シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ピクセル
英題:
PIXELS
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年9月12日
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
提供:
コロンビア・ピクチャーズ / L Star Capital / China Film Co., Ltd
制作:
Happy Madison / 1492 Pictures / Film Croppers Entertainment
カラー

チェック:パックマン、ドンキーコング、スペースインベーダーなど、日本の名作ゲームのキャラクターたちをフィーチャーしたアドベンチャー。ゲームキャラクターにふんして地球侵略を開始したエイリアンと人類の攻防を活写する。メガホンを取るのは、『ハリー・ポッター』シリーズなどのクリス・コロンバス。『ジャックとジル』などのアダム・サンドラー、『ブラインド・フィアー』などのミシェル・モナハンらが出演する。奇想天外なストーリーもちろん、メーカーの垣根を越えてキャラクターたちが共演するビジュアルにも圧倒される。

ストーリー:地球や人類の文化ついての情報を電波に乗せて、宇宙人との交流を図ろうとしていたプロジェクト。それを宇宙人が受信したものの、彼らは人類からの宣戦布告だと勘違いしてしまう。「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」「ドンキーコング」「スペースインベーダー」と、送られた情報からテレビゲームについて知った宇宙人たちはそれらに出てくるキャラクターに姿を変えて地球を侵攻し始める。巨大なキャラクターが次々と現れ、都市をブロック化していく事態に世界はパニックに陥り……。

ピクセル

映画短評

  • 相馬 学
    やっぱりアダム・サンドラー印
    ★★★★
    »読む«閉じる

     懐かしいゲームうんぬん以前に、アダム・サンドラーらしいバカ映画で嬉しくなる。ケヴィン・ジェームズが大統領役という時点で、リアリティ放棄は歴然。荒唐無稽を楽しむしかない。

     物語の骨格はほとんど『ゴーストバスターズ』で、巨大な敵が迫る都市蹂躙スペクタクルまでテンポよく進む。ベテラン監督とはあまり組まないサンドラーだが、ここではクリス・コロンバスのポップな演出にハマッた。

     80’sテイストやオタク的会話など他にもサンドラーらしさは脈づいているが、負け犬を勝者に変える逆転展開もそのひとつにして最大の魅力。子どもの頃“ゲームなんて時間の無駄”と叱られた負け犬側の筆者にも、これは痛快だった。

  • なかざわひでゆき
    '80年代サブカルネタも満載なお気楽ゲーム・ムービー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     エイリアンの地球侵略に落ちこぼれのダメ人間たちが立ち向かう。まあ、いかにもありがちな話だが、本作の場合、エイリアンのいでたちが’80年代の懐かしいゲームキャラという点がミソだ。
     主人公たちが巨大なパックマンやドンキーコングを相手に死闘(?)を演じる姿がシュールな笑いを生む。ダン・エイクロイドやらホール&オーツやらジェーン・クラコウスキーやら、脇に並ぶ懐かしい顔ぶれも楽しい。マックス・ヘッドルームまで登場するのはマジで受けた。
     ってなわけで、いろんな意味で賑やかな映画。いや、’82年ってまだマドンナもサマンサ・フォックスもデビューしていませんが!?という時代考証のいい加減さもご愛嬌だ。

  • 山縣みどり
    ゴーストではなくゲーム・バスターズの活躍が爽快!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    アダム・サンドラー特有のゆる~い、ファミリー向けのギャグが好きか嫌いかによって賛否が分かれる映画。1982年にビデオゲームを入れて打ち上げたタイムカプセルを宇宙人が宣戦布告とみなしたのが事の始まりというアイデアは新しくもなく、対抗するのが「人間的にはどうよ?」なゲーマーの集団なのも既視感あり。それでも『ゴーストバスターズ』もどきの制服に身を包み、敵を次々にやっつける展開は爽快感アリ。敵が80年代のドラマや音楽などを使って交信するのでノスタルジックな香りも漂う!?  パックマンはじめ襲ってくる敵が怖くなく、戦争をゲーム感覚でとらえることに否を唱える人もいるかもしれないが、サンドラー映画ですもの。

  • 平沢 薫
    80年代の人気キャラたちがニコニコ顔で地球侵略!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     パックマン、ドンキーコングなどキュートな80年代の人気ゲームキャラが巨大化して世界中に出現、音楽も当時のヒット曲のチープトリック、ティアーズ・フォー・フィアーズ等が流れ、そこに主演のアダム・サンドラーのスイートな雰囲気をプラスした、レトロ風味の愉快なアクション・コメディ。監督は「グレムリン」「グーニーズ」の脚本家だったクリス・コロンバスだし。でもちゃんと映画の底には、"地球のTVゲームを宇宙に発信したら、宇宙人が宣戦布告されたのかと思って攻めてきた"という、人間の文明についてのキツーイ批評が仕込んである。パックマンのゲーム作者のエピソードも、日本人のセルフイメージへのツッコミだったりして。

