シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~

公式サイト:http://jamesbrown-movie.jp
ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~
(C) Universal Pictures (C) D Stevens
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ/イギリス
日本公開:
2015年5月30日
(シネクイントほか)
上映時間:
配給:
シンカ / パルコ
カラー

チェック:ソウルミュージック界のレジェンド、ジェームス・ブラウンの伝記ドラマ。類いまれな音楽的才能に恵まれ、ミュージックシーンに新風を巻き起こした彼の軌跡を追う。監督は、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のテイト・テイラー。『42 ~世界を変えた男~』などのチャドウィック・ボーズマンが主演を務め、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがプロデューサーなどに名を連ねている。白熱のライブシーンはもちろん、ブラウンに成り切ったチャドウィックの熱演も見もの。

ストーリー:親に捨てられ、劣悪な環境で育ったジェームス・ブラウン(チャドウィック・ボーズマン)。その後、窃盗の罪により刑務所に入れられてしまうも、無二の親友と出会い、出所後は音楽の世界へ進出。少しずつヒット曲も生み出し、ブラウンの名は次第に世間に広まっていく。一方で、妻や自分を捨てた母親との関係、親友のボビー・バード(ネルサン・エリス)との意見の食い違い、ミュージシャンらとの諸問題など、ブラウンには頭を悩ます事案が常につきまとい……。

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~
(C) Universal Pictures (C) D Stevens

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    ムチャクチャさも描いて、JB好きも納得。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    邦題に反して“最高の魂”なのかどうか疑問を挟む余地ありありだが、それでも偉大なのがJB。「セックス・マシーン」の誰もが知ってる掛け合いのうち、「ゲラッパ!」じゃなくて「ゲルウレッ」のほうを原題としていることからみても、彼の“相棒”(というか滅茶苦茶恩人なのだが、そこは音楽的才能が段違いだったので逆転しちまう)ボビー・バードとの関係性を主軸とし、いささか恣意的ではあるにせよ、評伝としてただの称揚的内容になっていないのがイイ。プロデューサーであり“出演”もしているM.ジャガーのこだわりだろうか、後のPファンク大魔王ブーツィー・コリンズ参加の瞬間までも一応描いてるのがファン心理をくすぐるんだな。

  • 相馬 学
    闘士にして天才、そして変人としてのJB
    ★★★★
    »読む«閉じる

     熱烈なファンとしてジェームズ・ブラウン(以下JB)は、とてつもない情熱の人で、とてつもない変人だった……と解釈している。そんな要素がバランスよく詰まった伝記ドラマ。

     安直な感動作に仕立てる気は微塵もなく、ショットガン乱射~パトカーとチェイス、ベトナム慰問コンサートで興奮、スタジオで独裁等々、俺様汁が噴出するエピソードを年代にとらわれずに羅列。その結果、JBが何を得て何を失ったのかに焦点を当てており、興味深く見た。

     JB役のチャドゥィック・ボーズマンは、顔は似ていないが声の特徴をよくつかんでいる。何より、天才ダンサーでもあったJBを完璧にコピーしていることに仰天。役者の凄みを感じた。

  • 平沢 薫
    映画の中央にJBの歌とパフォーマンスがある
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     音楽をたっぷり聴かせてくれるのがいい。彼の歌いっぷりとパフォーマンスをたっぷり見せてくれるのがいい。アーティストはやはり私生活ではなく、その作品の中にこそ、真髄がある。映画の中心に歌唱を置き、その周囲に、日常生活でのエピソードを順不同に配置する。この構成に納得だ。
     主演のチャドウィック・ボーズマンが「キャプテン・アメリカ」第3作で扮するスーパーヒーロー、ブラック・パンサーには、本作で演じた難点は多いが憎めない"ファンクの帝王"ジェームス・ブラウンと、「42~世界を変えた男~」で演じた史上初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンのイメージが、きっと重ねられている。

  • 森 直人
    ソウル・パワーを生んだ人間、歴史、物語
    ★★★★
    »読む«閉じる

    主演にミュージシャンを起用した『JIMI:栄光への軌跡』が「音楽」のコアに肉迫したものだとすれば、プロ俳優がJBに扮するこちらは「人生」寄りのアプローチ。C・ボーズマンが破天荒キャラを快演し、オリジナル音源に合わせて踊りまくる高度な芸で魅了する。

    監督のT・テイラーはストレートな人間ドラマとして、貧困から成り上がったタフなアフリカ系米国人の人生を語る。『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』と併せれば、公民権運動を軸とする共通の歴史意識が見えてくるはずだ。

    D・エイクロイドの出演も涙だが、音楽ファン的にはJB妻役のジル・スコットや『The T.A.M.I. Show』でのストーンズ等をチェック!

動画

「ゲロッパ!」でお馴染みのジェームス・ブラウンの伝記ドラマ!映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』予告編
白熱の演奏シーン!映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』「CALDONIA」演奏シーン

写真ギャラリー

Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』ポスター
    ポスター
  • 映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』チラシ
    チラシ
  • 映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』特製缶バッジ2個セット
    特製缶バッジ2個セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
脚本・ストーリー構想・エグゼクティブプロデューサー: ジェズ・バターワース / ジョン=ヘンリー・バターワース
ストーリー構想: スティーヴ・ベイグルマン
プロデューサー・音楽製作総指揮: ミック・ジャガー
プロダクションデザイン: マーク・リッカー
音楽スーパーバイザー: バッド・カー / マーガレット・イェン
ニューミュージックプロデュース&アレンジ: THE UNDERDOGS

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~ from 映画のメモ帳+α (2015年10月7日 0時20分)
    ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~(2014 アメリカ・イギリス) 原題   GET ON UP 監督   テイト・テイラー 原案   スティーヴン・ベーグルマン ジェズ・バターワース       ジョン=ヘンリー・バターワース 脚本   ジェズ・バターワース ジョン=ヘンリー・バターワース 撮影   スティーヴン・ゴールドブラット 音楽   トーマス・ニューマン 音楽監修 バド・カー マーガレット・イェン 出演   チャドウィック・ボーズマン ネルサン・エリス ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」:破滅しないゲス野郎 from 大江戸時夫の東京温度 (2015年6月26日 23時39分)
    映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男』は、まあソウル・ミュージ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男 (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年6月2日 3時43分)
    「ミスター・ダイナマイト」「ファンキー・プレジデント」「ソウルのゴッドファーザー」などと呼ばれたジェームス・ブラウンの伝記映画。  天才的な音楽家というだけではなく音楽ビジネスにも積極的に取り組んだ。  過剰な自己中心の男で、音楽は好きでも本人とはつきあいたくないと思った。 □ ジェームス・ブラウンはジョージア州オーガスタの極貧家庭で育った。幼いころに母親が出ていき、やがて父親もジ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年6月1日 0時46分)
    Get on Up [CD]キング・オブ・ソウルこと歌手ジェームス・ブラウンの破天荒な半生を描く「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」。C.ボーズマンのなりきりぶりは必見。ア ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男 Get on Up 今年は何て音楽映画が豊作なんだ~! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2015年5月17日 7時5分)
    まず一言。 「今年は何て音楽映画が豊作な年なんだ~!!!」 今年は既に、ベスト10入りさせたいような音楽映画が次々と。 まずは「はじまりのうた Begin Again」、次に「セッション Whiplash 」… そして上半期の間に、今作までもが登場! 何たってレジェンドの映... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月25日の週の公開作品
  3. 『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』