シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ステーキ・レボリューション

公式サイト:http://steakrevolution.jp/
ステーキ・レボリューション
(C) 2014 LA FERME PRODUCTIONS SAS et C.PRODUCTIONS
英題:
STEAK (R)EVOLUTION
製作年:
2014年
製作国:
フランス/イギリス/アメリカ/スウェーデン/スペイン/日本/イタリア/カナダ/ブラジル/ベルギー/アルゼンチン
日本公開:
2015年10月17日
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
配給:
ピクチャーズデプト
提供:
鈍牛倶楽部
カラー

チェック:世界で一番おいしいステーキを探し求める2年間の旅を追ったドキュメンタリー。フランク・リビエール監督と「パリで最高の精肉店」に選出された精肉店オーナー、イヴ=マリ・ル=ブルドネック氏が全世界20か国、200店超のステーキハウスを食べ歩き、世界のトップ10に輝くステーキを決定する旅を映し出す。肉の達人が太鼓判を押す究極の絶品ステーキに魅了される。

ストーリー:おいしい牛肉はどのような方法で作られるのか。その謎に迫るため、フランク・リビエール監督となじみの精肉店店主イヴ=マリ・ル=ブルドネック氏は、世界一のステーキを見つける旅に出た。個性あふれる生産者たちと出会い、世界20か国、200店を超えるステーキハウスを巡った結果、新規の市場開拓に挑もうとする者たちが直面する意外な壁が見えてくる。

ステーキ・レボリューション
(C) 2014 LA FERME PRODUCTIONS SAS et C.PRODUCTIONS

映画短評

  • 山縣みどり
    牛肉について真剣&超真面目に考えるひとときでした。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    肉ラバーなフランス人監督が本当に美味しいステーキを求めて世界を回りながら、各国の畜産方法、風土や食文化にも焦点を当てる構成には目からウロコが落ちることが多々。気候によって育成される牛種の差はもちろん、畜産ニューウェーブ、熟成の本来の意味や名店それぞれの調理方法の差などなど。“美味な牛肉”を多面的に模索する監督の思考がそのまま映画となっていて、観客の共感を呼ぶのは必至。霜降り肉が苦手で、熟成肉を使ったニューヨーク・ステーキが世界最高と思っていたけれど、牛肉はもっと奥が深かった! 映画を見ながら、次のNY旅行では革新的な精肉店でグラスフェッドの牛肉を買おうと決意しました。

動画

この映画、飯テロにつき空腹時の閲覧注意!映画『ステーキ・レボリューション』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ステーキ・レボリューション』ポスター
    ポスター
  • 映画『ステーキ・レボリューション』チラシ
    チラシ
  • 映画『ステーキ・レボリューション』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ステーキ・レボリューション』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ステーキ・レボリューション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ステーキ・レボリューション / Steak (R)evolution from 勝手に映画評 (2015年10月17日 17時12分)
    世界一おいしいステーキを探すために、20カ国、200軒以上のステーキハウスをめぐる旅を追ったドキュメンタリー。スペインのサン・セバスチャン国際映画祭キュリナリー部門(食・ガストロノミーをテーマとした作品)正式出品作品。 唾液が出まくるような、ステーキ料理の... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年10月12日の週の公開作品
  3. 『ステーキ・レボリューション』