シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
カイト/KITE
Copyright (C) 2013 Videovision Entertainment, Ltd., Distant Horizon, Ltd. & Detalle Films All rights reserved
英題:
KITE
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ/メキシコ
日本公開:
2015年4月11日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
アスミック・エース
提供:
カルチュアパブリッシャーズ
カラー

チェック:過激な描写のみならず斬新な設定で、クエンティン・タランティーノ、ロブ・コーエンなどハリウッドの映画人たちをも魅了した梅津泰臣によるアニメを実写映画化。少女たちが売買される荒廃した近未来を舞台に、両親を殺害され暗殺者として育てられた少女の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描く。『アンダーワールド 覚醒』などのインディア・アイズリーを主演に、『華麗なるギャツビー』などのカラン・マッコーリフや、数多くの代表作を誇るサミュエル・L・ジャクソンが共演。

ストーリー:少女たちを性の奴隷として取引することが横行する近未来、幼少時代に両親を殺されたサワ(インディア・アイズリー)は、父の親友だった刑事アカイ(サミュエル・L・ジャクソン)に殺し屋としてノウハウをたたき込まれる。娼婦(しょうふ)に成り済まし、両親の敵である人身売買組織にリベンジを果たすべく男たちを暗殺していくサワと、犯行現場の証拠を隠滅するアカイ。心身共に傷つきながらも、彼女は標的である組織のボスに近づいていくが……。

カイト/KITE
Copyright (C) 2013 Videovision Entertainment, Ltd., Distant Horizon, Ltd. & Detalle Films All rights reserved

映画短評

  • なかざわひでゆき
    明確な方向性が見えてこない近未来アクション
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     原作アニメを知らないので、どれほど忠実に実写化されているのかは定かでないが、本編の仕上がりを見る限りでは、タランティーノ的なカルト系B級路線を目指したのか、それともゴダールの「アルファビル」的なアート系エンタメ路線で行きたかったのか、方向性がイマイチ掴めない中途半端な印象だ。
     下手にCGやワイヤーワークを使ったりせず、低予算の身の丈に応じたリアリズム志向の撮影スタイルに徹した点は悪くない。ただ、演技力にだいぶ難ありの主演インディア・アイズリーはコミコンによくいる素人のコスプレ女子にしか見えず、先が読めすぎるストーリー展開にも全く捻りなし。もっと荒唐無稽に走るべきだったかもしれない。

  • 山縣みどり
    ウーヴェ・ボールに続くバッド・テイスト監督の誕生?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    日本アニメの実写化と聞くだけで仕上がりは想像つくし、サミュエル・L・ジャクソンが出演していたらなおさら展開が読める。予想通りに進む展開に「ほ~ら、私が言った通り」と居直るしか無い? とはいえ時折チラリと見える露悪趣味的な演出が映画を“愛すべき駄作”たらしめていて、完全否定できない。ラルフ・ジマン監督の作品はこれが初めてだが、大物スターを使ったB級バッド・テイスト映画の異才ウーヴェ・ボールに続く存在になれるかも。下着姿も披露するほど頑張ったインディア・アイズリーちゃんは『アンダーワールド』シリーズからの格落ち感が否めないけど、演技力がイマイチ。だからこそ、B級女優としての今後に期待したい!

動画

映画『カイト/KITE』予告編
日本の18禁アニメをハリウッドが映画化!映画『カイト/KITE』冒頭映像

ポスター/チラシ

  • 映画『カイト/KITE』ポスター
    ポスター
  • 映画『カイト/KITE』チラシ
    チラシ
  • 映画『カイト/KITE』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 梅津泰臣
脚本・製作: ブライアン・コックス
ヘア・メークアップ: メグ・タナー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『カイト/KITE』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【カイト/KITE】 日本のカルトアニメを映画化Σ(゜Д゜) from 元ボクサーの一念発起 (2015年12月20日 17時7分)
    日本の18禁カルトアニメを映画化! 過激な描写のみならず斬新な設定で、クエンティン・タランティーノ、ロブ・コーエンなどハリウッドの映画人たちをも魅了した梅津泰臣によるアニメを実写映画化したアクション! 2015年9月16日レンタル開始! 作品情報英題:KITE洋画:アクション製作国:アメリカ/メキシコ日本公開:2015年4月11日上映時間:90分公式サイト あらすじ少女たちを性の奴隷として取引することが横行する近未来、幼少時代に両親を殺されたサワ(インディア・アイズリー)は、父の親友だった刑事アカイ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • カイト KITE  (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年10月9日 3時9分)
    かわいい女の子が人をたくさん殺す映画は好きなのでDVDで観たけれどいまいちだった。  原作コミックは18禁らしいけれどこの映画ではセックスシーンどころか胸も見せない。バイオレンスもそこそこ。半分過ぎたあたりから暴れはじめる。  字幕ではサミュエル・L・ジャクソンの役名は「アカイ」となっているが英語音声では「エイカー"Aker"」 □ 経済崩壊により無法地帯となった世界。ナンバーズ・... ...[外部サイトの続きを読む]
  • カイト/KITE from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年4月14日 0時45分)
    A KITE Complete Work Book (プラザMOOK) [ムック]暗殺者となった少女の壮絶な復讐劇「カイト/KITE」。日本のアニメが原作のコテコテのB級アクション。荒廃した近未来では少女たちが性の奴隷と ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年4月6日の週の公開作品
  3. 『カイト/KITE』