シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ターミネーター:新起動/ジェニシス

公式サイト:http://www.terminator-movie.jp
ターミネーター:新起動/ジェニシス
(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
英題:
TERMINATOR: GENISYS
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年7月10日
上映時間:
配給:
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
カラー

チェック:大ヒットシリーズ『ターミネーター』に、『ターミネーター3』以来となるアーノルド・シュワルツェネッガーが戻ってきたSFアクション大作。将来人類反乱軍を率いることになる男の母親を闇に葬るため、未来から送り込まれた殺りくマシンことターミネーターと、同型の古いターミネーターの直接対決を描く。監督は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』などのアラン・テイラー。およそ12年ぶりに本シリーズに復帰したシュワルツェネッガーの熱演はもとより、新たな展開に息をのむ。

ストーリー:2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……。

ターミネーター:新起動/ジェニシス
(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    あーあ、またやっちまった。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    映画が始まってしばらくはかなりの敬意をもってこれまでの流れを踏襲、理知的に物語を展開させる意思が伺えるのだが…パラレル・ワールドを持ち出せばどうにでもなるというシリーズものの悪弊にどっぷり浸かった展開に墜ちてしまうのが辛い。もちろんシュワルツェネッガーの帰還は目にも嬉しいけれど、あからさまな老化は覆い難く、自虐ギャグも虚しく響く哀しさがあるしなぁ。T-1000(イ・ビョンホン!)のモーフィングを「2」製作当時の感触に近づけていたりするのは嬉しいが、T-3000が粒子に分解されてはやたら安易に蘇生しすぎるのはサスペンスもクソもなく興醒め。J.K.シモンズのオタク的キャラは使い道ありそうだが。

  • 相馬 学
    新境地からその先はシリーズのケモノ道、か?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     このシリーズの厄介な点は、3&4作目がある意味、迷走であったこと。おかけでファンの嗜好は複雑化し、1&2作目原理主義者からシュワさえ出ていればOKという人まで、さまざまだ。

     そんな中で、今回の新作はどう映るのか?もっとも意見が分かれるのはドラマのパラレルワールド化だろう。物語を予測不可能にしている点は買うが、一方でシリーズを“何でもアリ”にしている点が気になる。

     タイムトラベルを本格化させた点が新味に写ったが、どれだけのファンが、この奇抜な新境地を楽しめるのか。本シリーズが王道ではなく、さらなるケモノ道を進み始ているような気がしないでもない。

  • くれい響
    掟破りの展開で、オリジナルのファンを裏切る?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    あくまでも、『1』『2』あっての『ジェニシス』。一見、オリジナルをリスペクトしてるが、制作側の「ファンを裏切ってやる」という野望が見え見えで、そんな掟破りの展開を受け入れられるかで、評価は変わってくる。物語がより複雑となり、アラン・テイラー監督が『マイティ・ソー/ダークワールド』でも発揮させていたコミカル要素が目立つことも、クールさを突き通していたオリジナルとは異なる。ちなみに、監督の「ゲーム・オブ・スローンズ」繋がりで起用されたエミリア・クラークは、キュートさが残り、サラ・コナーとしては微妙。とはいえ、年齢を重ねたT-800と父娘のような関係性になった設定は面白いので、★おまけ。

  • なかざわひでゆき
    中年シュワちゃんVS若きシュワちゃんのガチバトルは燃えます
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     サラ・コナーの抹殺を阻止するべく、1984年へとタイムスリップしたカイル。と、ここまでは1作目同様だが、しかしそこで彼を待ち受けていたのは、過去が書き換えられたことによる全く別の運命だった。
     シリーズの原点に立ち戻りつつ、新たな世界観を再構築。T-800が時間経過とともに老けるという設定は苦笑だが、それでも1作目を忠実に再現した’84年の世界で展開する中年シュワちゃんVS若きシュワちゃんのガチバトルにテンションの上がるファンは少なくないだろう。
     だが、問題は中盤のどんでん返しだ。ネタバレを避けるため詳細は省くが、ある意味でファン心理をも裏切る安易な手法。これだけはやめて欲しかった。

