シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
誘拐の掟
(C) 2014 TOMBSTONES MOVIE HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
A WALK AMONG THE TOMBSTONES
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年5月30日
上映時間:
配給:
ポニーキャニオン
カラー

チェック:『96時間』シリーズなどでアクション俳優としての地位を確立した名優リーアム・ニーソンが主演を務め、ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化したサスペンス。引退した敏腕刑事が、猟奇殺人犯と激しい頭脳戦を繰り広げる姿を活写する。『ザ・ゲスト』などのダン・スティーヴンスや、ラッパーのアストロことブライアン・ブラッドリーらが共演。邪悪な猟奇殺人鬼に挑む主人公のパワーに圧倒される。

ストーリー:ニューヨーク中が連続誘拐殺人事件におびえていた1999年、元刑事のマット(リーアム・ニーソン)のところにある依頼が舞い込む。それは妻を誘拐された夫からの、犯人を見つけ出してほしいというものだった。マットはこれまでの刑事人生で身に付けた全てのスキルを総動員して誘拐犯の捜索に挑むが、相手もなかなか尻尾を出さず……。

誘拐の掟
(C) 2014 TOMBSTONES MOVIE HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    『ルックアウト/見張り』に続き、この監督には心がある。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    いわばハル・アシュビー監督の遺作『800万の死にざま』の後日譚。つまりローレンス・ブロック「マット・スカダー」シリーズの映画化なのだが、あちらのジェフ・ブリッジスがアルコール依存に悪戦苦闘していたのに対し、こちらのリーアムはすっかり抜けきったあとのマット・スカダー。ただし依存する要因となった過去はまだ引きずっていて、それがストリート少年TJと繋がりを持たせることになるというのに機微があり、凄惨極まる猟奇事件の中で大きな清涼剤となっている。色彩を極力抑え、90年代終盤のブルックリンらしさをクールに再現したM.マライメアJr.(コッポラの耽美な近作群やPTA『ザ・マスター』)の撮影も素晴らしい。

  • なかざわひでゆき
    ハードボイルドな世界観を堪能したい猟奇ミステリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     昨年だけでも4本の映画に主演ないし準主演という、ハリウッド基準でみれば超売れっ子のリーアム・ニーソンだが、本作を含めてそのいずれもが一定のレベルをクリアしている安定感に改めて感心する。
     本作で演じるのはアルコールで身を持ち崩した元刑事の私立探偵。寒空のニューヨークを舞台にしたノワールな雰囲気が、リーアムの骨太な渋さと色気を際立たせる。全盛期のチャールズ・ブロンソンにも匹敵するカッコ良さと言えよう。
     誘拐犯コンビがサイコなサディスト、その被害者である依頼人もヤクザな連中と、どこを向いてもワルばかりな相関図もまた魅力。ムード重視な側面は否めないものの、このハードボイルドな世界観は好みだ。

  • 相馬 学
    リーアム押し作品というより、本格派ミステリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     アル中や贖罪キャラが同時期公開の『ラン・オールナイト』と被るものの、リーアム・ニーソン主演作としては同作とは違った意味で密度が濃く、面白い。

     勝因は推理ドラマに重きを置いたこと。ひとつひとつの謎を検証して次の謎に進むストーリーの緻密さは、原作ありきの作品らしい歯応え。犯行現場に足を運んだ主人公が周囲を見回し、何かを発見する、セリフではなく映像で物語るショットもミステリーの興奮を喚起する。

     早い段階で正体を現わす犯人のキャラにひとクセ加えているのも妙味。何をしたいのかわからない、その人物像によってスリルは加速する。リーアムのスター映画というより、高純度のミステリーとして楽しみたい。

動画

アクションスターとしての地位も確立したリーアム・ニーソン主演のアクション!映画『誘拐の掟』予告編
映画『誘拐の掟』特報映像
おのののか、黒ニーソ姿で登壇!竹中直人に笑いながら怒られる 映画『誘拐の掟』公開記念イベント

写真ギャラリー

Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『誘拐の掟』ポスター
    ポスター
  • 映画『誘拐の掟』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『誘拐の掟』リーアム“ヨロシク!”手ぬぐい
    リーアム“ヨロシク!”手ぬぐい

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『誘拐の掟』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「誘拐の掟」リーアム・ニーソン だから成立する映画 from soramove (2016年2月14日 1時10分)
    映画「誘拐の掟 」★★★☆DVD鑑賞 リーアム・ニーソン ダン・スティーヴンス ブライアン・ブラッドリー ダニエル・ローズ・ラッセル スコット・フランク監督、 114分、2015年5月30日公開 2014,アメリカ,ポニーキャニオン (原題/原作:A WALK AMONG THE TOMBSTONES) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ...[外部サイトの続きを読む]
  • 誘拐の掟  (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年12月12日 5時38分)
    作家ローレンス・ブロックの私立探偵マシュー・スカダー(シリーズ)「獣たちの墓 A Walk Among the Tombstones(1992)」の映画化。DVDで観た。同じシリーズの映画化に「800万の死にざま"Eight Million Ways to Die"(1986)」がある。  酔いどれ刑事だったスカダーはある事件をきっかけに警察を辞職し酒を止めた。その8年後、無免許で私立... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『誘拐の掟』★過ちを直視し埋め合わせたマークの“掟” from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年7月26日 17時19分)
    &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167257/  ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 &nbsp; &nbsp; リーアム・ニーソン 主演のサスペンスーということで、楽しみにしていました☆ &nbsp; 誘拐事件ということですが、“犯人捜しと事件解決”が この作品のツボではなかったです。(いい意味で... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 誘拐の掟 from ダイターンクラッシュ!! (2015年6月21日 22時18分)
    2015年5月30日(土) 21:55~ 109シネマズ川崎2 料金:1300円(レイト・ショー) パンフレット:未確認 三度アル中のヨレヨレ男 『誘拐の掟』公式サイト ただし、マット・スカダー役なので、元アル中。 近年のアル中3部作ではベストの出来栄えだ。 「フライト・ゲーム」 「ラン・オールナイト」 いまいちのタイトルの上、公開劇場数も少なく、全く目立っていないのは残念。 DVDでも人気が出なさそうな邦題が。 そう言え「ワイルド7」のサブ・ストーリーと一緒だ。 お勧め度:☆☆☆★ アル中 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:誘拐の掟 A Walk Among the Tombstones もう少し出演作を選んで欲しいぞ! リーアム・ニーソン... from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2015年6月5日 21時0分)
    ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化。 オープニングは快調。 たちまちアクション・シーンに突入する主人公は、おなじみの リーアム・ニーソン。 だがその後、いかにも原作ものらしく、ダークなトーンで一貫され、物語は停滞していく... どうにもサスペン... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月25日の週の公開作品
  3. 『誘拐の掟』