シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
エール!
(C) 2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory-Umedia
英題:
THE BELIER FAMILY
製作年:
2014年
製作国:
フランス
日本公開:
2015年10月31日
上映時間:
配給・提供:
クロックワークス / アルバトロス・フィルム
カラー/アメリカンビスタサイズ/DCP5.1ch

チェック:歌の才能を認められパリの音楽学校のオーディションを勧められた少女と、聴覚障害のある家族との絆を描いた感動作。最愛の家族を支える役目と自らの夢の間で揺れ動くヒロインを、新人ルアンヌ・エメラが好演し、セザール賞最優秀新人女優賞に輝いた。『プレイヤー』などのエリック・ラルティゴ監督がメガホンを取り、『しあわせの雨傘』などのカリン・ヴィアール、『タンゴ・リブレ 君を想う』などのフランソワ・ダミアンらが共演。

ストーリー:フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、全員が聴覚障害者。ある日音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才能を認められ、パリの音楽学校で行われるオーディションを勧められたポーラは喜ぶものの、歌声を聴けない家族から反対される。家族のコミュニケーションに欠かせないポーラは、考えた揚げ句……。

エール!
(C) 2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory-Umedia

映画短評

  • なかざわひでゆき
    これはマジで笑って泣けます!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     フランスの田舎の女子高生が、両親の反対を押し切って歌の道を目指す。それ自体はよくある話だが、しかし本作の場合、彼女以外の家族全員が聾唖者。音楽の素晴らしさを彼らにどう理解してもらうのか、そして自分の支えが必要な家族と将来の夢のどちらを選ぶのか。そこが本作の焦点となる。
     それにしても両親の自由奔放なこと!反骨精神が旺盛で喜怒哀楽が激しくてフリーセックス。初潮を迎えた娘に“ようやく女になった!”って狂喜乱舞する母親って(笑)。その強すぎる絆と愛情ゆえ、主人公は何事にも奥手になってしまう。そんな彼女の気持ちを代弁するかのような、ミシェル・サルドゥの名曲がまた感動的。クライマックスは大号泣です。

  • 相馬 学
    一見、異形だが、根っこは正しい家族のドラマ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     聴覚障害のある家族の中で唯一、聞こえて話もできる女子高校生を主人公に据えた点が巧い。

     音のない世界で生きる両親や弟の声となる役目をずっと担ってきたヒロインは、家庭内の義務感に縛られた窮屈なキャラ。一方で障害を持つとはいえ両親は言いたいことを言い、やりたいことをやっており、しがらみに縛られたヒロイン以上に伸び伸びとしており、ユーモアを宿している。健常者と障碍者の、そんな対比が面白くも興味深い。

     子どもが大人へと成長するとともに、親もそれを受け入れて成長しなければいけない。そんな当たり前のことをさりげなく認識させる点でも、本作には意義がある。家族ドラマの良心作。

動画

映画『エール!』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『エール!』ポスター
    ポスター
  • 映画『エール!』チラシ
    チラシ
  • 映画『エール!』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エール!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「エール!」 from prisoner's BLOG (2015年11月22日 9時33分)
    聾唖者ばかりの一家で唯一健常者の娘が歌の才能を見出されて村から出ていく、という話なのだけれど、通常のドラマの組み立てとすると歌と耳が聞こえない人たち、という組み合わせが必ずしも障害にはならないのですね。 つまり折角の娘の歌を両親が聞くことができないとい... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エール!」 from 元・副会長のCinema Days (2015年11月20日 6時39分)
    (原題:La famille Belier )作り方を間違えている映画である。この設定においてドラマが一番盛り上がる点は何か、そこへたどり着くまでのプロセスはどうあるべきか、そんなことが一切考慮されていない印象を受ける。シチュエーションだけで満足しているような、作り... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エール! / La famille Bélier from 勝手に映画評 (2015年11月3日 17時30分)
    ネタバレあり。 フランス映画祭2015(日本)観客賞<最高賞>、2015年セザール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)、2015年リュミエール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)・最優秀主演女優賞(カリン・ビアール)をそれぞれ受賞。 父も母も弟も耳が聞こえない... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エール! from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年11月3日 0時32分)
    フランスの片田舎で農家を営むベリエ一家は、高校生の長女ポーラ以外、父も母も弟も聴覚障害者だった。だが一家は皆、明るく前向きで、ポーラが通訳の役目を果たして家族を支え、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エール! (2014、フランス) ★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年11月1日 3時20分)
    歌声に涙した。  歌手になるなんて考えもしなかった少女が好きな男の子に近づきたくて加わったコーラスの先生に才能を認められパリの音楽学校の受験を勧められる。しかし彼女の家は彼女以外全員聾唖者。通訳をしてくれる彼女がいなくなれば家族は生活に支障がでる。  結構笑えるコメディだけど、結構下ネタもある。たとえばポーラの両親は耳が聞こえないから、セックスの時も音の立て放題。  ポーラを演じたルア... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年10月26日の週の公開作品
  3. 『エール!』