  • 平沢 薫
    ジェームズ・キャメロン監督が共感したポイントはきっとココ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     確かに、第1作の根幹は"よく出来たタイムトラベルSF"だった。本作はその原点に立ち戻り、何よりも"よく出来たタイムトラベルSF"であることを目指す。第1,2作の監督ジェームズ・キャメロンが「自分にとっては、これが第3作だ」と公言したのは、この姿勢に感じ入ったからだろう。そして本作の"名作に挑戦する勇気"にも。本作は、物語の起点をキャメロンの第1作と同じにして、そこからまったく別の物語を描く。T-800とカイル・リースが未来から1984年にタイムトラベルするが、その結果は同じにはならない。スカイネットの目的は、アップデートされている。この大胆さが、他のリブート作とは一線を画している。

動画

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』第2弾予告編
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』予告編
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』モーションポスター映像
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』日本版特報映像
シュワちゃんの顔が!映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』モーションポスター映像
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』予告「未来を取り戻せ編」
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』シュワちゃんコメント付特別映像
ジェームズ・キャメロン大絶賛!『ターミネーター:新起動/ジェニシス』インタビュー映像
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』本編クリップ第1弾
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』本編クリップ第2弾
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』本編映像「待ちくたびれたぜ編」
柔道・篠原、シュワちゃんに爆笑インタビュー!『ターミネーター:新起動/ジェニシス』特別映像
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』特別映像
シュワちゃん、西内まりやと抱き合う映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』日本限定本編映像
『ターミネーター:新起動 ジェニシス』アーノルド・シュワルツェネッガー インタビュー
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』特別映像

写真ギャラリー

Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ポスター
    ポスター
  • 映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ポスター
    ポスター
  • 映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」皮膚は老化するタイプとはね from soramove (2015年8月11日 10時21分)
    映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」★★★★ アーノルド・シュワルツェネッガー、 エミリア・クラーク、ジェイソン・クラーク、 ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ出演 アラン・テイラー 監督、 126分、2015年7月10日公開 2015,アメリカ,パラマウントピクチャーズジャパン (原題/原作:TERMINATOR: GENISYS ) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ターミネーター 新起動 ジェニシス」:エミリア・クラークがかわいい from 大江戸時夫の東京温度 (2015年8月10日 23時21分)
    映画『ターミネーター 新起動 ジェニシス』はしばらく前に観たのですが、なんだか書 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ターミネーター:新起動/ジェニシス from ダイターンクラッシュ!! (2015年8月8日 13時15分)
    2015年7月10日(金) 21:15~ 109シネマズ川崎6 料金:1100円(109シネマズ日) パンフレット:未確認 色々と無理がある設定 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』公式サイト バットマンの転職は失敗し、アバターの奴は存在が無かったものに、「ターミネーター4」は無きものとされた。 「ターミネーター4」でも無視されていた「ターミネーター3」だが、本作では完全に無きものとされた。 シュワが本格復帰って、どんな役演じるのだよと思ったら、なんとT-800。皮膚が老化するという驚異のいい加 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』観たよ from よくばりアンテナ (2015年8月4日 21時46分)
    なんだか評判が良くないような気がしてたんだけど、 シュワちゃんのターミネーター姿をまた観たくなっちゃって。 さほど期待してなかったんだけども、面白いじゃん!! 今までのとは設定が違うっていうのはチラッと聞こえてきてたんですが、 サラ・コナーが9歳の時からおじさんと呼ぶ旧型ターミネーター(シュワちゃん)に守られ、育てられてたって いうところで、 えーっと、さらに過去... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」 from 元・副会長のCinema Days (2015年7月27日 6時31分)
    (原題:Terminator Genisys)話が滅茶苦茶だ。よくもまあ、こんな救いようもない欠陥品のシナリオを採用したものである。プロデューサーのオツムの程度が限りなく低かったのか、あるいは“裏の事情(?)”によりショボい脚本を使わざるを得なかったのかは知らないが、い... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年7月6日の週の公開作品
  3. 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』