シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
母と暮せば
(C) 2015「母と暮せば」製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年12月12日
上映時間:
協賛:
ソフトバンク / 日本郵便
特別協力:
JR東日本 / 久光製薬 / ネクスト
宣伝協力:
シャープ
オリジナルサウンドトラック:
commmons
推薦:
カトリック中央協議会広報
題字:
100%ORANGE
製作:
「母と暮せば」製作委員会
制作・配給:
松竹
カラー

チェック:「父と暮せば」などの戯曲で有名な井上ひさしの遺志を名匠山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。母親を名女優吉永小百合が演じ、息子を『プラチナデータ』などの二宮和也が好演。ほのぼのとした中にも戦争の爪痕を感じる展開に涙腺が緩む。

ストーリー:1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに、3年前に原爆で失ったはずの息子の浩二(二宮和也)がふらりと姿を見せる。あまりのことにぼうぜんとする母を尻目に、すでに死んでいる息子はその後もちょくちょく顔を出すようになる。当時医者を目指していた浩二には、将来を約束した恋人の町子(黒木華)がいたが……。

母と暮せば
(C) 2015「母と暮せば」製作委員会

映画短評

  • 森 直人
    “生と死”をめぐる前衛劇。ベテランの攻めの姿勢に感動。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    原爆投下の日、「僕は死んだ」と霊界からの視座で語られる導入部――84歳・山田洋次の果敢な自己更新に心が震えた。本作の空間は生と死が親密だが、死者の息子が母を迎えにくるという、自然の循環に巨大な歪みをもたらす“人災”として戦争が糾弾される。

    お話の構造は怪談だ。ホラー的文法を人間ドラマに応用した点で黒沢清の『岸辺の旅』に似ているが、本作は演劇性が強い。基本は長台詞の二人芝居。井上ひさしの戯曲『父と暮せば』(黒木和雄が映画化)と共に、吉永小百合の原爆詩朗読も演出・作劇のヒントとして重要だろう。

    “生”の側で抜群の存在感を示したのが黒木華。『小さいおうち』といい山田映画の彼女は最強に艶めかしい!

  • 中山 治美
    母は本当に息子と暮らしていたのだろうか?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    二宮和也演じる息子は、自分の意思で母の前に姿を現したのか?
    はたまた母が作り出した幻影か?
    捉え方によって物語の味わい方が変わってくるから興味深い。
    筆者は幻影とみた。
    すると、マザコンか??と思える程の「母さん」の連呼も、恋人ではなく母の方に現れた理由もしっくりくる。
    そして息子の死を受け止めきれず、思い出と空想の世界に浸らざるを得ない母親の悲しみが一層胸に響く。東日本大震災後、心霊体験をした人が多いという話を思い出した。
    戦争、テロ、災害etc…。日々、無数の命が奪われている今、一人の死の重さを改めて考えさせられる山田洋次監督らしい重厚なファンタジーである。

  • 清水 節
    詩人竹内浩三へオマージュを捧げた二宮和也の軽やかな演技がいい
    ★★★★
    »読む«閉じる

     84歳の名匠がCGも駆使した戦争ファンタジーは、忘れ去られようとしている時代の実感を語り継ぐディテールに優れている。長崎の原爆投下直後を表現するインク瓶の瞬時の溶解、生卵の貴重さを言い表す黒木華のセリフ、兵士たちの霊の憔悴した姿…戦争を知る世代ならではの描写力に息を呑む。戦死した若き詩人竹内浩三へオマージュを捧げた医大生像を的確に捉え、悲劇を湿っぽくしない、葛飾出身の二宮和也の軽やかな存在感がいい。

     ただし総体としては、映像よりも会話の力に頼りすぎたきらいがある。発想の源になった、井上ひさしの戯曲の世界に囚われすぎたのではないか。もっと吉永、二宮、黒木の、表情や間をこそ観たかった。

  • くれい響
    まるで、にゃんこのようなニノに萌え
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    イメージばかり先行し、『硫黄島からの手紙』以降、なかなかスクリーンでその演技力を堪能できなかった感のある二宮和也だが、ついに山田洋次作品で爆発!ひょっこり母親の前に現れては、医学生ならではのインテリ口調でまくしたてたと思えば、恋愛ネタなど、自分に都合が悪いとサラッと消え去る。その行動パターンはまるで子猫であり、これがたまらなく巧いのだ。しかも、「坊っちゃん」の羽織袴姿が、いち早く観れるお得感など、ファンの期待は裏切らない。狙い通りの重喜劇としてもしっかり成り立っているが、山田監督からの強烈なメッセージとも読み取れるラストは、丹波映画と観間違えてしまうほどで、その戸惑いは隠しきれない。

