脚本となる古沢だが、軸となるレストラン籠城のエピソードは『スペース・トラベラーズ』を薄めたユルさで、ほかのエピソードとの絡みも強引かつ退屈。窪田正孝を筆頭に、総勢27人のキャストは犯罪級のムダ遣いで、なぜこうなったというより、この映画の存在が「嘘」であってほしいと思うほどの事故物件。同じフジテレビ制作の三谷作品や去年の『ジャッジ!』の足元にも及ばず、酷いときの福田雄一監督作よりタチが悪いです。

動画

豪華共演陣が話題!映画『エイプリルフールズ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『エイプリルフールズ』ポスター
    ポスター
  • 映画『エイプリルフールズ』チラシ
    チラシ
  • 映画『エイプリルフールズ』チラシ
    チラシ
  • 映画『エイプリルフールズ』チラシ
    チラシ

スタッフ

脚本: 古沢良太
監督:
撮影: 大石弘宜
美術: 柳川和央
編集: 河村信二
照明: 藤本潤一
録音: 芦原邦雄
音楽: 林ゆうき

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エイプリルフールズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • エイプリルフールズ from 映画三昧、活字中毒 (2015年5月10日 0時59分)
    ■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞エイプリルフールズ 2015年/日本/118分 監督: 石川淳一 出演: 戸田恵梨香/松坂桃李/ユースケ・サンタマリア/小澤征悦/菜々緒 公式サイト 公開: 2015年04月01日 とある年の04月01日。宇宙からの呼びかけをうたうホームページを見ていた引きこもりの中学生、野沢遥人は、自分はもしや宇宙人ではないかと思い立つ。今日宇宙から迎... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エイプリルフールズ from ダイターンクラッシュ!! (2015年5月6日 11時33分)
    2015年4月19日(日) 11:40~ 109シネマズ川崎10 料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 登場人物が多すぎて、エピソードが拡散 『エイプリルフールズ』公式サイト もう少しシニカルでブラックなのかと思ったが、どういう訳かハッピー・エンドで終わる、腑抜けたコメディだった。 ナイス・ガイの役のイメージの強い桃夫だが、クズの役を上手いこと演じている。 堤幸彦にしては上出来じゃないかと思ったが、監督は堤ではなかった。 とは言え、各エピソードの繋がりが、あまり見事で ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エイプリルフールズ」:日にちネタ群像劇(コメディ) from 大江戸時夫の東京温度 (2015年4月22日 23時32分)
    映画『エイプルルフールズ』はあちこちで結構酷評されているようですが、そこまでひど ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「エイプリル・フールズ」  パルプフィクションを思わせる映画!? from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年4月8日 8時40分)
    映画「エイプリル・フールズ」を観ました。 「リーガル・ハイ」は結構好きなので、ムービー・ウォーカーの評価はいまいちでも観ました。 でも、途中で寝てしまい、起きたときには、これから出産がはじまるというところでした。 の「うそちょーん」は見ることができました… ...[外部サイトの続きを読む]
  • エイプリルフールズ (2015、日本) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年4月7日 3時29分)
    まあまあおもしろかった。レストランのシーンはちょっと間延びして感じた。レストランとか船上のエピソードとか無理に感動させようとしているように感じた。 タイトルがエイプリルフールなので出てくる人たちはうそをついているものとして最初から見ているので意外性はあまりなかったが、新田あゆみのうその理由がちょっとおもしろかった。でも入れている場所も形も違う。 出演者は多彩。千葉新一、リリイ、富司純子も... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月30日の週の公開作品
  3. 『エイプリルフールズ』