シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
わたしに会うまでの1600キロ
(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
英題:
WILD
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年8月28日
(TOHOシネマズシャンテほか)
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
カラー/シネマスコープ

チェック:『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』などのリース・ウィザースプーンが、1,600キロの距離を3か月かけて1人で歩き通した女性を演じたヒューマンドラマ。第二の人生を歩むために、自然歩道のパシフィック・クレイスト・トレイルに挑んだ実在の女性、シェリル・ストレイドのベストセラーを基に、『ダラス・バイヤーズクラブ』などのジャン=マルク・ヴァレが映画化。『ランブリング・ローズ』などのローラ・ダーンが共演する。美しく壮大な情景、過酷な旅と共につづられるヒロインの人生を体現したリースの演技に圧倒される。

ストーリー:砂漠と山道を徒歩で旅することにしたシェリル(リース・ウィザースプーン)。旅をスタートさせる少し前、シェリルは母の死を受け入れられず、薬と男に溺れる日々を送り、結婚生活は崩壊してしまう。シェリルは人生について思い直し、自分自身を取り戻そうと決意。こうして彼女は旅に出たが、寒さが厳しい雪山や極度の暑さが体力を奪っていく砂漠が彼女を苦しめ……。

わたしに会うまでの1600キロ
(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    「廃馬を撃つ」のもあの時代的だ。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    時は’95年。ヒッピイズムが少し回帰した時代の女性の自分探しの物語だが、登場人物(と彼らの着るTシャツ)や音楽(「コンドルは飛んでいく」のリピート)、A.リッチら引用される詩の趣味がまんまヒッピー時代を感じさせるのが監督J-M・ヴァレ&脚本N.ホーンビィらしい。過酷な旅程に必要な道具ひとつ検証せずに冒険に出てしまう行き当たりばったりな主人公も然り、なるほどフラッシュバックとして垣間見える彼女の過去はけっこうヘヴィで、いろんな意味でカラダを張ったR.ウィザースプーンともども痛々しいが、その原因は簡素にいえばマザコン。なぜそこまで自己処罰的な観念に結びつくのかはイマイチ判然としないのだが…。

  • なかざわひでゆき
    主人公の心を支える亡き母親こそが真のヒロインかも
    ★★★★
    »読む«閉じる

     愛する母親の死と結婚生活の破綻で人生のどん底を味わう女性が、厳しい大自然を1600キロに渡って踏破するパシフィック・クレスト・トレイルに挑戦する。
     原作は実話。次々と予期せぬ問題にぶつかり、命の危険にまで晒されながらも、気力と執念で立ち向かっていくヒロインを、リース・ウィザースプーンが汗と埃にまみれながら体当たりで演じる。
     彼女が道中で想いを馳せるのは、女手一つで自分と弟を育てた亡き母親の姿。どんな逆境にも弱音を吐かず、常に物事の良い面に希望を見出し、目の前の困難を決して他人のせいにしない。そんな母親の人生哲学は、多くの人が生きづらさを感じる時代に深く響くものがあるだろう。

  • 森 直人
    美しさの中に身を置くこと
    ★★★★
    »読む«閉じる

    原題は“Wild”。S・ペン監督の『イントゥ・ザ・ワイルド』がビートニクの系譜にある青年の自分探しなら、こちらは大人の女性のリセット&デトックス。おそらく共感の幅はより広い。

    『キューティ・ブロンド』の頃は社会進出に向いていたR・ウィザースプーンが、精神性に旋回してきた事は興味深い。L・ダーン扮する母の言葉「美しさの中に身を置く」は、本作の総合的なメッセージとして印象的だ。

    脚本がN・ホーンビィで、監督がJ=マルク・ヴァレ。共に音楽マニアだけあり、選曲は抜群。ポーティスヘッドなど舞台となる95年当時の楽曲に加え、サイモン&ガーファンクルなど全てヒロインに寄り添うものとして考え抜かれている。

  • 相馬 学
    フィジカルとメンタルの二極を活写した才腕に唸る
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『ダラス・バイヤーズクラブ』で感心したのは、キャラのフィジカルとメンタルが呼応して、リアルな人物を創造していたこと。ジャン=マルク・ヴァレ監督のそんな才腕は、本作でも十分に感じ取ることができる。

     靴擦れや生ヅメなどのヒロインの肉体的な痛みをドキュメンタリーのように切り取りながら、フラッシュバックでは彼女の心の傷に触れる。これらをどう克服するのか? フィジカルかつメンタルな意味でのサバイバルがそこにある。

     必然的に役者への要求も高くなるが、フラッシュバック内の生臭いセックス・シーンを含め、心も体も削るリース・ウィザースプーンはお見事。彼女を見るだけでも価値のある逸品。

  • 山縣みどり
    体に垢がつくのに反比例し、心の澱が消えていく
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    人生を立て直そうとトレイルに挑んだ女性の話なので、“自分探し”する人間が嫌いな私は最初やや斜に構えて見ていたが、主人公シェリルの気持ちがぐんぐんと迫ってきた。厳しい自然と対峙する彼女の脳裏に浮かぶ思い出をフラッシュバックで見せながら人生崖っぷちとなった経緯を描くジャン=マルク・ヴァレ監督の手法がパワフルだ。演じるリース・ウィザースプーンの体当たり演技も素晴らしく、入浴もできない旅で顔や体が薄汚れていくのに反比例して澱が消えていくシェリルの心情をリアルに表現している。そして、もう一人の主役であるカリフォルニアの自然をとらえたカメラワークが感動的に美しい。見ている私の心も洗われた気がする。