  • なかざわひでゆき
    原爆の恐ろしさを主観で捉えたオープニングは衝撃的
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     長崎の原爆で最愛の息子を失った事実を受け入れられぬまま戦後を暮らす母親の前に、死んだ息子が幽霊となって現れる。戦争で理不尽に命を奪われた者の無念と、残された人々の深い悲しみを柔らかなファンタジーとして端正に描いた作品。
     長閑な日常を一瞬にして奪う原爆の恐ろしさを主観で捉えた冒頭はなかなか衝撃的。やたら説明臭いセリフは少々気になるが、しかし人間を見つめる視線の優しさと泣きのツボを押さえた演出は山田監督の真骨頂だ。
     ただ、あのラストは大いに戸惑った。恐らく見る者の宗教観にも依るのだろうが、カトリック中央協議会の推薦ってそーゆーことなのねと、筆者のようなひねくれ者は興ざめしてしまうわけです…。

  • 山縣みどり
    戦後70年、でも悲しみの記憶は忘れられない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    長崎の原爆資料館で衝撃を受けて以来、原爆投下には恐怖しか感じていない。その爆撃が幕開けなので地獄絵が続くと緊張したが、山田洋次監督が着目したのは戦後だ。戦争で愛する人を失う悲劇を経て、なおかつ生きなければならない人々の心象風景が胸にひしひしと迫る。息子の死を受け入れられない母親、前に進むことが愛した人への裏切りと思ってしまう女性……。道半ばで絶命させられた人々の無念はもちろん、命をつないだ側も苦悩するのが戦争なのだ。日本が立てた不戦の誓いがなし崩しにされかけている今だからこそ、ニノが大好きな若い世代が劇場に足を運びそうなことがうれしい。戦争を知らない世代も悲しみの記憶を受け継いでほしい。


スタッフ

監督・脚本:
音楽: 坂本龍一
脚本: 平松恵美子
企画: 井上麻矢
プロデューサー: 榎望
撮影: 近森眞史
美術: 出川三男
照明: 渡邊孝一
編集: 石井巌
録音: 岸田和美

キャスト

福原伸子:
福原浩二:
佐多町子:
黒田正圀:
上海のおじさん:
富江:
風見民子:
復員局の職員:
年配の男:
川上教授:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『母と暮せば』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【母と暮せば】吉永小百合は悪魔なのか・・共演者は食われていくホラー映画 from 元ボクサーの一念発起 (2016年8月22日 17時1分)
    吉永小百合の名演に共演者が喰われる映画!?Σ(゜Д゜) 井上ひさしが「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を、日本映画界を代表するを名匠・山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描くヒューマン・ドラマです! いそっそう612 どうも、いごっそう612です!吉永小百合は恐ろしいです。 【作品情報】 原題:母と暮せば邦画:ヒューマン・ドラマ製作年:2015年製作国:日本日本公開:2015年12月12日レンタル開始:2016年6月15日上映時間&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『母と暮せば』映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2016年3月8日 0時26分)
    監督: 山田洋次 キャスト: 吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「母と暮せば」 from 元・副会長のCinema Days (2015年12月28日 7時11分)
    出来が悪い。その大きな原因は、主演の吉永小百合にあると思う。彼女が出ていた映画は過去に何十本も観ているが、一度たりとも演技が上手いと思ったことは無い。有り体に言えば、大根なのだ。ところが、若い頃のアイドル的人気が高すぎたせいか、今でも彼女を“神格化”... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『母と暮せば』★母の願いは永遠の幸せへと from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年12月18日 20時56分)
      作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/166922/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 映画『父と暮せば』と対をなす作品です。 『父と暮せば』のあの哀しさを踏まえての、“母と亡き息子“という悲しみに 見るのが辛いかも …… 思いましたが、好評につられて鑑賞しました。   長崎の原爆で、一瞬にして消えた息子の死後3年... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 母と暮せば~原節子→蒼井優→黒木華 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年12月12日 18時27分)
    公式サイト。山田洋次監督、音楽:坂本龍一。吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、 広岡由里子、本田望結、小林稔侍、辻萬長、橋爪功。ニノは幽霊なのでスチール写 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年12月7日の週の公開作品
  3. 『母と暮せば』