シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
共犯
Double Edge Entertainment (C) 2014 All rights reserved.
製作年:
2014年
製作国:
台湾
日本公開:
2015年7月25日
上映時間:
提供・配給:
マクザム
配給:
ザジフィルムズ
後援:
台北駐日経済文化代表処
カラー/シネマスコープ

チェック:『光にふれる』のチャン・ロンジー監督がメガホンを取り、一人の少女の死から透けて見える現代の社会問題に切り込んだサスペンス。同じ高校に通う女子高生の死体発見者となった3人の男子高校生が、その死の真相に迫っていく姿を描写する。ウー・チエンホー、チェン・カイユアン、トン・ユィカイらが共演。次第に明らかになる少女の死の内幕と、二転三転する物語に翻弄(ほんろう)される。

ストーリー:男子高校生のホアン、リン、イエは、学校に行く途中の路地で同じ高校に通う女子高校生シャーの変死体を発見する。偶然その場所を通りかかっただけの三人だったが、一緒に彼女が死んだ原因を探り始める。やがて彼らは、彼女が同級生からいじめを受けていたのではないかと考え始め……。

共犯
Double Edge Entertainment (C) 2014 All rights reserved.

映画短評

  • くれい響
    ウォン・カーウァイも認めた“美しくも残酷な青春”
    ★★★★
    »読む«閉じる

    恐ろしいほど万人向けだった前作『光にふれる』同様、台湾映画が得意とする瑞々しい青春映画の要素に、チャン・ロンジー監督が本当に撮りたかったデイヴィッド・フィンチャー的サスペンス要素をプラス。それにより、『告白』『渇き。』はもちろん、『ソロモンの偽証』にも匹敵する“美しく残酷な青春映画”に仕上がった。本作でもウォン・カーウァイが認めた息を呑むほどの映像美は健在だが、さらに注目すべきは事件の発端である雨や新たな悲劇が起こる湖など、水を使った演出であり、とにかくロケーションが素晴らしい。初見でのインパクトは薄いかもしれないが、2回目を見ることで、監督の計算された繊細な演出がより見えてくるはずだ。

  • なかざわひでゆき
    コミュニケーションの不在が招く青春の孤独と哀しみ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ある日偶然、少女の死体を発見した3人の男子高校生。彼女の死の真相を探る少年たちの奇妙な友情と予期せぬ悲劇を通じ、現代の若者が抱える孤独や哀しみを描く。
     根幹にあるのはコミュニケーションの不在だ。忙しい親は子供とまともに向き合う余裕もなく、杓子定規な教師は学生の問題にも無関心。同じ教室で学ぶ生徒たちも互いを深くは知らず。イジメや差別は野放しにされ、SNSを介して根拠のない噂ばかりが拡散し、傷ついた少年少女の声なき声は誰にも届かない。
     台湾産青春映画らしい詩情豊かな瑞々しさに、ミステリアスな暗いタッチが加味され、痛々しくも繊細な思春期の苦悩が浮かび上がる。きっと日本の若者も共感できるだろう。

  • 山縣みどり
    ストーリーテリングの冴えと内容の濃い脚本に感動
    ★★★★
    »読む«閉じる

    投身自殺した美少女の遺体を発見した男子高校生3人が探る自殺の真相と捜査でり起こされる高校生活の闇をPOVを変えながら語る手法が斬新だ。『光にふれる』も素晴らしかったチャン・ロンジー監督が本作ではスタイルを変え、ケレン味たっぷりなストーリーテリングを披露する。しかも単なる謎解きに終わらせず、いじめや孤独、SNSの恐怖、承認要求といった今どきのティーンが直面する社会問題にも言及した脚本がまた素晴らしい。出演者の大半は無名で演技初体験の役者もいるようだが、全員がしっかりキャラクターにハマっている。特に超面倒くさい自殺少女を演じたヤオ・アンニンのアンニュイな雰囲気が印象に残った。

動画

同じ高校に通う女子生徒の死体を見付けた3人の男子生徒は…!映画『共犯』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『共犯』ポスター
    ポスター
  • 映画『共犯』チラシ
    チラシ
  • 映画『共犯』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『共犯』“共犯女子”ポストカード3枚組
    “共犯女子”ポストカード3枚組

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作・脚本: シア・ペア / ウーヌーヌー
主題歌: flumpool

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『共犯』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『共犯』映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2016年2月14日 15時47分)
    監督: チャン・ロンジー キャスト: ウー・チエンホー、チェン・カイユアン、ト… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 共犯 from ダイターンクラッシュ!! (2015年9月23日 23時32分)
    2015年8月26日(水) 21:15~ 新宿武蔵野館3 料金:1000円(映画ファンサービスデー) パンフレット:未確認 想像していたものと違った。 『共犯』公式サイト 女子高生が共犯のものと思っていたのだが、主体は男子高校生だった。 そして「共犯」とあるように、爽やかでない。 かまってちゃんな話。 お薦め度:☆☆★ かまってちゃん度:☆☆☆ 俺度:☆☆★ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「共犯」 from 元・副会長のCinema Days (2015年8月20日 7時14分)
    (原題:共犯 Partners in Crime)以前観た「ソロモンの偽証」と似たような設定の台湾製ドラマだが、こっちの方が面白い。しかもあの映画みたいに無駄に合計4時間も引っ張ることなく、1時間半でキッチリとまとめている点も見上げたものだ。多少プロットに納得出来な... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 共犯 from 映画三昧、活字中毒 (2015年8月15日 4時47分)
    ■ 新宿武蔵野館にて鑑賞共犯/共犯 2014年/台湾/89分 監督: チャン・ロンジー 出演: ウー・チエンホー/チェン・カイユアン/トン・ユィカイ/ヤオ・アイニン/ウェン・チェンリン 公式サイト 公開: 2015年07月25日 台北の明仁高校に通う?立淮(ホアン・リーファイ)は、ある日、転落死体を発見する。偶然その場を通りかかった葉一凱(イエ・イーカイ)、林永群(リン・ヨンチュ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「共犯」:青春ミステリーだけどミステリーに非ず from 大江戸時夫の東京温度 (2015年8月12日 23時18分)
    映画『共犯』は台湾映画の佳品。いわば「青春ミステリー」ですが、その謎の顛末よりも ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年7月20日の週の公開作品
  3. 『共犯』