  • 平沢 薫
    言葉以前に、身体感覚に共感させられる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     主人公の身体的な痛みから入る、という導入部が巧み。その痛みは、誰もが体験している"靴擦れ"が極限状態になった激痛だから、観客は自分の経験から類推して、主人公の痛みに共感することが出来る。すると、その後も主人公が痛み感じるたびに、それをどこかで共有している気持ちになる。喉の渇きに共感し、見知らぬ人と遭遇したときの恐怖に共鳴してしまう。先に身体感覚を共有すると、心理にも共振しやすくなる。一方、主人公がどんな人物で、なぜ旅に出たのかは、主人公が歩きながら過去を順不同に回想する形で、謎解きのように少しずつ明かされていく。この導入部と構成が、ただ歩くだけの物語を感情を揺さぶるドラマにしている。

  • くれい響
    『アリスのままで』がしっくり来なかった人はゼヒ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ビッグ・アイズ』のオファーを蹴って、あまり観たくない裸体もさらけ出したリース・ウィザースプーンは相変わらずスゴいが、『きっと、星のせいじゃない。』に続き、ヒロインの母を演じたローラ・ダーンはもっとスゴい! 一時期流行した“自分探しモノ”だが、1600キロの道のりも、彼女の過去も、邦題からのイメージ以上にへヴィ。しかも、次々災難が降りかかる“一人旅あるある”や、旅の途中で出会う老人や若者、ベテランハイカーら男性陣が絡んだハズした演出がことごとく巧い。ジャン=マルク・ヴァレ監督作としても、『ダラス・バイヤーズクラブ』よりストレートだからこそ、『アリスのままで』超えの女性映画になったのだろう。

動画

映画『わたしに会うまでの1600キロ』予告編
『ワイルド/WILD(原題)』リース・ウィザースプーン インタビュー【第87回アカデミー賞 インタビュー】

写真ギャラリー

Fox Searchlight Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『わたしに会うまでの1600キロ』ポスター
    ポスター
  • 映画『わたしに会うまでの1600キロ』チラシ
    チラシ
  • 映画『わたしに会うまでの1600キロ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『わたしに会うまでの1600キロ』の映画ニュース

  • ジェイク・ギレンホールが妻を亡くしても悲しめないほど全てに無関心になってしまった男を演じる『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』から、身の回りのあらゆる物を破...。 本作は『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』など人間ドラマに定評のあるジャン=マル...
  • トム・クルーズ主演の世界的大ヒットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の第6弾の全米公開日が、当初予定されていた2017年から2018年7月27日に変更されたと The Wrap な...公開に決定した。同作にはマットに加え、『わたしに会うまでの1600キロ』のリース・ウィザースプーンや、『イング...
  • Apple社が初のオリジナルドラマ製作に乗り出したと The Hollywood Reporter が報じた。 ドラマのタイトルは「ヴァイタル・サインズ(原題) / Vital Signs」。主演は同社の...アイアンマン2』のサム・ロックウェル、『わたしに会うまでの1600キロ』「サン・オブ・アナーキー」などで知られ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • わたしに会うまでの1600キロ (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年5月8日 3時20分)
    米国の西海岸に沿ってメキシコ国境からカナダ国境までを南北に縦走する長距離自然歩道パシフィック・クレスト・トレイル(略称PCT)に挑戦したシェリル・ストレイドの回顧録の映画化.。  オスカーの主演女優賞(リース・ウィザースプーン)、助演女優賞(ローラ・ダーン)にノミネートされた。DVDで観た。  PCTの歩き方というのは人それぞれのようでシェリルの場合はモハーヴェ砂漠からオレゴン州とワシン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • わたしに会うまでの1600キロ from ダイターンクラッシュ!! (2016年1月2日 21時41分)
    2015年9月13日(日) 19:15~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 実年齢より老けて見えるリース 『わたしに会うまでの1600キロ』公式サイト フリーパス10本目。 元々好きな役者であるが、「Black & White / ブラック & ホワイト」での、不相応な配役で、このオバサンは何を勘違いしているんだ状態だったリース。 「デビルズ・ノット」と年相応のくたびれた演技を連続して発揮した。 元来演技力のある人(Even though "Legall ...[外部サイトの続きを読む]
  • わたしに会うまでの1600キロ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年8月30日 22時38分)
    「奇跡の2000マイル」と比較するのも一興 公式サイト。原題:Wild。シェリル・ストレイド原作・出演、ジャン=マルク・ヴァレ監督。リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン。邦題 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • わたしに会うまでの1600キロ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年8月29日 0時41分)
    わたしに会うまでの1600キロ [Blu-ray] [Blu-ray]人生をやり直すために1,600キロの距離を3か月かけて1人で歩き通した女性の実話「わたしに会うまでの1600キロ」。リースが文字通り体当たりの ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「わたしに会うまでの1600キロ」究極の自分探し。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2015年8月27日 22時30分)
    [リース・ウィザースプーン] ブログ村キーワード  「わたしに会うまでの1600キロ」(20世紀フォックス)。原題は「Wild」。今年のアカデミー賞でリース・ウィザースプーンとローラ・ダーンが、それぞれ主演女優賞と助演女優賞にWノミネートされて話題になりましたが、邦題があまりに違いすぎるので、最初何の映画かわかりませんでした(^^;。しかし、この邦題は映画の内容を非常に的確に表現しています。  愛する母・ボビー(ローラ・ダーン)を若くして亡くしたシェリル(リース・ウィザースプーン)は、その悲しみに耐 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年8月24日の週の公開作品
  3. 『わたしに会うまでの1600キロ』