シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ベルファスト71
(C) CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION / BRITISH FILM INSTITUTE / SCREEN YORKSHIRE LIMITED AND RUN 71 LTD 2014
製作年:
2014年
製作国:
イギリス
日本公開:
2015年8月1日
上映時間:
配給:
彩プロ
後援:
ブリティッシュ・カウンシル
シネマスコープ/ドルビー

チェック:『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』などのジャック・オコンネルが主演を務め、若き兵士の決死の脱出劇に迫るサバイバルドラマ。混乱の最中にある北アイルランドのベルファストを舞台に、孤立無援の状態に追い込まれた主人公の地獄のような一夜を捉える。『おみおくりの作法』などのポール・アンダーソンや、『プロメテウス』などのショーン・ハリスらベテラン俳優が共演。緊迫したストーリー展開はもとより、戦慄(せんりつ)のラストに言葉を失う。

ストーリー:1971年、アイルランド内戦発生以降混乱が続くベルファストでは、プロテスタント系住民とカトリック系住民の対立が激化していた。そんな中、ベルファストに送られたイギリス軍兵士ゲイリー(ジャック・オコンネル)はトラブルに見舞われ、いつの間にか敵のエリア内で一人になっていることに気が付く。彼は右も左もわからない場所で何とかして生き延びようと知恵を絞る。

ベルファスト71
(C) CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION / BRITISH FILM INSTITUTE / SCREEN YORKSHIRE LIMITED AND RUN 71 LTD 2014

映画短評

  • なかざわひでゆき
    志ある若者ばかりが使い捨てにされる戦争の理不尽
    ★★★★
    »読む«閉じる

     紛争の嵐が吹き荒れる’71年のベルファストを舞台に、戦場と化した市街地にたった一人で残された若き英国兵士の地獄巡りを描く。
     唯一の肉親である幼い弟を施設へ預け、命の危険はないと言われた治安維持の任務に就く主人公。だが、戦場に絶対の安全などありえず、予期せぬ事態は起きてしまう。
     英国兵士というだけで住民に憎悪の目を向けられ、祖国を憂う活動家たちからは命を狙われ、味方であるはずの英国スパイも彼を工作活動のコマ扱い。主人公は弟思いの真面目な若者だが、戦場では彼の人間性など誰も気にかけたりしない。サバイバルアクションの形を借りて、志ある若者ばかりが使い捨てにされる戦争の理不尽を描いた異色作だ。

  • 平沢 薫
    ここでは反射神経がよくても生き延びられない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     戦争というものはどんなものでも汚い。この映画はそれを、その場で盗撮したかのような緊迫した映像で映し出す。戦いに英雄的なところは微塵もない。味方と敵は、属する陣営ではなく、その瞬間の状況によって変わり、それは変化し続ける。そこで生き延びることが出来るかどうかは、反射神経のよさがものをいうように見えて、実はそうはならない。映画の中盤で、部隊から取り残された新兵である主人公が遭遇する女学生が、登場したばかりのデヴィッド・ボウイのファンだという描写があって、これがあの時代に起きていたことなのだと、時代感覚に照準が合う。ここでは空がずっと曇っていて、映画の最後になっても晴れない。

動画

映画『ベルファスト71』予告編

写真ギャラリー

Roadside Attractions / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ベルファスト71』ポスター
    ポスター
  • 映画『ベルファスト71』チラシ
    チラシ
  • 映画『ベルファスト71』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ベルファスト71』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ベルファスト71』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ベルファスト 71」 from ここなつ映画レビュー (2016年1月17日 12時27分)
    人は何故憎しみ合うのだろうか?イデオロギーの名の下に。そのイデオロギーでさえ、本当に理解して事を成す人間がどれほど居るというのだろうか?象徴的なシーンがある。瀕死の重傷を負いながらもベルファストの街を逃げのびようとする主人公のゲイリー(ジャック・オコンネル)が、とあるプロテスタント側の家に匿われるのだが、介抱してくれるその家の娘と会話するシーン。娘がゲイリーのイギリスの出身地を尋ねる。「ダービーだ」とゲイリーが答えると、「私もイギリスに親戚が居るのよ。ノッティンガム。」「ダービーとノッティンガムは仲が悪いん ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ベルファスト71 新兵が経験する悪夢の一夜 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2015年8月9日 18時17分)
    タイトルの71とは、1971年のこと。 ベルファストは、北アイルランドの首都。 この時代のベルファストは、血なまぐさい時代。 プロテスタント系住民 vs カトリック系住民のテロ紛争が激化し、おちおち街も歩けないような世上。 ここに新兵として送られ、直ち大ト... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年7月27日の週の公開作品
  3. 『ベルファスト71』