シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:アメリカのベストセラー小説を基に、謎の巨大迷路に放り込まれた若者たちが決死の脱出劇に挑むサスペンス大作の第1弾。さまざまな死のトラップが仕掛けられ、どんどん変化していく巨大な迷路(メイズ)を、知力・体力を駆使して駆け抜ける若者たちの運命、そして迷路に隠された秘密が描かれる。キャストには、『インターンシップ』のディラン・オブライエン、『17歳のエンディングノート』などのカヤ・スコデラーリオらがそろう。

ストーリー:そびえ立つ壁や毎晩変化する構造を持つ謎の巨大迷路に月に1度、自分の名前以外何も覚えていないランナーが送り込まれてくる。やがて団結し始めた彼らは迷路の仕組みを調査し脱出法を見いだそうとするが、迷路の扉が閉まる夜までに帰還しないと命の保証はない。生き残りを懸け巨大迷路に隠された謎を解き明かそうとするランナーたちの運命は……。

メイズ・ランナー
(C) 2014 Twentieth Century Fox Film.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    “迷路”感に乏しすぎる迷路って。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    いや、途中まではそれなりに楽しい出来ではあるのだが、開巻時にはあった不条理感が次第に条理っぽい展開へ移行していくにつれ関心がぼろぼろと剥がれ落ちていく。『ラブ・アクチュアリー』のT.ブロディ=サングスターや『なんちゃって家族』のW.ポールターなど、もと子役陣の成長はしっかり見てとれるものの、主役格のD.オブライエンとK.スコデラリオが美男美女なだけで演技的にもキャラ的にもほとんど印象に残らないのが痛い。蜘蛛型機械獣グリーバーはじめ設定の甘さは覆い難く、終盤の急展開をみてもどうやら風呂敷拡げ過ぎな世界観がありありで、この先が楽しみ、とはとても言えないのだな。

  • くれい響
    3部作に付き合える自信はあるか?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ディストピア版『蠅の王』な世界で、巨大迷路と化した『CUBE』が展開される原作ゆえ、期待してしまうが、そこは『ハンガーゲーム』ありきの企画。「3作目まで引っ張る!」という制作サイドの魂胆から、あまりにツッコミどころ満載な脚本と、荷が重すぎた長編デビュー監督の戸惑いが見え隠れ。よって、中盤からは謎解き云々より、『ラブ・アクチュアリー』のあのコが! 『なんちゃって家族』の童貞が!といった子役の成長を見守る程度しか楽しめない。ストーリー上、大御所俳優がキャスティングされないこともユルさが際立った理由だが、制作陣は『ザ・ゲート』など、亜流『グーニーズ』なB級映画の千本ノックをすべき!

  • 山縣みどり
    全貌が明らかにならないので最後まで興味津々
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    いわゆるディストピアもので、冒頭のエレベーター場面から説明的なくだりはなく、最後まで見る側の興味を惹き付ける。ネタを小出しにする作り方にまんまとハマった! 謎の場所に放り込まれた少年たちのサバイバルは『CUBE』を彷彿させたが、迷路のスケールと残酷さは段違い。CGIを使ったビジュアルは素晴らしく、迷路にいる怪物のエイリアン感もハンパない。少年たちの葛藤というドラマ部分もきちんと描かれていて、若手俳優の頑張りは好感度大。個人的には主人公と敵対する立場になるギャリー役のウィル・ポールターが気になる。『ダイヴァージェント』シリーズでいうところのマイルズ・テラー的な存在となるか? 早く続きが見たい。

  • 相馬 学
    リアルが宿る21世紀型ジュブナイル
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ヤングアダルト小説の映画化ではあるが、筆者のような大人にも面白く見ることができたのは、SFジュブナイルの匂いが感じ取られたからに他ならない。

     “壁”“サバイバル”“モンスター”等のSF設定の濃密さはもちろん、『蝿の王』的な男子コミュニティ内の葛藤も魅力的で、ヒエラルキーのリアルを十分に感じ取ることができる。女子が放り込まれたことで事態が面倒になるのも物語のエッセンスとして面白い。

     続編を意識した作りで、スッキリと終わらない点に何アリと見る向きもあろうが、個人的には次に期待を抱かせるに十分な結末だった。ジュブナイルに不可欠のワクワク感が、ここにはある。

  • 平沢 薫
    いつものティーン・アドベンチャーかと思ったらヒネリあり
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「ハンガー・ゲーム」も「ダイバージェント」も本作も、全米ティーン層の人気シリーズはみな、主人公が所属する世界の仕組みを打破しようとする。変えようとするのではなく、とりあえず、壊そうとする。現代の子供達にとって、アドベンチャーとは、未知の世界の探訪ではなく、そういう形をしているようだ。にしても本作の"生存のために巨大な迷路の仕組みを解かなくてはならない"という設定は、あまりにも直球ではないかと思ったら、ちゃんとヒネリがあった。まず、主人公の立ち位置が、他作品とはちょっと違う。また、主人公が属する集団にも別の意見がある。さらに、ある謎解きが同時進行して、ストーリーで引っ張っていってくれる。

動画

この迷路を生きて出られるか……!映画『メイズ・ランナー』予告編
迫り来る壁がランナーを襲う!映画『メイズ・ランナー』本編映像

写真ギャラリー

Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『メイズ・ランナー』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『メイズ・ランナー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「メイズ・ランナー」  謎のメイズ世界の冒険……で、3部作らしい from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年7月11日 11時18分)
    キューブ映画「メイズ・ランナー」を観ました。 超映画批評でやたら褒めていたこともあって、観ました。 実写版「進撃の巨人は」 映画「キューブ」のような感じかなと、ひそかに期待してました。 記憶をなくして、謎の世界にゴンドラで送られた主人公。 この村では大きな… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「メイズ・ランナー」 from ここなつ映画レビュー (2015年6月30日 13時2分)
    想像していたよりも面白かった。という感想を息子に話したら、「想像していたよりも、どころではない。すっげー面白かった。」と正されたので、少年心をくすぐる作りなのであろう。「でも少し怖かった。」とも言っていたので、怖楽しいアトラクションの体なのか。いや、アトラクションの趣きとは少し違うな。どうもこういう、集団の中で個人が逃げる、戦う、生き残る、などの話というと、「ハンガーゲーム」的なものを想像してしまうのだが、いや、全っ然。まず、何故このような環境下になってしまったのか、の前提、謎解きが面白い。それからくだんの ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「メイズ・ランナー」新感覚で単純に面白い from soramove (2015年6月10日 20時21分)
    映画「メイズ・ランナー」★★★★ ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、 アムル・アミーン、トーマス・ブロディ=サングスター、 キー・ホン・リー、ウィル・ポールター出演 ウェス・ボール 監督、 113分、2015年5月22日公開 2014,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:THE MAZE RUNNER) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「メイズ・ランナー」:迷路いらないんじゃない? from 大江戸時夫の東京温度 (2015年6月4日 23時22分)
    映画『メイズ・ランナー』は、実に「ゲーム」な映画ですねえ。壁があって、迷路があっ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「メイズ・ランナー」 「メイズ・ランナー2」は2015年9月18日に全米で公開予定 あらすじ&ネタバレ from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年5月29日 0時2分)
    巨大な壁が迫ってくる(;゜Д゜)! アメリカのベストセラー小説を基に、謎の巨大迷 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月18日の週の公開作品
  3. 『メイズ・ランナー』