シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

傷だらけのふたり

傷だらけのふたり
(C) 2013 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & SANAI PICTURES Co. Ltd. All Rights Reserved.
英題:
MAN IN LOVE
製作年:
2014年
製作国:
韓国
日本公開:
2015年4月4日
(シネマート新宿ほか)
上映時間:
日本語字幕:
根本理恵
配給:
アルシネテラン
カラー/5.1ch/シネマスコープ

チェック:『新しき世界』などのファン・ジョンミンと、テレビドラマ「朱蒙〔チュモン〕」などのハン・ヘジン共演の純愛ドラマ。借金取りと銀行員という全く別の世界で生きる男女が、最初は反発し合いながらも徐々に心を通わせていく様子を丁寧に描写する。メガホンを取ったのは、これが長編初監督作となる新鋭ハン・ドンウク。恋愛の喜びに身を震わせ、少しずつ変化していく男の純情にホロリとする。

ストーリー:闇金の集金係をしているテイル(ファン・ジョンミン)は、実は人情に厚い人間だった。ある日、彼は意識不明の男性の借金を取り立てに行った際に、娘のホジョン(ハン・ヘジン)を好きになってしまう。父親の借金を肩代わりさせられたホジョンは、あろうことかその張本人に借金をちゃらにする代わりにデートしようと提案される。

傷だらけのふたり
(C) 2013 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & SANAI PICTURES Co. Ltd. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    ジョンミンにはとぼけたラテン音楽こそが似合う。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    何はともあれファン・ジョンミンだ。狂犬ヤクザと繊細なロマンティスト、彼が演じてきた極端な両面性を存分に活かした当て書きといっていいキャラクターが、ボケた父親にだけ本心を吐露できる「“プロじゃない女”童貞」だとは(原題は『恋に落ちた男』)。ただ邦題に反し、傷だらけになるのは一方的な恋ゆえに身体も心も傷だらけになる高利貸ジョンミンひとり。昏睡状態に陥った父の借金を背負うヒロインも、心の傷は受けるけれどいわばメロドラマの法則に基づくもので“だらけ”というほどではない。終盤はいささかメロ度が過ぎるが、最後の最後は悔し涙の似合うジョンミンの愚かしさを的確に捉えた、愛しむべきラテン音楽なのだな。

動画

借金取りと銀行員に恋の予感!映画『傷だらけのふたり』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『傷だらけのふたり』ポスター
    ポスター
  • 映画『傷だらけのふたり』チラシ
    チラシ
  • 映画『傷だらけのふたり』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『傷だらけのふたり』ポストカード(いずれか1種)
    ポストカード(いずれか1種)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 傷だらけのふたり from ダイターンクラッシュ!! (2015年6月21日 22時51分)
    2015年5月31日(日) 18:40~ キネカ大森3 料金:1300円(TCG会員割引) パンフレット:未確認 どこかで聞いたような話 チンピラの純愛。 いつものいい人ファン・ジョンミンにしては、髪形もあるだおうが、前半はかなり頭の悪そうなチンピラ役。 後半は、いつものようにいい人にしか見えなかった。ちょっと残念な演技。 まあ、メロドラマにするために、仕方ないとは思うのだが。 そのメロドラマに、さして心を動かされなかった訳だが、この話には、どうにも既視感がある。 なんだと思ったら、手塚先生の「ブ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「傷だらけのふたり」 from ここなつ映画レビュー (2015年4月30日 12時42分)
    久々に、「恋愛映画」を鑑賞。そしてこの作品は「恋愛映画」の王道。すごくすごく良かった!期待以上!ファン・ジョンミン、痺れる!身分違いの恋、不治の病、などおよそ韓国恋愛ものに欠かせないと思われる(偏見です。韓国恋愛ものってあまり観た事がないので)題材がてんこ盛りだし、義兄弟の契りに代わって本物の親子・兄弟の愛まで盛り込んで…。お腹いっぱいになるはずが、決して食傷気味にはならず、むしろ清々しい涙を流させていただきました。オーラス前はボロッボロ泣いてしまった。けど、それは全てファン・ジョンミンの存在感に尽きるのか ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月30日の週の公開作品
  3. 『傷だらけのふたり』