  • くれい響
    ゲーマーの夢がここに実現!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    世代的に、ここまで期待高まる設定はないし、昔凄腕ゲーマー、今電気屋のオヤジ役のアダム・サンドラーはどハマり。しかも、『テッド』的役回りを任されたピーター・ディンクレイジや「マックス・ヘッドルーム」の登場などもステキなのだが、さすがにクリス・コロンバス監督の感性も衰えたか、観終わってみれば、どこかサッパリ薄味。結果的には『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』レベル。同じレトロ・アーケードゲームを題材に、Qバートが重要な役割を果たした『シュガーラッシュ』の方が作り手の熱意を感じ、ようやくリメイク始動の『ゴースト・バスターズ』のオマージュに見えてしまうのも、ちょっと悲しかったりする。

動画

パックマンやドンキーコングが地球を侵略しに来た!映画『ピクセル』予告編パート2
映画『ピクセル』予告編
パックマン…怒らんといて…!映画『ピクセル』特別映像
懐かしのゲームキャラがたくさん登場!映画『ピクセル』スペシャル映像
パックマンと人類が対峙する!映画『ピクセル』戦闘シーン
柳沢慎吾をアダム・サンドラーが賞賛『ピクセル』の日本語吹き替え版ジャパンプレミア
映画『ピクセル』メイキング特別映像

写真ギャラリー

Sony Pictures Releasing / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ピクセル』ポスター
    ポスター
  • 映画『ピクセル』ポスター
    ポスター
  • 映画『ピクセル』チラシ
    チラシ
  • 映画『ピクセル』チラシ
    チラシ
  • 映画『ピクセル』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ピクセル』カドケシ
    カドケシ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ピクセル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ピクセル』レトロゲームの愛が溢れる... from 映画の棚 (2016年3月15日 22時33分)
    もうご紹介するまでもない映画ではありますが、改めてご紹介したい。『ピクセル』です。映画館で公開当初、やたらと低評価の嵐で、正直、どうしてそんな状況なのか、理解できなかっ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ピクセル from ダイターンクラッシュ!! (2016年1月3日 13時24分)
    2015年9月17日(木) 19:05~ TOHOシネマズ日本橋8 料金:300円(フリーパス+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 アダム・サンドラーらしくない 『ピクセル』公式サイト フリーパス11本目。 いつものような過剰な阿呆面演技がない。主人公はギークなので、彼ならではというのはあるが、どちらかと言うとベン・スティラーなイメージだ。最も、奴にも「ドッチボール」なる映画での変態役もある。 サンドラーにしては珍しく、家族で鑑賞できる一品。子供が観ても面白く無いかもしれんがね。 劇中 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「PIXEL」  1982年のゲーム大会のタイムカプセルが異星人の挑戦状として from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年10月1日 8時44分)
    映画「PIXEL」観ました。 子供向けというよりは、もう40代おっさんへのノスタルジー向け映画です。 そして、ハリウッドのお約束、舞台設定になぜどうしては問わないというルールも健在です。 敵の正体は明かされません。 内容もゲームセンターあらしではなく、ゴ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ピクセル』 いやされる大人の童話 from 映画のブログ (2015年9月23日 13時15分)
    ピクセルじゃなくてボクセルだろ、というツッコミはなしだ。  『ピクセル』には立方体が集まったエネルギー体が登場し、地球の物体を小さな立方体に分解してしまう。だから2次元の画素を表すピクセル(picture + element)よりも、3次元の立体を表すボクセル(volume + pixel)のほうが内容に即している。  作り手だってそれは百も承知だろうが、物語の背景にあるのは1982年... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ピクセル(2D字幕)  (2015/2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年9月18日 2時52分)
    1980年代に世界中で大ヒットしたアーケイドゲームのキャラクターたちが地球を攻撃してくるコメディ。 ゲームオタクたちが地球を背負って戦う。 町の中をパックマンが走り回ったり、高層ビルでテトリスが始まったりと、なかなか楽しかった。 □ アーケイドゲームが大流行りだった1982年、ゲームオタクのサム・ブレナーはゲーム大会でエディ・プラントとドンキーコングで対戦して敗れチャンピオンになれ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年9月7日の週の公開作品
  3. 『ピクセル』